スズメバチに対するハニートラップを設置した

スズメバチに対するハニートラップを設置した

今年は4月の気温、特に夜間の最低気温、が低く、山で作業していても
スズメバチの女王バチが飛びまわっているのを見る事が少なかったが、
4月末に、スズメバチのモニタリングとポピュレーション減のために
ハニートラップを設置した。 毎年春に実施していることである。

スズメバチは女王バチが冬の間単独で越冬し、春になると自身で
巣を作り、卵を産み、幼虫を育てて自分のコロニーを作り上げる。

従って、この時期に1匹の女王バチを捕殺すれば、一つのコロニーを
潰したことになる。 よって、ここ数年毎年トラップを設置しているわけで
ある。

設置場所
(場所は林分の通称、最近のようにイ1234番地などと書いても
判りにくいので旧の通称を使用した)
二艘舟、姉ヶ平、姉ヶ平下、五郎四郎、小田の5林分。 
各林分とも林分の東、西 あるいは上、下 など各2ヶ所、合計10本を
林縁に吊下げた。

画像

           容器は500~1000mlのペットボトルを使用

地上1.5m程度の高さに吊下げた。
画像


画像


画像


画像


中に誘引液100~150mlを入れ、林縁の直接日光が射さず、且つ
明るい所の木の枝、地上1.5mぐらいの所に吊下げた。 最近はクマが
出没するエリアであり、地上からの高さにはやや不安がある。

誘殺調査は6月末に実施する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック