姉ヶ平下の枝打ち

姉ヶ平下の枝打ち

昨年買った山、「姉ヶ平下」は全体の1/2は雑木林、3/4は笹薮、1/4はスギ、ヒノキが
植えられている。 

私はこの山の前の持ち主が10年以上前にスギ、ヒノキを植えているのを見ていた。
今回はその1/4山のスギ、ヒノキの枝打ちをした。  2mの梯子を持っていき
その最上段に立って、手(鋸)が届く範囲から下の枝を切った。従って4mほど
打上げた事になる。

植林密度が通常の3~4倍、即ち10000本/Ha以上はあると思われるほどの
密植であるので、大きくなった木と成長しないまま止まった木、枯れた木、
曲がった木があるが、今後残す木のみ枝打ちをした。

画像

             写真が暗いが枝打ちした林、すっきりしている
             (写真上でクリックすると拡大して見る事が出来る)

画像

             こちらもきれいになった

画像

              きれいになったが過密である

一挙に全部の枝打ちは出来なかったので、今後時間をかけて全部の枝打ちをする。
同時に、思い切った間伐が必要である。

            

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック