私の山に高速道路が通るー7

私の山に高速道路が通るー7

3月12日に、高速道路予定地に引っかかる土地の所有者(地権者)に、
境界を立会で確認してほしい、との通知が来て立会確認をした。

先ず、集落の集会所に地権者、国交省、益田市、工事業者などが集まり
図面による説明会があった。

驚いた事には当日集まった地権者はたった8人、これに対し国交省、益田市、
工事業者など実施主体は23人もいた。 このような会合、現地立会を
数日かけて西から東へやって行くようであるが、地権者に比べ役人、業者
が多すぎるように思った。

画像

               概略説明など

画像

              今日の手順など

画像

        地権者を4つのグループに分けて乗り合わせて現地到着

私は隣地の所有者と二人で、先方の5、6人と立会で境界を確認し、
必要なところでは、写真を撮った。 証拠写真にするらしい。

画像

     私は隣接地の所有者と二人で境界を確認し、必要なところでは
     国交省が二人を並べて証拠写真を撮った

立会は簡単に済んだ。 と云うのはこの辺りは2年前に地籍調査をしており
その際境界を確認しているので、境界杭がきっちり打ってあり、まだ地権者の
記憶に新しいこともある。

最後に確認の印鑑を捺して終わった。

他の人は特に意見を云わなかったようであるが、私は次の3点について
要望をしておいた。
1、土地や樹木の補償額を早く提示してほしい
  なんとなれば、二束三文の補償金では私は売りたくない。 拒否した場合
  ルート変更も考えてもらわなければならないので、補償額の提示は
  早いほど良い。


2、残地の買取、補償についても早く方針を提示してほしい
  取り残しの、山林が3aや5a残っても仕様がない。 まして、高速道路を
  挟んで半端な土地が残ってもどうしようもない。 その事について方針を
  早く示してほしい。


3、樹木をどのように補償してくれるのか 
  私の山には30年たったスギ、ヒノキと部分的に2~5年の幼木がある。 
  30年たった木は当然それなりに補償されると思うが、2~5年の木は
  どうするのか?
  スギ、ヒノキとも苗木を森林組合から買えば、約100円/本である。 
  それを地拵えして植え、更に下刈をしたら例え40cmの木でもそれなりに
  金、手間がかかっている。 その辺りについても早く方針を出してほしい。


結局は私の近辺で、山林仕事をしている人は私以外にいなくて、他の人の
土地は耕作放棄地として、笹薮、雑木の灌木林になっており、何の値打も
ない土地である。 一方、私は笹薮を刈り、灌木を伐りスギ、ヒノキを植えて
いる。 それらがまだ30~50cmと云う所もあり値打なし、と評価されては
余りにも酷いことになる。 結局はその事を理解し、評価してほしいと希望した
ことになる。

その事に対するはっきりした回答はなかったが、今秋から来年にかけて
補償交渉をすると云うのでその場で出て来る事になろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック