定点観測

定点観測 私は樹木の中ではケヤキが一番好きだ よって、山に10本余りのケヤキを植えてその成長を楽しみにしている その中の五郎四郎の山際の1本を毎年3又は4月に観測している 以下に今年の観測結果を示す これは西側から見たところ これは東から見たところ これは地上1.2mの幹の状態である 直径は11.6cmである この樹の直径  平成16年3月 9.7cm         平成19年3月 11.0cm であるから 19年3月からの3年間で6% 太った事になる 私としては3年間で6%の太りでは満足ではないので毎月1回液体肥料をやっている 樹と云うものはどんな樹でも日当たり、水分、肥料で大きくなるものであり、 ここはその条件を満たしており、その内根や葉を拡げて急激に大きくなるであろうと期待している

続きを読む