新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます


大谷.JPG

写真は益田市木部町大谷の海岸  夏には沢山の海水浴客が来ますが冬には誰もいない 人口減少で空家も多く

売りに出されている家もあります


私、orang hutan、は今年で78歳になります 体力も知力も衰えてもう限界も近いかと

思われますが、頑張って山仕事をし、blog を書きます 見てやって下さい


               2020年  元旦



  



奥の山(寒作り)に道を付けた

奥の山(寒作り)に道を付けた


毎年11月に奥の山に道を付ける

どうして11月に付けるのかというとこの地にはクマがいる事は

間違いない(数年前に確認した)

従って、クマが寒くて冬眠するであろう11月に道付けして入る訳であるが

今年は11月に入れなかったので12月に入った


釜口8.JPG

市道の峠の地蔵さまから里道に入って最初に目についたのはイノシシ用の箱罠であった 
誰が設置したのか、また何も入ってはいなかったが


途中川までの里道に沢山竹が倒れていたのでこれを竹ドラムとして残しておいた

釜口7.JPG
竹ドラム1
釜口6.JPG
竹ドラム2

釜口5.JPG

竹ドラム3

釜口.JPG
手家ドラム4

釜口1.JPG

竹ドラム4-1
竹ドラムの利用法:この竹(ドラム)をナタの背で叩いて、口ではホイッスルを吹いて〝ドンドコ ドンドコ ピー ピー ”
と鳴らして森や谷に木魂させ、私が来たぞ、とクマやイノシシなどの獣に知らせるのに使う



スギの樹にシカによる剥被害が目に付いた 昨年より本数は増えたような気がする
釜口3.JPG釜口4.JPG

しかし、個々に見れば剥被害も皮が巻きこんで回復しているように見える

href="https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/097/76/N000/000/000/157710656884968839475.jpg" target="_blank" rel="noopener">釜口2.JPG
カラスウリ スギの樹に沢山の実がなっていたのでアケビかと思ったらカラスウリだった
カラスウリは夜間にきれいな花が咲くと聞いているので実を取って家の近所の畑に播いておいた


全般にはこの道も私が毎年刈るので雑草、ササが減少して道付けが楽になっている

駅伝k競走があった

駅伝k競走があった


毎年12月の第2日曜日には益田ー浜田間の駅伝競走が実施される


今年も12月8日に益田運動公園発 浜田まで42.195km で実施された

42.195kmを10区間に分けて中学生(男、女)高校生(男、女)一般男女でタスキをつないでいく

沿道沿いの人は皆これを楽しみにしていて応援に駆け付ける
駅伝.JPG


駅伝1.JPG

日頃は人がいない集落にもこの日は近隣の人、大会関係者、交通整理の警察官などっと集まり時ならぬ

人の群れが出来た


駅伝2.JPG

最初のランナーがやって来た


駅伝3.JPG

最終ランナーがやっ来た


益田の運動公園を9時30分に出発してからビリのランナー来るまでに13分の差があった

私はいつも思うのであるが最終ランナーは3区間の間、30分の間、に13分間遅れて、これから

約40kmの間最後尾かそれに近い所をトボトボ走る事になるのだろうか


此処は応援者、その他が多いので良いがこれから先には道路の両側が山で、人がいないところが何か所も

ある  そんな所を走るのは気の毒だなだなーと

そんな所では走って来たバスやトラックに飛び乗ってお先にーとやってはどうだろうかと


最終的に発表された結果は 優勝 松江市チーム 益田市は16位だったそうだ

益田市長が出発のピストルを撃ったそうであるがそれにしては結果は不甲斐ない


かといって私に走れと云われても走れないけれど


益田から帰って来たー12月



益田から帰って来たー12月



12月は4~19日の予定で益田へ帰る 今月は事情があり、15日間と短い






予定通り19日に茨木に帰って来た




師走に入り寒い日が多くなる、しかし、雨や雪が降らず、強風が吹かなければ



寒さは仕事には関係ない  むしろ、疲れない、クマや虫の心配がない、などで



好都合なぐらいである 




服装を十分用意して山仕事に頑張るつもりである 




12月は寒い日もあったが、天候に恵まれて仕事は出来た





益田市での仕事の予定 12月



1・高速道路代替地(二艘舟東及び西)を下刈して補植する

 
主として二艘舟西の下刈をした


2・奥の山(寒作り下)の下刈り、及び補植をする 

 此処はスギがかなり大きくなっているのであまり手入の必要はなさそうである 

奥の山には道付けのため一日行った 別稿で報告する


3・野菜畑の管理

 タマネギ、ニンニクなどに施肥、除草をする  

タマネギ、ニンニクの管理は出来たが大根、白菜は全滅した


4・育苗圃、森林に施肥

 これは、生育の悪い場所、樹木に対し自家製の液肥を運んで施用する

予定通り出来た


5・海から砂運び

 山仕事ができない雨、雪の日は、海から砂運びをして野菜畑の土壌改良をする 

計画通り実施した


6・果樹の剪定と施肥
 
果樹の剪定は出来なかった

div>シイタケも沢山出来ていると思う




 これから3月にかけて果樹の剪定をする いっぺんに全部する必要はなく、

 春までに実施する 主として上記の1、2、3をやる


気温が低く、寒くてもよいが雨、雪が降らなくて風が吹かない事を切望している

(風があると、奥山に行く時クマ除けの笛、鈴、ラジオや竹ドラムが広く鳴り響かないこと

また、枯死した樹木が倒れかかる恐れがある)


暖かい服装としっかりした履物を履いて仕事をする事が大切である

中学校の同期会(忘年会)を実施した

中学校の同期会(忘年会)を実施した


11月21日に市内の温泉宿で中学校の同期会をした

参加者は男性8、女性8 合計16人でいつもと変わりばえしないメンバーで
あったが、最近の情報を交換して楽しい会であった

同期会2.JPG同期会3.JPG同期会4.JPG同期会6.JPG同期会7.JPG


話題はこの日に参加できなかった人の報告、自分の病気の話、などであった

気になるのは

当日参加したT君は膀胱がんでかなり悪化しているようであった

      N君は足のリウマチで足元が覚束ない感じであった


最後に星陰のワルツを全員で合唱し、来年の再会を約して散会した

益田へ帰る-12月

益田へ帰る-12月


12月は4~19日の予定で益田へ帰る 今月は事情があり、15日間と短い


師走に入り寒い日が多くなる、しかし、雨や雪が降らず、強風が吹かなければ

寒さは仕事には関係ない  むしろ、疲れない、クマや虫の心配がない、などで

好都合なぐらいである 


服装を十分用意して山仕事に頑張るつもりである 


益田市での仕事の予定 12月

1・高速道路代替地(二艘舟東及び西)を下刈して補植する

 

2・奥の山(寒作り下)の下刈り、及び補植をする 

 此処はスギがかなり大きくなっているのであまり手入の必要はなさそうである 


3・野菜畑の管理

 タマネギ、ニンニクなどに施肥、除草をする  


4・育苗圃、森林に施肥

 これは、生育の悪い場所、樹木に対し自家製の液肥を運んで施用する


5・海から砂運び

 山仕事ができない雨、雪の日は、海から砂運びをして野菜畑の土壌改良をする 


6・果樹の剪定と施肥

 
シイタケも沢山出来ていると思う



 これから3月にかけて果樹の剪定をする いっぺんに全部する必要はなく、

 春までに実施する 主として記の1、2、3をやる


気温が低く、寒くてもよいが雨、雪が降らなくて風が吹かない事を切望している

(風があると、奥山に行く時クマ除けの笛、鈴、ラジオや竹ドラムが広く鳴り響かないこと

また、枯死した樹木が倒れかかる恐れがある)


暖かい服装としっかりした履物を履いて仕事をする事が大切である

柿を収穫した

柿を収穫し

今年は柿の生り年で沢山収穫できた
カキ.JPG

箱に入っているのは甘ガキ(富有)、 バケツに入っているのは渋ガキ
これが3箱も採れたので一箱は茨木の我家に、もう一箱は八尾の妹に、最後の一箱は埼玉の妹に
送ってやった

皆から富有は旨いとの喜びの連絡が入り、渋ガキで


は干し柿を作ったとの連絡が入った

カキ1.JPG

更に残った渋ガキは自分で皮を剥いて干し柿にした


干し柿は旨い(甘い)ので果物の内で最高と思っており渋が抜けるのご楽しみである

益田から帰って来た-11月

益田から帰って来た-11月


今月は11日から24日までの予定で帰省する

予定より1日長く益田にいて、25日に帰って来た

寒い季節ではあるが、仕事は忙しく、林家としての最大の仕事である下草刈りと

植林(補植)が中心になる


天気は雨、風も少なくて安定していた

山の下刈を主体にした


スズメバチはいなくなるがクマやマダニのいる地区に踏込むことになるので充分に注意したい

遠くの山へは行かなかった



益田市での仕事の予定 11月


1、高速道路代替地の下刈と補植

  二艘舟西は昨年下刈をして補植をした 今年も下刈と少しは補植する必要があろう

  二艘舟東は昨年下刈をしたが今年も下刈、植林をする 今年はササ(篠竹)でなく竹が生えているので処理は厄介である

  下刈、補植は3年、長ければ5年は必要である


二艘舟東の下刈をした

今年はササでなくて竹(マダケ)がドッと生えて来てその処理に難渋した



2、寒作り下の山の下刈、補植

  もうスギ苗がかなり大きくなったのであまり下刈、補植の必要性はないが

  進入路(里道)を草刈し道を確保して、下刈、補植をする

    

  クマの生息域に立入ることになるので音の出る物を使って十分に予防する


寒作り下の山へは行かなかった


3、野菜、果物の収穫、定植、施肥

  大根、蕪、葉物野菜、黒豆の収穫、施肥などの管理や椎茸、カキの

  収穫とたまねぎ苗の定植をする


  野菜栽培は私が生きて、益田で生活するために必須である


野菜は上手く発芽せず、加えて虫に喰われて上手く出来なかった

ニンニク、タマネギは定植した


カキは多量に収穫して、大阪の我家、妹宅、埼玉の妹宅に送ってやった


      

4、森林に施肥

  自家製液肥を運んで生育遅れの木に寒肥として施用する


予定通り「実施した


5、海から砂を運んで畑の土壌改良をする

  雨や雪で山仕事が出来ない日に海から砂を運んで野菜畑の土壌改良をする

海からの砂運びも実施した



今月から来年3月までの最大の課題は下刈、補植であり、これを最優先とする

その為には他の作業は一部又は全部中止することもあり得る


山でのクマ除けのためにホイッスル、クマ除け鈴、携帯ラジオを用意する


寒い時で苦しい事のみが多いようであるが、21日には地元の温泉宿で中学校の

同期会の懇親会(忘年会)を実施する 体調不良の同期生が何人かいるので、彼等の

近況を聴き、懇親する

同期会は賑やかに実施した 別に報告する