Saya orang hutan (私は森の人)

アクセスカウンタ

zoom RSS 三江線に乗る会を実施した

<<   作成日時 : 2017/04/30 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

三江線に乗る会を実施した

4月11〜13日に「三江線に乗る会」を実施した

11日の夕方江津駅前のホテルに14人集合し、その晩は居酒屋で懇親会、帰ってからは
ホテルの食堂で2次会をした

同期生であるから皆74歳かそれ以上であるが、アルコール系飲み物をよく飲み
且食べた (飲めないのは私一人であった)

翌日は下に示す時刻表の通り、都合の良い時間が江津発12:34分しかないので(この時間表が
三江線廃止の理由の一つかも知れない)  午前中市内を見学して、そのあまりの変わりように驚いた


参考までに三江線の時刻表  列車は1日にたったこれだけしかない

平日 江津発 行き先          浜原発 行き先
    5:53   三次          6:20   浜田
   12:34   浜原 浜原着14:41 
                       7:43   浜田
   15:15   三次          11:39   川本
   16:33   浜原          17:08   江津→江津着18:57
   19:08   浜原          19:00   江津


昼飯を、市役所の公園の満開のサクラの下で喰って、12時34分発に乗った


私は初めて乗る三江線であったから途中の景色を大変興味を持って眺めた

私のこの線の感想は
1.三江線が走る江川は中国一の大河であるがその割に両岸の平野が狭い
2.平野が狭い分、田畑が少ない また河原にも竹林が進出して農地ではなかった
3.両岸は山であるから針葉樹の林が続いているかと思ったらその割に針葉樹(価値のある樹木)は
 少ない
など人口減で線路が廃止されるわけがある意味で仕方がない、と思った

時刻表通り14:41に浜原駅に着いて、そこで帰りの便まで2時間20分
余り待ち時間があるので、一つ江津寄りの駅、粕淵まで歩こうと云う事になり皆で
歩いた

天気は良く、春のサクラを見ながらの散歩で気持ちが良いウォーキングであった

粕淵駅では広い駅舎(実際には商工会議所の建物で駅員ではなく商工会議所の
職員が請負で管理していると云う事であった)で2時間余り、皆で喋り合って時間を
消化した

私の74年の人生で、乗り物に乗るためにこれだけ待ったのは初めてであった

江津に着いてから、また前夜とは別の居酒屋で懇親会をした
江津の2晩の居酒屋は両方とも料理、特に魚が旨く満足いくものであった

翌日は新幹線で関東に帰る者、高速バスで関西に帰る者、もう一晩泊って
親類訪問や、先祖の墓参りをする者などさまざまであったが、私は浜田に出て
ローカルバスで益田の我家に帰った

今回、病気や都合で参加出来なかった人は多かったが、参加した人は次回の
会合(何処で何時やるか決まっていないが)にも元気で参加しようと云う事を話した

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三江線に乗る会を実施した Saya orang hutan (私は森の人)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる