益田へ帰る-9月

益田へ帰る-9月 9月3日~17日の予定で益田へ帰る まだまだ暑い日が続いており熱中症に注意が必要である お茶を常に携行し、水分補給に注意するつもりである また、台風シーズンで現に9号が3頃益田に最も近づくと思われるので それに対する 注意も必要である 我家は雨による浸水、土砂崩れの心配は少ないが 日本海から吹く西風にはまともに吹かれる構造であり、注意が必要である 9月の予定  1.野菜類の管理   1)夏野菜    ナス、カボチャ、トマトの収穫 ゴーヤも出来ているかも知れない    今年の夏の酷暑と乾燥で全部干上がっているかも知れない   2)秋冬野菜    ダイコン、ハクサイ、ミズナ、タマネギ等の播種    酷暑と乾燥で条件的には良くないがタイミングを見ながら播種する   2.生育の良くない山林に施肥をする  3一部の林間の道の草刈りをする   9月末から10月にかけてクリを拾うために道をきれいに刈っておく   スズメバチが活発に活動する季節であり、十分な注意が必要でる 以上今月は“森の人〟は畑の人になって働く いずれにしても暑さに注意して健康に過ごしたい   

続きを読む

集落の共同作業をした

集落の共同作業をした 8月2日には恒例の集落共同作業をした(盆前の最初の日曜日と決まっている) 作業は暑くなる前の6時からと決まっているので5時30分に集合した まだ薄暗い時間に我家の前の市道の登り口に私を含めて5人集合した ここから約30分の峠の上まで集団で登って行く  途中の暗い林の中を通る時クマが出るとの情報があるからである クマは出ずに無事作業現場に到着した 作業開始である 男性二人が刈払い機で刈って行き私を含めて男性2人、女性2人で刈られた草を谷に落とし、刈残しの草を刈っていく ここも同じ ここも同じ 作業した後を振り返ってみるときれいになっている 一時間30分程度で作業は終り、集落から配られたビール、お茶などを飲んだ 最後に解散し、さんさんごご帰路に就いた この峠道は最近通る人はいなくて、みんな草刈りをやめようではないかといっているのに 市から少しばかりの金が集落に出るのでそれが欲しくてやめられないのである 集落のメンバーが老齢化しておりもう限界であるのに.

続きを読む

高速道路の工事が進んでいるー4

高速道路の工事が煤7んでいるー4 帰ってからすぐ工事現場を見に行った 橋台の下から見たところ 3本目の橋脚の工事が始まっている 一週間後に少し近づいて見たところ 工事はあまり進んでいない印象である 当初の説明では10ヶ月で工事を終わらせる予定と 聞いていたので急ぐ必要はないのかも? (高速道路とは直接の関係はないが)今年冬の間に竹を切ってグリホサート処理をしておいた二艘舟東 期待通り竹は根まで枯れて新しい竹はほとんど生えていない ここも同じ ここも同じ

続きを読む

益田から帰って来た 7-8月

益田から帰って来た 7-8月 予定通り7月15日~8月5日まで帰っていた  今回の帰省期間は7月は雨が多く、8月になってからはカンカン照りで  苦しい日が多かった 今回の目的は  予定と実績は次の通り 1.盆前の行事をする事  1)集落の協同作業   市道の法面を集落の人が全員で草刈り、清掃をする    予定通り実施した 詳細は別にupする  2)我家の墓、妻の実家の墓を掃除して花を供える        予定通り実施した     但し今年は墓に供える花が少なくて オニユリ、グラジオラス、ツキミソウ    などあまり良い花はなかった 2.畑周りの草を刈る  盆前の仕事に通じるところがあるが我家の畑、畑沿いの里道の草を刈る    予定通り実施した 3.野菜畑の管理をする  キュウリ、ナス、ソーメンカボチャなどを収穫しサツマイモに施肥する   今年は6月にコロナで帰れなかったので畑は雑草が繁茂してキュウリ、ナス、ソーメンカボチャ   サツマイモは全滅であった  キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーなどの秋野菜の播種をする   キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーは播種した 4、山の生育が悪い樹に施肥をする       予定通り実施した 以上、Orang hutan は今月は畑仕事主体に仕事をする 秋から冬にかけて 私が活きて行くうえで重要な仕事である 年間で最も暑い季節であるので…

続きを読む