スズメバチ誘殺調査 前期

スズメバチ誘殺調査 前期

今年前期のスズメバチモニタリングの調査を実施し、後期調査のために新しく誘殺液をセットした。
調査結果は次の通り
   場所  位置          結果         
  小田    下      スズメバチ大(4.8cm)・2匹  小(3。0cm)・1匹
  小田    上      スズメバチ・0匹   ハエのような虫ばかり多数
  五郎四郎 下      スズメバチ・0匹   不明昆虫多数
  五郎四郎 上      スズメバチ小型・1匹
  姉ヶ平   上      スズメバチ大(4.0cm)1匹
  姉ヶ平   下      スズメバチ・0匹    ハエばかり多数
  姉ヶ平下  上     スズメバチ大(3.5cm)・1匹 小(2.5cm)・3匹 ハエ、ガ多数
  姉ヶ平下  下     スズメバチ大(4.2cm)・1匹
  二艘舟   入口    スズメバチ大(4.4cm)・1匹 ガ多数
  二艘舟   奥      スズメバチ大(5.4cm)・1匹 小・2匹 ハエ多数

昨年の前期の調査結果(’07.8報告)に比べると今年は誘殺したスズメバチの数が大幅に少ない。
原因に付いては不明である。 今年は5、6月は例年通りの気候であったが7月はほとんど雨が降らない
天候であった。 その事が何か影響したかも知れない。(通常高温乾燥は昆虫が多発する気候であるが)

前期の誘殺は全体の群の数の抑制に働いているはずである。


画像

                  内容物を白い紙の上に出して観察した 右上の方に大型スズメバチの死体が見える

画像

                  中央上部に大型スズメバチの死体が見える 真っ黒に見えるのはハエや甲虫の死体である

調査の後、それぞれのボトルに新しい誘殺液を入れて後期の試験を開始した。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック