益田へ帰る 5月

益田へ帰る 5月

5月14日~5月28日の予定で益田へ帰る

今月は14日に四国へ行き、病気で療養中の友達を見舞い、その後15,16日に
あるグループの懇親会に参加する 16日昼前から今治→広島→浜田→益田
と高速バスを乗り継いで帰る

春の山は笑う、それも爆発的に・・・
私の山の木々もグングン伸びて、我々山をやっている人間にはこの上ない楽しい、嬉しい時である 


5月の仕事の予定

1.山林苗の育苗
 育苗圃(3月の挿し木床も含めて)の水遣り、除草、中耕、施肥をする
 今年の秋から来年の春までに150本のスギ苗が必要である
 そのために今年春に挿木をした苗、昨年挿木をした苗の育苗圃の管理に務め
 草取り、水遣り、施肥を実施する 

2.高速道代替地(二艘舟西、東)の管理
 雑草とつる草類がどっと出てきているのは容易に想像できるので、主として蔓切りを
 実施する
 
3.野菜の播種、植付、育成、
 播種、定植、除草、施肥、支柱立てなど野菜の管理をする
 私がこれから夏、秋を生きていくために重要な事である
 
4.山林に施肥をする 
 生育不良の山林に自家製の米糠、油粕混合液体肥料を施肥する

5.果樹の管理 
 ナシ、モモ、カキ キウイフルーツなどの摘果、病虫害防除をする
 

6.海から砂運びをして畑の土壌改良 
 山仕事ができない雨の日は畑の土壌改良のため砂運びをする

7、ユリ類保護区の設定
 6月に咲く、ササユリなどユリ類の保護区を設定し、看板を建てる
 ここ数年ササユリが激減しているのでしっかり管理して増やしたい


楽しみ 
 食べる事は最大の楽しみである 
 5月中旬以後はハチク、マダケのたけこを収穫して食べる
 収穫量によっては、1年分を収穫し、冷凍庫に保存する
 エンドウ、ソラマメを収穫し、飯に炊きこんで食べる


百姓は雑草との戦いである 特に5、6月は草の伸びと除草の競争である
暑さ対策を充分して、除草作業に注力する

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック