スズメバチに対するハニートラップを設置した

スズメバチに対するハニートラップを設置した

今年も山にスズメバチに対するハニートラップを設置した
ここ何年も続けている事であるが、私はこの事(トラップを設置する事)は大変重要な事と
思っている

それと云うのは、山には危険な生物が沢山いるが、その中でもスズメバチは最も
危険な生物であるからである

山には1.クマ 2.マムシ 3.マダ二 4.スズメバチなどがいる これらはいずれも危険生物
であるが、1~3は先方から積極的に私を襲ってくる事はない

しかるに、スズメバチはその巣に知らずに近づくと先方から攻撃してくる  しかも私は
過去に2回ほど刺された事があり、今回刺されるとアナフィラキシーショックで死ぬだろうと
思っている

私は自分の命を守るためにハニートラップを設置しているのである

今年も5ヶ所の山に10本のトラップを設置した その内各山の1本を紹介する

画像

姉ヶ平に設置したトラップ

画像

五郎四郎に設置したトラップ

画像

姉ヶ平下に設置したトラップ


画像

二艘舟に設置したトラップ

画像

小田の山に設置したトラップ

私は春~秋にかけて行く山は5ヶ所である  奥の山など遠くの山は秋、11月になってから
行くのでクマの怖れはあるがスズメバチの心配はない

そこで、その5ヶ所に2本ずつトラップを設置した 山の左右、上下、東西など適当にバランスを取って
設置した

今年は4月は比較的日中の気温は高かったが朝夕は底冷えした そのせいかいつもなら
天気の良い日中にはスズメバチの女王が飛び回っているが今年は4月中には飛び回っている
女王バチを1匹も見なかった  しかし、6月終わりになれば相応の結果が出るであろう

女王バチ1匹を補殺する事はスズメバチのコロニーを一つ潰す事になる


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック