スズメバチ防除のトラップを仕掛けた

スズメバチ防除のトラップを仕掛けた

今年もスズメバチ防除のハニートラップを仕掛けた
毎年の事であるが、4月終わりにはスズメバチ防除のトラップを仕掛ける

スズメバチは秋に女王バチは交尾して、冬の間は何面の斜面で越冬すると云われている
この女王バチが4月から越冬から醒めて飛び回り、1匹で巣を作り、卵を産み、幼虫を育て
ハタラキバチを育てると云われている

育てたハタラキバチが活動するようになると新しいコロニーが完成である

従って、この女王バチが新しい巣に適した場所を探している時、またはハタラキバチの
幼虫を育てている時に女王バチを補殺する事は効率良くスズメバチのコロニー成立を
防ぐ事になる

このハニートラップ設置もその狙いがある 6~10月の間、私が安全に山に入れる
ようにする訳である

ハニートラップ
画像

ハニートラップ1  小田の上入口

画像

ハニートラップ2 五郎四郎奥


画像

ハニートラップ3 姉ヶ平入口

画像

ハニートラップ4 姉ヶ平下入口

画像

ハニートラップ5 二艘舟入口

このように各林分2ヶ所(入口、奥)に合計10本設置した
これらは6月中旬以後回収して補殺したスズメバチ(理論的には全部女王バチ)を調査する

以前、昆虫愛好家に「スズメバチが可哀想だ」と云われたが、しなければ私自身が襲われて死ぬ事になる
これは私自身の身を守るためなのである

二艘舟西・東の下刈をした

二艘舟西・東の下刈をした

二艘舟西と東の山の下刈をした

気温が高くなって来ると、どうしてもくたびれるのでれるので西、東とも半日だけ下刈をした

最初に西である
私は山にスギだけの純林を作りたくないので、スギ以外の樹を10%程度は植えて育てたい
と考えている。 昨年植えた物が残っているかどうか調査した
画像

二艘舟西の山に生えている松
春になって、マツ独特の新芽が20cmほど、気持ち良く伸びて来た

二艘舟西にはスギ以外に このマツ、ケヤキ 5本、トチ 1本、 コナラ 2本、 サクラ 1本、 イチョウ 1本
が生えている事を確認した ほぼ私が植えたように育っている  更にこの4月にクヌギ8本を植えておいた 

二艘舟東
此処には広葉樹は今年初めに植えたケヤキ2本を確認した
その他に自然生えの山桜 3本、クヌギ 1本、 コナラ2本 が育っていた

此処は西と違って、土壌が良いので雑草が多く生えているが
中でもレンゲソウ、シロクローバー(シロツメクサ)の群落が育っていた

これらマメ科植物は土壌を肥えらせる働きと他の雑草の生育を阻害する働きがあるので好ましい
植物である
画像

シロクローバー(シロツメクサ)の群落

画像

レンゲソウの群落 この他に小群落が数ヶ所ある

まだこれらマメ科植物の面積は小さいが、今年種がこぼれて拡大して来るであろうと応援したい
気の長い話ではあるがスギが大きくなる50年後の事を思えばたいした事ではない

集落の昔の青年団のOB会を実施した

集落の昔の青年団のOB会を実施した

3年前に実施して大変面白かった「集落の昔の青年団のOB懇親会」を実施した

1月末に案内しておいて参加を表明した人だけが集まった

集まったのは
 あつーにー(78歳) 益田市内在住
 としちゃん (78歳) 大分県宇佐市在住
 とーにー  (78歳) 地元在住
 たーぼーさん(75歳)千葉県佐倉市在住
 それに私  (76歳) 通常は大阪府茨木市在住であるが毎月地元に帰っている

の5人である

その他に2人に声をかけたが体調不良、都合付かずで不参加であった

とーにー が代表幹事で
わたしが世話人をした

画像

皆さんに人物を特定出来ないように眼鏡をかけて頂いた
市内の温泉宿に集まり懇親会をした

その夜は体調不良のあつーにーだけは帰宅し、残りの4人は宿泊した

翌日、4人はとーにーの車で、
 高速道路が出来つつある集落の奥のトンネルや工事現場を観た
 その後昔小学校~高校まで皆で泳いだ海を観に行き懐かしい思い出を語り合った

画像

昔、皆で泳いだ三田瀬にて

更にレストランに行き昼食を食べた

当初、私ととーにーは相談してあつーにーの体調が悪そうに聴いていたので
今回の懇親会で最後にしようと相談し、案内状にもそう書いておいた
ところがあつーにーは予想より随分体調が良さそうでこれから毎年しようではないか
と云う事になった

我々には異存はなく、脳梗塞を4回もし、週に何回かデイサービスに行く人に同意して
毎年開催する事になった

来年がまた楽しみである

益田から帰って来たー4月

益田から帰って来たー4月

4月6日から22日までの予定で帰る

予定通り帰って来た

春の農作業シーズンに入ったので畑での作業が多くなる。 
畑では山林苗圃場の管理、野菜の植付け、播種、などが主たる作業になる。
これから6月までは草と闘うのが私の仕事になる

今回の前半は寒く、天気も悪かったが後半は好天で暑いくらいであった
山の下草刈り、畑の草取りなどをした


今月の帰省時の予定は次の通り

1.集落のOB会を実施する 
 4月8日に別紙に紹介するようにOB会を実施する
 昔の仲間がドンドン亡くなり、或いは体調不良になりつつあるので今の内に
 懇親を深めておく必要がある

 予定通り実施した 別に報告する

2.植林済みの高速道路代替地のイバラ、つる草、植付けた苗木の管理
 3月には早くも芽を出していた下草を刈払い機、或いは手刈りで処理する

 姉ヶ平西、東を半日ずつ処理した 別に報告する
 
3.野菜の播種・定植、及び雑草管理  
 野菜は春~夏にかけて私が帰省した際の大切な食料であり、それを用意する
 また、春から夏にかけての草取りは百姓にとって辛いけれど重要な仕事である

 野菜ではないがひまわり、ひゃくにちそうなどの播種もする
 また、上の畑周り草刈りをする

 キュウリ、カボチャ、スイカ、インゲンなど沢山の野菜の種子を播種した
 
4・果樹病害虫防除
 昨年はナシに病害中が早くから発生し、ナシは全滅した よって今年は4月から防除を
 始める

 
 手が回らなかったので実施しなかった

5.森林に施肥 
 特に生育の悪い山林に施肥をする

 予定通り実施した

6.スズメバチ誘殺装置(ハニートラップ)を設置する 
 春の女王バチを捕殺してスズメバチの密度抑制を図る

 計画通り実施した 別に報告する


今月も多忙である

仕事以外の楽しみは
春の山野草、野菜を収穫して食べることである
それらは
1、タラの芽・・・大きくなってとげが手に刺さるほどのものでもてんぷらにすると問題なく
  旨い。 正に山菜の王様である。
2、コシアブラ・・・タラの芽より10日ほど遅れて収穫できる。 これもタラの芽に劣らず
  旨い。
3、エンドウ豆(スナップエンドウ)・・・昨秋播種したエンドウが2、3月にはもう花が咲いていた。
  ご飯に炊きこんで食べる。
4、タケノコ・・4月下旬になると我々でも頭をのぞかせたタケノコ(孟宗竹)
  が採れるはずである。 山椒と一緒にみそ味で食べるのが最高である。
 山菜はなにも採取しなかった またタケノコは3回ほど竹藪を探したが全然無かった
 近所の人も今年は無い、或いは極端に少ないと云っていた

5.食べ物ではないが、ここ数年植え付けた、カタクリの球根に花が咲くかどうかの調査。 
  もう咲くころである。
画像

カタクリの球根を植付けた所に行ってみると1本だけそれらしいのが発芽していた
しかし、虫或いは動物に喰われたのか根元をほとんど食いちぎられていた
来年は臭気の強い殺虫剤を2月頃施用しておこうと思う

良い気候で農作業が捗る季節である
但し、草にとっても良い季節で雑草の生育も旺盛で百姓=草と闘う人と考えている

正に草と闘う人になって働いた

益田へ帰るー4月

益田へ帰るー4月

4月6日から21日までの予定で帰る

春の農作業シーズンに入ったので畑での作業が多くなる。 
畑では山林苗圃場の管理、野菜の植付け、播種、などが主たる作業になる。
これから6月までは草と闘うのが私の仕事になる。

今月の帰省時の予定は次の通り

1.集落のOB会を実施する 
 4月8日に別紙に紹介するようにOB会を実施する
 昔の仲間がドンドン亡くなり、或いは体調不良になりつつあるので今の内に
 懇親を深めておく必要がある

2.植林済みの高速道路代替地のイバラ、つる草、植付けた苗木の管理
 3月には早くも芽を出していた下草を刈払い機、或いは手刈りで処理する
 
3.野菜の播種・定植、及び雑草管理  
 野菜は春~夏にかけて私が帰省した際の大切な食料であり、それを用意する
 また、春から夏にかけての草取りは百姓にとって辛いけれど重要な仕事である

 野菜ではないがひまわり、ひゃくにちそうなどの播種もする
 また、上の畑周り草刈りをする
 
4・果樹病害虫防除
 昨年はナシに病害中が早くから発生し、ナシは全滅した よって今年は4月から防除を
 始める

5.森林に施肥 
 特に生育の悪い山林に施肥をする

6.スズメバチ誘殺装置(ハニートラップ)を設置する 
 春の女王バチを捕殺してスズメバチの密度抑制を図る


今月も多忙である

仕事以外の楽しみは
春の山野草、野菜を収穫して食べることである
それらは
1、タラの芽・・・大きくなってとげが手に刺さるほどのものでもてんぷらにすると問題なく
  旨い。 正に山菜の王様である。
2、コシアブラ・・・タラの芽より10日ほど遅れて収穫できる。 これもタラの芽に劣らず
  旨い。
3、エンドウ豆(スナップエンドウ)・・・昨秋播種したエンドウが2、3月にはもう花が咲いていた。
  ご飯に炊きこんで食べる。
4、タケノコ・・4月下旬になると我々でも頭をのぞかせたタケノコ(孟宗竹)
  が採れるはずである。 山椒と一緒にみそ味で食べるのが最高である。
5.食べ物ではないが、ここ数年植え付けた、カタクリの球根に花が咲くかどうかの調査。 
  もう咲くころである。

良い気候で農作業が捗る季節である
但し、草にとっても良い季節で雑草の生育も旺盛で百姓=草と闘う人と考えている