Saya orang hutan (私は森の人)

アクセスカウンタ

zoom RSS ユリ類保護区を設定した

<<   作成日時 : 2015/04/30 22:28   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ユリ類保護区を設定した

今年もユリ類保護区勝手に設定した。

私の山への途中の市道脇の法面に今年も勝手に保護区を設定した。

今回帰って、ササユリが今年、発生してもよさそうな法面を調査したら、下の写真のような
ユリらしき苗が5、6本生えている。

これらが生えている場所には、元からササユリが生えていた場所と、私が数年前から
毎年秋にササユリ、タカサゴユリ、オニユリの種又はムカゴを植えてきた。 
従って今年ぐらい苗が生えても不思議はない。

よく観察すると、これらの苗は葉の出方からすると、オニユリではない、またタカサゴユリに
すると早すぎる。 よって、ササユリと判断するのがよさそうである。

よって、すぐに昨年まで使用した「ササユリ保護区」、及び「ユリ類保護区」の看板を出してきて、
さらに今年新しく作った「ユリ類保護区」の一枚を加えて立てておいた。

画像

                           ササユリと思われる幼苗

画像

                  同じく

画像

                 これも同じ
画像

                 ここにも

画像

               今年新しく作った看板

画像

                昨年の看板を引っ張り出して建てた

画像

                数年前から使っている看板を修理して建てた


この場所は市道の法面であるが、法面であるから益田市の所有地ではない。 
道路を挟んで両側では地主が異なる事も知っている。 それぞれの地主は、一方は東京に住んでおり、
帰って来ることはない。 他方は地元にいるが樹木が雑木であり、山を見に来ることはない。
従って、看板を建てることに異論を唱える事はないはずである。

あとは、この看板を見る人、ここをよく通る郵便屋、ガス屋など、は「あー、今年も立ったな」ぐらいにしか
思わないだろう。 初めて通る人(山へ野菜の杖にする竹を切りに行く人など)がどう思って、
どういう態度を取るかが問題である。

なんとか花が咲いてくれれば、この看板の意味が分かって、理解してくれるはずである。
祈る事にしよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユリ類保護区を設定した Saya orang hutan (私は森の人)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる