スズメバチに対するハニートラップの設置

スズメバチに対するハニートラップの設置

例年、年の前半と後半の2回設置しているハニートラップ前期分を今年も設置した。

中に入れた誘引剤は清酒150:食酢50:砂糖60の割合で混合した。 トラップの容器は
500ml~1000mlのPETボトルを使用した。

画像

               設置前の容器

設置場所は5林分、即ち小田、五郎四郎、姉ヶ平、姉ヶ平下、二艘舟とし、各林分とも
東西あるいは上下の2ヶ所ずつ合計10本設置した。 設置場所はなるべく明るく、
直射日光が当たらない林縁とした。

画像

               誘引剤を入れて設置したトラップ


画像

               誘引剤を入れて設置したトラップ

画像

               誘引剤を入れて設置したトラップ
               

画像

               誘引剤を入れて設置したトラップ

6月末にトラップを回収して誘殺したハチを調査する予定である。

スズメバチの生活環からすると、年の前半(5、6月)は女王蜂が1匹で産卵、幼虫養育をしてコロニーを立ち上げる時で、この時の女王蜂誘殺はスズメバチのポピュレーション減少に
極めて有効である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック