スギ、ヒノキの挿木 5月

スギ、ヒノキの挿木 5月

今月もスギ、ヒノキの挿木をした。

既に報告したように3月にスギ72本、ヒノキ105本を発根剤アルファーナフチルアセトアミドと
エチクロゼートを粉衣処理して挿木をしており、今年の予定は済んだと思っていた。

しかし、作業的に3月は忙しく、できることなら挿し木は別の月にしたいと思い、作業に余裕のある5月、梅雨の入口
6月に出来ないものかと試験的にやって見ることにした。 

書物には3月の彼岸頃が適期とするものや1月から8月の盆までいつでも可、とするものまであり、
私も6月の入梅頃が良いのではないかと思っている。

今回は5月の試験である。 場所:五郎四郎の林間(木洩れ日の射す所)
 スギ:
   発根剤:アルファーナフチルアセトアミド粉衣処理:15本      
         エチクロゼート粉衣処理:15本
 ヒノキ:
   発根剤:アルファーナフチルアセトアミド粉衣処理:20本      
         エチクロゼート粉衣処理:20本

試験であり本数は多くはない。  


画像

                 スギの挿木 明るく写っているのは木洩れ日である

画像

                 ヒノキの挿木


画像

                 スギ、ヒノキの全体

9月には活着するものは活着し枯れるものは枯れて結果が判明するであろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

やまねこ
2008年06月19日 13:39
檜が挿木で増やせるといいですね。

この記事へのトラックバック