Saya orang hutan (私は森の人)

アクセスカウンタ

zoom RSS ササユリ−2 作戦は半ば成功した

<<   作成日時 : 2011/07/05 21:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ササユリ−2 作戦は半ば成功した

私の山へ行く途中(家から500mぐらいの距離)の市道、何ヶ所かに分かれた
私の山の殆どはこの同じ道を通って行く、沿いに毎年ササユリが5〜10本生える。

しかし、道路脇の法面に生えるために例え花が咲いても、盗掘に遭ってすぐなくなってしまう。
(そのため昨年は1本も咲かなかった) よって、その盗掘を防ぐために昨年ササユリの
個体に篠竹の杖を立てて、盗掘者にこの個体を保護していると言うことを知らせておいた。

今年、帰ってすぐ(6月10日)見に行くと「フム!フム!成功だ」と満足した。 2本の
ササユリが咲いており、他に何本か(今年は咲かない)幼苗が育っていた。

ところが、翌日(11日)、山への通りがかりに見ると、無残にも1本が茎の中位から
ポッキリ折られて、花が持ち去られていた。ウーン何という事だ

私はがっかりしたが、考えてみると昨年までのように球根まで抜き去られていないだけ
ましではないか、と言うこともできる。

全面的な敗北でも、成功でもないと思うので「半ば成功した」とした。

画像

             法面に咲いていた2本のうちの1本・・1

画像

             もう1本・・2

画像

             翌日には上記の・・2の個体の花が折り取られていた
             ○の中が折り取られた茎

画像

              他に今年咲かない個体が5〜6本はある
         これはその内の1本

画像

             これも今年は咲かない個体

この市道は、ここから1kmほど奥にある集落(2010.2 「山の集落」で報告した)に通じている道で、その集落には人が住む家が一軒だけあり、女性が一人だけ住んでいる。
 
そのために郵便屋、ガス屋、宅配車などが時々通る。 またこの集落の元の住人、一人が
出耕作(残してきた畑を耕作するために通うこと)のため時々通っている。 

その他健康のためにウォーキングで通る人が2〜3人いることがわかっているし、この
季節には筍を取りに上がっていく人も少しはあると思われる。

地元の人は折り取らないであろうことは予想できるので、郵便配達人、宅配便、ガス屋
あるいは筍取り人が取るのかもしれない。

来年は看板を立てて、「この辺りのササユリを取らないで」と書いておこう、と思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ササユリ−2 作戦は半ば成功した Saya orang hutan (私は森の人)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる