すぎ、ひのきの枝打ち

すぎ、ひのきの枝打ち

10月は前半は晴れて高温乾燥であった。 
よって、苗木を植えるには問題ありと判断して枝打ちをした。

主としてスギの枝打ちをした。 若い木(20年余)は4mまで打上げた。
それより古い木は個々に対応したが最高は約10mまで打った。

4mの1本梯子を架けて下の枝に取り付いて、10mまで登り
上から打っていく。 古い木では下枝が枯れているものも多く、うっかり
そんな枝を踏むと折れるので、注意してそんな枝を先に切り落としておいて
登って行く。

結果は下の写真の通りであるが、空間が明るくなる、木の値打ちがあがる
など枝打ち後の達成感は格別である。



画像

              手前の雑木の枯れ枝が目障りであるがこのように1本梯子を架けて
              枝打ちした

画像

              ここでは最高9mまで打上げた

画像

              ここは最高10mまで打った

この作業は春3月まで植林、下刈りなどの合間を見ながら続けていく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック