スズメバチのハニートラップ調査 今年前期

スズメバチのハニートラップ調査 今年前期

今年5月に設置したハニートラップ(前期分)を調査した。

全部で5ヶ所の山林に各2ヶ所づつ設置したので合計10ヶ所の
トラップを調査した。

結果:
  山林場所        設置位置           捕獲状況
  小田          下            スズメバチ大(4.5cm) 4匹
                                   中        2匹
  小田          上                   大        3
                                   中        3
                            その他分解していて判別不能
  五郎四郎       下                  大        8
                                   小        2
                               分解物多数
  五郎四郎       上            ハエばかりでスズメバチは 0
                            入口の穴が小さすぎて入れなか
ったかもしれない
  姉ヶ平         上                  中        5

  姉ヶ平         下             ハエばかりでスズメバチは 0
  姉ヶ平下        上                 大         1
                                  中         2
                                  小       少し  分解している
  姉ヶ平下       下                              0
                               ハエやガもいない 
何も入っていない 原因不明
  二艘舟        入口                大        1
                                 中        2
  二艘舟        奥                 大        3
                                 中        9
                         今回調査した中では最多であった

以下に4ヶ所の写真をUPする。

画像

                写真が暗いので写真上で左クリックして
                 拡大して見るとよく見える


画像



画像



画像



いずれの場所も調査後、容器を水洗いして、新しい誘引剤を入れて後期分としてセットした。

画像

                       今年後期分として新しくセットした

画像

                        セットした翌日に見たらもう1匹捕獲されていた
                        小田  上

前期はスズメバチは女王バチ単独で巣を作り、卵を産んでコロニーを作り上げて行く。 
その途中で女王バチを誘殺する事はコロニーを途中で立ち枯れさせることで
ハチのポピュレーションを減少させるに極めて有効と考える。

後期分の調査は11月に実施する。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック