Saya orang hutan (私は森の人)

アクセスカウンタ

zoom RSS 今後10年間の植林計画の進行状況

<<   作成日時 : 2017/07/06 22:08   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今後10年間の植林計画の進行状況

昨年(2016年)10月に起てた植林計画を半年過ぎたのでその進行具合をチェックして
計画通り行っているか、あるいは訂正、追加が必要か検討する


私は、前稿で書いた高速道路代替地に、今後10年程度かけて植林する計画である。
その計画をここに公表して自分自身への義務、励ましにして努力しようと思う。

この土地への植林の基本
1、スギを主体に植林する
2、スギの単純林ではなく、広葉樹も適当に混ぜて、環境に配慮した林にする
3、植付けの間隔を通常の1.8mよりやや広い2.0mにする

具体的には
 3430平米であるから約920本の苗木を植え付ける
 主体はスギであるが、マツ、ケヤキ、クヌギ、コナラ、サクラなども植え、変化に富んだ
 林を目指す
 下に年次作業計画を示すが、基本的には300本/年で植林をする


懸念事項
3430平米の中にはざっと見たところ、次のような問題事項がある
 1.イバラ(ノバラ):A区の中に大きなノバラの群落があり、私は過去に刈払いを試みたが
   大きな株で刈払い機の刃がたたなかった 今回国交省がクリーンアップしてくれるのでその際には
   きれいに刈払ってほしい
 2.セイタカアワダチソウ: 先日ちょっと覗いてみたところ、かなりのセイタカアワダチソウが
   開花していた この草はアロレパシー(他感作用)が強く植え付ける苗木を枯らす恐れが
   ある どうしてこの草の害を回避するか研究が必要である
 3.フジ:この地区にはフジのツルがかなり生えている 以前D1区に大きなフジの木があり
   春に白い花を咲かせていた その種を鳥が撒き散らしたものと思われる このツルを
   どう駆除するかも重要な問題と考える


苗木の準備と植林計画
      以下、この色で表示されている部分が今後の計画見なおし部分になる

    年         苗木              作業             結果・対策
@20016/17冬 自前苗約100本                        
            森林組合から200本    12〜3月にかけて植付け

   17年                      スギ挿木、@の下刈

結果と対策
@については スギは260本植えたが約130本ほど枯れた
 理由は土地が予想に反して川原のようなガラガラ石の土地であり、今年5、6月にほとんど雨が降らなかった
 ことによる
 
 スギの挿木は約500本したが今年の5,6月の高温、乾燥で約50%は枯れたと思われる
 @の下刈は6月までに数回したので今年は秋まで必要はない



A  17/18冬  自前苗約300本       植付け

   18年                      スギ挿木、 @、Aの下刈
 
 A17/18冬にはスギ苗300本を購入する必要がある(自前苗300本は
  確保できなかった)  
  スギの挿木は約600本を実施する


B  18/19冬  自前苗約300本       植付け

   19〜21年                   @、A、Bの下刈

以上の通り行けば2021年(私は79歳になる)には植えた木は全部150cm以上になり、以後の手入れは
ツル切りぐらいの仕事しか必要なくなるはずである。

今後、年に2回程度この計画と実績を比較して、順調に進んでいるか、どこがどんな理由で遅れているか
検討し、対策を摂るつもりである。

それまで、私の寿命、あるいは健康が保てれば、の話である

安全、健康第一、で悲壮な決意で、頑張るつもりである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今後10年間の植林計画の進行状況 Saya orang hutan (私は森の人)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる