「寒作り下」、今年の重点地区

「寒作り下」、今年の重点地区


11月から2月までにここにスギを植えた。 
中央、右上は倒れた竹をかい潜って、あるいは掻き分けて植えた。
あと50本でここは植林完了であったが、今年の植林はこれで終りである。 
理由は今年育てた苗木が尽きてしまったからである。

苗木がなくてはどうしようもない。
来年残りを植えてここは植つけ完成である。

ここには元々竹が何千本もあったが全部伐倒、枯殺処理したので残っている竹はない。

昨年植えた苗木にノウサギ害が数本あった。 
それらは噛み切り、引きぬきであったので植え直した。


1年経てば植えた苗は大きくなり、倒した竹は腐るので随分山らしくなるはずである。
次回、3月に下刈りをやる。最低3日、もしかすると4日かかるかもしれない。

画像

                下から左上を見上げたところ    


画像

                 下から中央上を見上げたところ
                 生きた竹は1本も残っていない(上部に立っているのは我家の物ではない)


画像

                 下から右上を見上げたところ
                 同様に生きた竹はない




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2009年03月14日 18:09
こんにちは!
竹はすごい繁殖力ですからね。多分鬱蒼と茂っていた場所なのでしょうが、整備のおかげですごく明るくなりましたね。
本当にご苦労様でした。
私もいろいろな樹種の苗木を毎年植えるのですが、鹿、野ウサギの食害が酷くてなかなか生き残ってくれません・・・。
少しずつ工夫して根付き、大きくなるものが増えてきましたが、未だに鹿との闘争です!
この場所も、見事な杉林になってくれるといいですね!
2009年03月14日 21:19
松の陰さん
私の地方にはまだシカはいなくてノウサギとイノシシです。
私もノウサギには苦労しています。 スギでもヒノキでも
植えないと、天然では育ちません。 よって、植える事を
最優先に、後の手入はその次にして植付けます。 私の退職後
(満5年)植えたものが大きくなってきて楽しいですよ。

この記事へのトラックバック

  • オークリー メガネ

    Excerpt: 「寒作り下」、今年の重点地区 Saya orang hutan (私は森の人)/ウェブリブログ Weblog: オークリー メガネ racked: 2013-07-06 02:25