益田から帰って来た 6月

益田から帰って来た 6月

6月12日から6月29日までの予定で益田へ帰る

予定通り6月12日~29日まで益田で働いた

畑は雑草が大繁茂で今月も「草取人」になって、畑を這いまわる事になろう
暑さに注意し、体調を維持し、元気で働きたい

野菜畑、森林苗木圃場とも雑草が繁茂していたが、今月は野菜畑の除草だけにして
森林苗木圃場は除草しなかった 暑さ、雨が激しかった事も原因の一つである


6月の仕事の予定
1、高速道路用地の決着
  何年か続いた高速道路に関する国交省との交渉も今月で終わる
  代替地をもらい我家の土地を国に譲って、私は代替地を法務局に登記する事になっている
  この年になって新たな土地を入手する不安はあるが頑張って植林したい

 国交省との交渉はほぼ終わった  詳細は別稿で報告する

2、ウメ、スモモの収穫など果樹の管理
  ウメは毎年10日頃収穫する 収穫後塩漬けにして梅干しにする   
  スモモは例年20日から月末まで収穫する 今年はスモモは豊作と思われる
  ナシ、モモ、キウイフルーツ、カキなどの病害虫防除と摘果も実施する

 ウメは不作で良品は約1Kgしかなかった 梅干にするため塩漬けにしておいた

 スモモは豊作であった 数回に分けて収穫し、合計約15Kgほど収穫した 
 一部は親類に送り、大部分は冷凍庫で凍らせておいた
 今後数カ月は凍ったスモモが楽しめるはずである

  
画像


 ナシ、カキ、キウイフルーツなどの管理はしなかった

3、野菜の収穫と管理
  たまねぎ、ばれいしょ、らっきょうの収穫
  さつまいも、黒豆の定植 その他トマト、なす、ししとう、トウモロコシ、かぼちゃ、きゅうりなどの
  ウリ類 など定植しただけ、あるいは播種しただけで放置してあるので間引き、整枝、
  支柱建て、などの管理をする  
  
  夏秋野菜は私がこれから益田で生きて行くのに必要である

 たまねぎ、バレイショ、ラッキョウは予定通り収穫した

 夏野菜はトマト、キュウリ、ナス、シシトウなどは好調である  特にトマトは
 昨年落果した種から生えた苗が猛烈に育ってきたので間引きして良い苗だけ育てた
 それでも35本も育っており、今夏は飯代わりにトマトを喰って過ごす事になりそうだ


 今年不調なのはスイカ、ゴーヤ、オクラである 来年に期待す事にした


4、山林と山林苗木圃場の管理
  山林への道の草刈り(道が歩けないほど草が繁茂している事だろう)
  生育が悪いスギ、ヒノキへの施肥

  育苗圃の草取り、中耕、施肥・・3月に挿木をしたスギ畑の水遣り、草取り、施肥をする

 上に書いたように、今月は山林苗木の除草はしなかった 雑草の中でも苗が育っており
 施肥のみはしておいた

  
5、4月末に設置したスズメバチに対するハニートラップの調査
  女王蜂の捕殺は夏秋のスズメバチの密度抑制に有効である

 調査した 詳細は別稿で報告する


その他、今月の楽しみは
ササユリ、タカサゴユリ、オニユリなどの開花、生育の観察
ユリ類保護区に花が咲いているか楽しみである

ササユリは保護区では悪い予感の通り一本も咲かなかった
別稿で報告する


今月は気温も高く、雨も多いと思われるが、仕事はいくらでもあり、
休んでいる暇はなさそうである

しかし、無理をせずに、年齢相応に働こうと思っている

自分の年齢、体力を認識しているので、仕事はゆっくり、適当にして熱中症に
ならないように務めた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック