スズメバチ/ハニートラップ調査

スズメバチ/ハニートラップ調査

今年、5月初めに設置したハニートラップを回収、調査した。

1.小田(の山) 下(設置場所)
  捕捉されたスズメバチ
  大型 4匹・・・最大の個体は5.7cmあり、今年の最大であった。
  中型 5匹・・・4cm
  小型 5匹・・・1.3cm
画像

           小田下 黄色い紙の上に内容物を出して観察した
           下側に左から大型、中型、小型と並べてある
           その他ハエやガが多数捕捉されている
2.小田 上
  ここも捕捉されたスズメバチは多かった。
  大型・・・5匹 最大5cm
  中型・・・8匹    4cm

画像

           小田上  大型、中型とも多い

3.五郎四郎 下
  誘引剤が蒸発してカラカラ。捕捉無し
  容器が日光に直接あたったためと思われる

4.五郎四郎 上
  中型・・・1匹のみ 3.3cm

5.二艘舟 奥
  ここも誘引剤カラカラで捕捉無し

6.二艘舟 入口
  大型・・・2匹
  中型・・・3匹

画像

            二艘舟入口

7.姉ヶ平下 下
  中型・・・1匹

8.姉ヶ平下 上
  誘引剤蒸発で捕捉無し

9.姉ヶ平  上
  大型・・・2匹
  中型・・・6匹

10.姉ヶ平 下
  大型・・・1匹
  中型・・・1匹

今年は5月が寒かったり、6月は後半が大雨であったり、不順気候であったので
捕捉数はやや少ない。

この5、6月のスズメバチ捕捉はコロニーを立ち上げる女王蜂主体
になるので、近辺のコロニー減少に寄与したと思われる。 

今年は設置ミスで容器に直射日光が当たり、3本も
誘引剤が蒸発して効果を発揮できなかったのは反省点である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • 松の陰

    スズメバチ対策は関心ありますね。
    今のところ山の中にある巣で困ることがないのでトラップの設置などはしていませんが、作業の際の安全のことも考えて設置してみるのも一考だと思います。
    またその際はご教授ください。
    2010年07月07日 19:01
  • orang hutan

    松の陰さん コメントをありがとうございます。
    私は以前2回ほど山でスズメバチに攻撃され
    痛い目に遇いました。 今度遇えば命にも
    かかわると思い細心の注意を払っています。
    実際にはコロニー密度を下げるというより
    近所にいる、いないの判断にしています。
    捕捉数が多い年は注意が必要と思います。
    2010年07月08日 09:58

この記事へのトラックバック