杉、新植用地の整備

杉、新植用地の整備

 寒作り下 の竹林の竹を伐倒、枯殺処理して新植用地を整備した、
今回は1日半しか出来なかったが竹の伐倒、枯殺はほぼ99%終わりあとは植付を
待つばかりとなった。
 今回は天候が悪く最初の日は天気予報を確認して行ったのに大雨に遇い、ずぶ
濡れになって帰ってきた。冬にずぶ濡れで風邪を引くかと怖れたが幸いそれもなく、
2回目は曇空ながら雨もなく、なんとか1日仕事が出来た。 

ここは3年前から取組んでいる所で、竹林2反ぐらいあるところを一人で伐倒しその
切り株に1本1本グリホサートを処理して、あるいは立ったまま稈になたで穴をあけ
その中へグリホサートを数滴流し込んで、完全枯殺処理をした。 真竹は孟宗竹と
違って密度が高く5~10本/㎡生えている。 と云う事は2反(20a)では1万~2万本の
竹が生えていることになるが、それをこの3年で全部処理したことになる。
将に格闘技であった。

 ここは北面の斜面の下部で、「谷杉、尾根松、中桧」の格言で行けば、杉を
植えることになる。しかし、現在私は植えつける杉の苗木がないので育苗圃で
育成中の苗を来年植えることになる。

 いずれにしても1万本~2万本の竹を処理した自分を誉めてやりたい気分である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック