益田へ帰る 6月

益田へ帰る 6月

6月6日から6月26日までの予定で益田へ帰る

今月も畑は雑草が大繁茂で「草取人」になって、畑を這いまわる事になろう
梅雨に入り、雨や暑さに注意し、水分を十分取って体調を維持し、元気で働きたい

6月の仕事の予定
1、ウメ、スモモの収穫
  例年、ウメは6月の第2日曜日頃収穫する 今年は10日頃になろう
  今年は久しぶりにウメが豊作と思われる

  収穫後塩漬けにして梅干しにする 
  
  スモモは例年20日から月末まで収穫する スモモは今年も豊作と思われる
    
2、野菜の収穫と管理
  たまねぎ、ばれいしょ、スナックエンドウ、ソラマメを収穫する
  トマトの定植、なす、ししとう、トウモロコシ、かぼちゃ、きゅうり
  など定植しただけ、あるいは播種しただけで放置してあるので間引き、整枝、
  支柱建て、などの管理をする  雨が長い間降っていないので野菜苗が活きているか
  どうか、心配である  
  
3、山林及び野菜畑の管理
  山林への道の草刈り(道が歩けないほど草が繁茂している事だろう)
  生育が悪いスギ、ヒノキへの施肥

  山林苗木育苗圃への水遣り、草取り、中耕、施肥なども実施する
  
4、4月末に設置したスズメバチに対するハニートラップの調査
  女王蜂の捕殺は夏秋のスズメバチの密度抑制に有効である

5、ササユリ保護区の観察、調査
  今年こそ保護区にササユリが咲くかも知れない 私の山(姉ヶ平)には咲くだろう
楽しみである

その他
 ハチクのタケノコのシーズンであり、収穫したい
 
 気温も高く、雨も多い季節と思われるが、仕事はいくらでもあり、
 休んでいる暇はなさそうである 無理をせずに、年齢相応に働こうと思っている

今までの私の経験では、天気予報でその日の最高気温が23℃以下なら木陰がない
外で働いても問題ない(湿度によるかも知れない) 予報が24℃以上になる日は
木陰がある場所で働く 午前中は東側にスギ林がある所、午後は西側にある所、など

山で倒れないようにする事が大切である

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック