益田から帰って来た-5月

5月益田から帰って来た-5月

5月9日~5月19日の予定で益田へ帰って来た

益田からの帰りは19日に四国へ行き、病気で療養中の友達を見舞う

そのため益田→広島→しまなみ海道→今治→新居浜と行きその
後淡路島→舞子→大阪と高速バスを乗り継いで帰って来る

予定通りの日程で益田~四国~大阪と帰って来た


春の山は笑う、それも爆発的に・・・

私の山の木々もグングン伸びて、我々山をやっている人間にはこの上ない楽しい、嬉しい時である 


5月の予定

1.山林苗の育苗
 育苗圃の草取り、水遣り、施肥を実施する
 
乾燥した高温の日が続いたので畑や育苗圃にほぼ毎日水遣りをした

2.二艘舟西、東の管理
 雑草とつる草類がどっと出てきていると思われるので、主として蔓切りを
 実施する

1日、正確には、半日2艘舟東、西に行き様子を見た
暑くて、仕事にはならなかったので、まさに観た、と云う所であった
二艘舟西では、マツが新芽を大きく伸ばし45cm伸びていた(3月には20cmであった)
また、ケヤキが2m程度になっていたし、トチも勢い良く新梢を伸ばしていた

 
3.野菜の播種、植付、育成、
 播種、定植、除草、施肥、支柱立てなど野菜の管理をする
 私がこれから夏、秋を生きていくために重要な事である
 特に雑草の生育は猛烈であるので草取りに注力する

カボチャ、ナス、インゲンマメの苗を植え、サツマイモの蔓を植付けた
野菜ではないがヒマワリの苗(2種類)を定植した


4.山林に施肥をする 
 生育不良の山林に自家製の液体肥料を施肥する

予定通り実施した

5.果樹の管理 
 ナシ、モモ、カキ キウイフルーツなどの摘果、病虫害防除をする

今年は果樹の管理は出来なかった ただ、観察した所では、ウメ、スモモが結実していた
柑橘4種類にも沢山花が着いているので結実するであろう

6.海から砂運びをして畑の土壌改良をする
 山仕事ができない雨の日は畑の土壌改良のため砂運びをする

1回だけ運んで投入した

7、ユリ類保護区の設定
 6月に咲く、ササユリなどユリ類の保護区を設定し、看板を建てる
 ここ数年ササユリが激減しているのでしっかり管理して増やしたい

ユリ類保護区の看板を建て、此処に目印の杭を建てた  別稿で報告する

楽しみ 
 食べる事は最大の楽しみである 
 5月中旬以後はハチク、マダケのたけこを収穫して食べる
 収穫量によっては、1年分を収穫し、冷凍庫に保存する
 エンドウ、ソラマメを収穫し、飯に炊きこんで食べる

タケノコは3回採りに行った 予想外のモウソウチクのタケノコが採れた
別稿に報告する
ソラマメ、スナップエンドウが毎日沢山採れたので飯に炊きこんだり、それだけを
茹でて喰った 新鮮な春の味で美味かった


百姓は雑草との戦いである 特に5、6月は草の伸びと除草の競争である
暑さ対策を充分して、除草作業に注力する

畑の草がドンドン大きくなり、近所の人と野菜は大きくならないのに草ばかり
大きくなるとこぼしながら草取りをした


ゴテチャ、バラ</
畑に昨年の秋から丁寧に育てて来たゴテチャが鮮やかな赤、白、ピンクの
花を咲かせまた最近では珍しいほどにバラが咲いた

ゴテチャ
種子が小さくて苗を育てるのが難しい花であるが、昨年秋に種子を皿に敷いたキッチンペーパーの上に
播き、水で湿らせて発芽させた
画像

上手く冬を乗り切って派手な赤、白、ピンクの花を咲かせた

画像

花の形、色がアサガオのようであるが遥かに鮮やかできれいな花である

画像

同じくゴテチャ

画像

同じくゴテチャ

バラ
昔、母がお寺の奥さんにもらったと云っていたが、最近あまり咲かなかった
今年は良い花を付けた
赤は良く目立ち、近所を通る人が何人か“きれいですね〟と云ってくれた

画像

全体像

画像

UP で表示

画像

UPで表示

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック