定点観察

定点観察

昨年、初めて山のスギ、ヒノキにクマ剥ぎの被害が出た、と報告した。

今年は新たに被害を被った木は無かったが、昨年の被害木が少し治癒したように見えたので
今後数年かけて定点観察し、その傷跡はどうなるのか記録に残すことにした。


最初はスギである
画像

              スギ 今年の状況

画像

             上の木を1mの距離から撮った


画像

              上のスギの昨年1月の写真

スギはまだ被害を受けて2,3年であり、傷跡の回復がかなり急ピッチで進んでいる印象である。
昨年の写真と比べれば傷跡の両側にあるカルスが急速に拡大している。 うまく行けば10年も
経たない内に治癒してしまうのではないかと期待される。


次はヒノキである
画像

              ヒノキ 今年の状況

画像


              上の木を1mの距離から撮った

画像

              上のヒノキの昨年1月の写真

このヒノキは傷を負ってから数年、少なくても5年は経っている。 従って回復もはかばかしく
なく、簡単には治癒しないかと思われる。
傷の両側のカルスの拡大が緩慢である。

今後、数年この傷の回復を記録して、治るものかどうか観察する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック