Saya orang hutan (私は森の人)

アクセスカウンタ

zoom RSS 益田から帰って来た-2月

<<   作成日時 : 2017/03/01 21:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

益田から帰って来た-2月

2月9日から24日までの予定で益田へ帰る
極寒の季節であるが寒さに耐える衣服と靴を着用して、山仕事、畑仕事をする。

予定通り9〜24日まで益田で仕事をした。
今月は前半(13日まで)は天気が悪く、山仕事は思うようには出来なかった。
しかし、合間を縫って、近場(姉ヶ平下)の山に潜り込んで下刈、補植をした。
別の稿で報告する


益田市での作業 2月

1・山林の下刈りと補植

数年前〜昨年に植林した山林の笹、羊歯、雑草、雑潅木などを下刈りして
欠株があれば補植する

奥の山(寒作り下)を1月に天候が悪くて1日も作業しなかったので、2、3月でやってしまいたいが
天気によるところが大で好天を期待したい  寒作り下の山へは2日雨が降らなければ、3日目に
行く事にしている。というのは、ここは行程が長く、里道を1時間もかけて歩くので、雨が降ると
ずぶ濡れになる、また里道が滑りやすく危険を伴うからである。

私はピンポイント天気益田 を1週間分毎日見るが、今のところ、奥の山「寒作り下」へ
行けそうな天気は1日もない。 これからでも何とか天気が回復してくれるのを願っている。

天気予報は悪い方へ良く当たって、1日だけ奥の山(寒作り下)に行くチャンスがあり、仕事をした。
スギは良く育っていて満足である。



2・姉ヶ平、姉ヶ平下の下刈
1月に十分出来なかった所の下刈と補植をする ここは家から近いので降り始めたら走って帰る。
また、危ない時には途中まで雨傘を持って行っておく。

此処は別に略図と写真で報告する

3・高速道路用地の代替地の管理をする
ここは12月、1月に今年の予定をほぼ植えたので残りは3月に森林組合に苗木を頼んである。
よって、2月はあまり仕事はしないが、先月までに植えた苗が風で倒れていたら引き起こしておく。

予想通り、何本かのスギは風で吹き倒されていたので再度植付け、支柱を立てておいた。

4・自家用シイタケ用原木を胴切りして植菌する

11月に伐倒しておいたクリ、コナラを胴切りしてシイタケ菌を植菌する
自家用であるから多くは必要ない

計画通り植菌をした。 写真で報告する。

5・果樹の剪定

1月にほとんど出来ていないカキ、スモモ、ナシ、ウメ、などを剪定する。
柑橘は3、4月に実施する

ナシ、モモ、カキなどを剪定したが、まだカキ(2本)、ウメ(2本)、
スモモ(2本)が残っている。


6・森林に施肥

生育のよくない、山林、育苗圃と野菜畑に自家製の液肥(米糠と油粕を混合して水に溶いたもの)
を寒肥として施用する

予定通り実施した

7・海から砂運び

雨が降って、山仕事が出来ない日には海から砂を運んで、畑土壌の改良をする

1回だけ運んで野菜畑に投入した

今月の最も重要な仕事は

1・2・山林の下刈りと補植
                である。

天候等の条件によっては3・以下は全部放棄してでも1、2の完遂を目指す

悪い天気なりに仕事は出来た。 まだまだ、ササ藪に潜り込んで下刈をする必要がある


私が海から砂を運んで野菜畑の土壌改良をする、と書く海の近所の集落の様子を報告する
先月、私の集落の新年会の様子を報告したが、海辺の集落も似たようなものである


海辺の集落は我家(国道9号線)から直線で300m、浜までは400m程度の距離である
だらだら下る市道を降りて行くと、西向きの家々と南西向きの家々が山を囲むように
連なっている


ここも私の集落と同じように20軒程度の家があるが、空家が5,6軒それに老人の単身者、
二人いても二人とも老人と云う家が多い。


特に海辺には畑地がないので野菜を作るにも長い坂道を登らなければならないので
歳と共に大変になる、との声を聞く。

海辺の村であるから、漁業うが盛んかと云えばそれほどの若い衆はおらず、てんま船での
磯見位のものである


どこも同じでまさに消えゆく集落と云う事が出来る

数年前に「山辺の集落」と云う文章を書いたが後10年も経てばここも同じ運命に落ちるので
あろう


画像

              海辺の集落-1 防波堤の上から西向きの家々  売りに出ている家もある

画像

                         海辺の集落-2 集落の上の市道から

画像

                         海辺の集落-3 集落の上の市道から

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
益田から帰って来た-2月 Saya orang hutan (私は森の人)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる