挿木育苗-2

挿木育苗-2

4月10日に益田に帰ってすぐ、3月に挿木した育苗圃を見に行った。
3月25日~4月10日まで私が留守にしていたので、その間水を遣っていなくてどうなっているか
心配であったからである。

心配は的中していて、3ヶ所の挿木床の内1ヶ所では僅か16日の間に沢山枯れていた。
1、畑に鹿沼土を敷いて挿木床とした所は問題なかった。
2、大型菊鉢に鹿沼土の床も問題なし。
3、普通畑に挿木した所では下の写真のように枯れていた。

画像

           遮光ネットの下で枯れている

画像

          ここも同じ

画像

          ここも同様に枯れている

画像

          結局、33本枯れていた

ここでは350本挿木をして33本枯れていた。
普通畑ではどうしても土が硬く、塊も大きくて、水保ちが悪く、枯れたと考えられる。 

これはいかんと思ってすぐ山へ行き、スギの枝を切り、穂木を調整、発根促進剤を吸収させて
挿木した。

結局、今回180本挿木したので、総数では3月に500本、そのうち33本枯れ、追加挿木180本で今年650本
挿木した事になった。

4月は3月にもまして高温、乾燥であったので雨の降らない日は毎日水遣りをした。

今後、4月末、5月、6月初め(梅雨まで)の乾燥で、どれぐらい枯死するか心配であるが
私は初めから6割活着すれば良い、と思っているので何とかそれを達成したい。

即ち、約400本の苗木を今秋には確保したいものである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック