Saya orang hutan (私は森の人)

アクセスカウンタ

zoom RSS 悲しいね !

<<   作成日時 : 2013/07/07 09:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

悲しいね !

先月(6月3日)、ササユリ、保護区の記事を書いた。

6月に帰ってすぐ、14日に、山仕事のついでに、ササユリの今年の状況を
見に行った。

先ず、設定した保護区の手前30mほどの法面に1本咲き、もう1本は
数日中に咲くつぼみがあった 写真@、A。 ここは期待外の地区で
あったので望外の嬉しさであった。

さらに行くと、な、なんとしたことだ。 6月に蕾が付いていた2本が
なくなっている 写真B。 根の辺りを良く見ると特に鍬か何かの道具を
使って、根の周りを掘起した形跡はない。 誰かが手で引き抜いて
持ち去ったと考えられる。

その他は植物体はあるが、今年は咲かないと思われる。

さらに行くと1本蕾が付き、4、5日中に咲きそうな状況である 写真C。 

結局、今年は3本しか咲かないが、想定外の物も咲いたので、
まあ良いか、と思った。

画像

          最初に1本咲いていた @
画像

          上(@)のすぐ上部に次の蕾がある A
画像

                ここには2本蕾が付いていた(5月)  
                それが2本ともなくなっていた      B

画像

           さらにその先に1本咲こうとしていた C

ところが、4日後に、山に行くついでに観察すると、何と最初の2本
(上の写真の@、A)がなくなっていた。

ウーン、これは残念!と思って更に行くと上の写真(Cの蕾)の1本
もなくなっていた。 その隣ののまだ今年は咲かないと思われた1本
もなくなっている 写真E。

無くなった6本はいずれも道具類で根(球根)から掘り取られた
形跡はないので、イノシシが球根を掘って食べた、あるいは誰かが手で
引き抜いた、と考えられる。 
イノシシが食べたにしても根の辺りの土が掘り返されている筈なので、
これはイノシシではない。

画像

                 Cの写真の個体も無くなっていた D

画像

          Dの写真の隣は今年は咲く気配は無かったが無くなっていた E

画像

               5月に設置した保護区の看板

画像

               道の反対側の保護区の看板

盗掘した人は保護区の看板を見たはずである。 それでも
取って行ったと云う事は何とも悲しいことである。

田舎の人は、みんな1回や2回はササユリの球根を堀取って
自分の畑や花壇に植付けた経験がある。 その結果みんな
失敗して、この花は移植しても活着しない、と云う事を知っている。
よって、今頃盗掘する近所の人はいないはずである。 


と云う事はここより上の民家に仕事で行った人か、あるいはマダケの筍を
採りに行った人が取ったのかも知れない。 

しかし、もう今年でそんな事は終わりにしてほしいものである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
悲しいね ! Saya orang hutan (私は森の人)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる