私の山に高速道路が通る-8

私の山に高速道路が通る-8

6月22日に里道の草刈りをしていると、上の山から人の声が聞こえた。
その里道は道の上も下も私の山で、私の山に誰が入って、何をして
いるのだろうと思って、「オーイ」と呼ぶとしばらくして3人の男が下りて来た。

「何をしているの?」と聞くと、「地主さんですか」と聞くので「そうだ」と云うと
次の通り云う。
ここでは高速道路は高架になるので、橋脚を建てるためにボーリングして
地質調査をします。 
そのため山に植えてある、ヒノキの苗を調査して目印をつけています。
ボーリングの際に苗木を切ったり、踏みつけたりしないようにするためです。

実は、私は今まで地籍調査、測量、地質調査などを請け負う業者に、業者が
替わるたびに苗木に気を付けろ、と云って来た。
 
ある時その事を事業主体の国土交通省に「私がいちいち云わないでも良い
ように申し継ぎしてほしい」と云っておいた。

その事が実行されて、この業者には伝わっているものと思われる。

業者が1週間後に国交省が現場を見てくれるので、地主さんにも是非
見てほしい、と云うのでOKとしておいた。

その後連絡があり、27日の13時30分から現地を見る事になり、現地に
行った。

そこには国交省2人、業者4人が来ていて、現地を見た。
私の山でボーリングを2ヶ所実施するrしい。
画像

    ボーリング1ヶ所目 苗木には目印の竹竿を立ててピンクのテープが下げてある
    赤白のポールの所でボーリングをする 青テープの所に鉄杭を打って
    ボーリングのプラットホームを載せる と

画像

                  2ヶ所目  同じ印が付いている

私は苗木に対し、十分安全が配慮されていると思ったので、OKとした。

作業はボーリング機械が大きく、重いので道路から運び込むために、モノレールを
設置し、それに載せて運び込むらしい。

その後、国交省の人と話したら
1、 すぐ(2週間ぐらいで)ボーリングは終わる
2、 8月から調書を作る
3、 秋(10月頃)関係する地権者に集まってもらい、調書に基づいて買収交渉の
   説明をする
4、来年1月から地権者と個々に買収交渉を開始する
としている。

更に、
1、樹木はマツ、スギ、ヒノキだけを賠償の対象とし、その他の樹種は買収しない。
2、手入れしてある林分はそれなりに評価する。しかし木が大きくても管理不十分
  の樹木は安い評価となる。
3、工事は私の山をベース基地にして、そこから西、東に工事を展開していく。
  従って、私の山は最初に工事を始め、最後に終わる。
4、途中で埋蔵文化財があればそれを発掘調査する必要があり、工事は大幅に
  遅れる事がある。 そういう例もある。(此処の地形は昔の砦跡のような地形
  に見えると)

などの情報を得た。

もうすぐ工事が始まるんだ、との印象を強くした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック