ヒノキ、スギ挿木による育苗

ヒノキ、スギ挿木による育苗

今月もヒノキ、スギの挿木育苗を実施した。

目的はもちろん苗木を作る事であるが5月にも書いたように、普通は3月に挿木をするのが
林業の指導書に書かれている方法である。しかし、3月は山へ苗を植えつけるなど忙しくて
出きればやや仕事に余裕のある5月、6月に実施したい。(本によっては1~8月まで可能と
書いているものもある) 

よって、6月にも挿木が可能かどうか試験のために5月に続いて試験挿木をした。

今月の挿木
場所:五郎四郎の山の空き地 木洩れ日が射す場所
樹種:ヒノキ、スギ
発根剤:アルファ ナフチル アセトアミド 及び エチクロゼート

試験本数:アルファ ナフチル アセトアミド : ヒノキ20本  スギ 20本 
       エチクロゼート          : ヒノキ22本  スギ 22本

画像

                       ヒノキ挿木 
                       画面が暗いが画面上で左クリックすると画面を拡大して見ることができる



画像

                       スギ挿木

これで今年の挿木試験は終了であるが、今年のまとめをすると

 樹種   発根剤                3月        5月          6月    合計 
 ヒノキ アルファ ナフチル アセトアミド   80本        20           20    120
      エチクロゼート            25          20           22     67

 スギ  アルファ ナフチル アセトアミド   34          15           20    69
      エチクロゼート            28          15           22    65

今年の試験結果はこの秋に成功、不成功が判明するはずである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック