Saya orang hutan (私は森の人)

アクセスカウンタ

zoom RSS クマの皮剥ぎの被害

<<   作成日時 : 2017/03/27 21:01   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

クマの皮剥ぎの被害

寒作り下の山へ行ってみると以前から数本のスギ、ヒノキがクマの皮剥ぎの被害に遭っていたが
今年も数本新しく剥がされていた。


画像

最大の被害はこのスギで樹高約2.5mの木が真赤(黒)になって枯れていた。
2.5mの木であるから被害は甚大ですぐ新しい苗に植え替えておいたが新苗は20cmしかないので
2.5mになるまで最低でも7年はかかるとすると大被害である
画像

枯れたスギの幹はグルッと皮が剥がされている  通常クマの被害は皮の一部を剥がして
甘皮を齧るので、木は刈れる事はないのに


次はスギでこの山の指標木でNo.5の木である
画像

この木は数年前から、多分5年前位であろう、剥がされているが一部の皮を剥がされているので
枯れる事はない
画像

剥がされた皮は徐々に再生して、回復しているようなので被害部分を近接と1mの距離から写真に
しておいた

皮は剥がされていても木は成長しており、2年前には直径が11.7cmであったものが16.2cmまで
太っている 2年で38%太った事になる

次は指標木No.3のスギである
画像

この木は3年前ぐらいに剥がされたと記憶している
この木も直径が2年前7.2cmであった物が9.6cmに33%太っている


次はヒノキである
画像

この木が一番早く皮剥ぎにあったと記憶している
ヒノキであるから皮の再生がスギより遅いようであるが、それでも元気に成長している
剥がされた部分の皮の肉が盛り上がって、かなり再生している
画像

10年も経てば完全に再生して、回復するのではないかと期待している

その他にも皮剥ぎあるがせめて枯れないでいてほしい、と思っている

この山には他にイノシシ害もあり小さなな木が根から掘り返されて、数本枯れていた

山を管理すると云う事は大変な事で、ササ、雑木、シダなどの下刈、獣害に対する対応
などまだまだ私が手を掛けなければならない

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クマの皮剥ぎの被害 Saya orang hutan (私は森の人)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる