記念樹を植えた

記念樹を植えた 私の二男は桂二と云う。 よって、記念に山にカツラを植えているが今まで 2回植えて2回とも失敗した。 第1回目は2013年2月04日 報告 第2回目は2014年2月01日 報告 よって、今回3回目の苗木を購入して前回と同じ場所に定植した。                今回購入した苗木、樹高93cm 価格は2000円弱であった            ヒョロヒョロの心細いような苗であるが今回は切詰めずにそのまま植え付けた                   別角度から                  標識を作製した                  標識を立てて植付け完了 前2回が枯れた理由がはっきりしないので、同じ場所に植え付けるのに若干の心配があったが、 場所は南東向きの日当たりの良い棚で、活着すれば生育は良いと、考えられる。 もう一つ、この場所に拘ったのは、この棚は昔の棚畑の最上段で、私が2007年にこの土地を 購入した時にはここに大きな、胸高直径80cmもありそうな、コナラの木が3本生えていた。 ところがそれらがカシノナガキクイムシの食害を受けてあっという間に枯死し、しかも根元から 倒れたり、地上2mで折れたりししてなくなってしまった。 そうなると最上段の棚は剥き出しで 大雨が降れば、土砂崩れを起こしそうで、急に心細くなった。 そこで慌てて、スギ3本、ケヤキ1本、カツラ1本…

続きを読む

樹木生育記録-2 記念樹  ’15年

樹木生育記録-2 記念樹  ’15年  私は、私の、あるいは弟妹達の家族の結婚、誕生、益田来訪などを記念し 苗木を定植して記念樹とし、看板を立ててそれらの成長を観察、記録して いる  また、その結果を関係者に報告して喜ばれている まだ、それらの中には小さい物が多く、胸高直径を測れないものもあるが、 年々測れるものが増えてきた ところが、植えた木に責任は無いが、植えた場所が意外に悪いところがあり、 予想に反して生育が悪く、関係者に不快な思いをさせているものもある   そういうものには施肥をして生育促進を図っている、又はより条件の良い 場所に移植しているが、まだ充分な効果が顕れていないものもある それらを年に一度、12月に測定して生育記録を取っている。 その結果を最近数年分を表示する。    1.Okamoto家(妹の嫁ぎ先)の木(来益田記念)  樹 種 ヒノキ  定植 ’93.05 測定 胸高 成長 年月 直径 率%      ’10.12 13.7 5.4 ’11.12 14.5 5.6 ’12.12 15.2 4.8 ’13.12 15.9 4.4 ’14.12 16.1 1.4 ’15.12 16.5 2.8 コメント:定植20年を過ぎた 生育は停滞している      ヒノキである事とやや日当たりが悪い 2.Kawasaki家(私の弟)の木(来益田記念)  樹 種 スギ  定植 ’93.05  測定 胸高 …

続きを読む

記念樹 2題

記念樹 2題 私の二男のために植えた記念樹(カツラ)と孫のために植えたドングリの発芽 状況を調査した 記念樹 その1 カツラ 私の二男の名前にカツラと云う字が付くので2004年12月にカツラの苗を定植した (2004年12月報告済) この木は順調に生育していたが、植栽地が高速道路に取られる事が分かったので 2013年2月に移植するために掘り上げ、安全な場所に移植した(20013年2月報告済) しかし、移植した木があっけなく枯れたので、2014年2月に新たに苗を手配して再度定植した それが2代目のカツラの苗である ところが、今回この苗を見に行ってその2代目が枯れている事を発見した 枯死していた2代目のカツラ 周りの太いのは支持棒                 同上 別方向から このカツラは困ったことになった 今年秋にはまた種苗店に注文して植え付けることにしたい 記念樹 2 コナラ 昨年、私の孫が万博記念公園に行って、ドングリを10個ほど拾って来た。 そして、私にこれを山に植えてほしいと云う。 そこで私の山の「姉ヶ平」と云う所に 植えた そのドングリが芽を出すかと思って4月に注意して見たが、結局出さなかった。 それが、5月に帰ってみるとあるある、出ているではないか。 嬉しくなってそれを写真に撮り、孫に送ってやった。 それが以下にU…

続きを読む

樹木生育記録-2 記念樹  ’14年

樹木生育記録-2 記念樹  ’14年  私は、私の、あるいは弟妹達の家族の結婚、誕生、益田来訪などを記念し 苗木を定植して記念樹とし、看板を立ててそれらの成長を観察、記録して いる  また、その結果を関係者に報告して喜ばれている まだ、それらの中には小さい物が多く、胸高直径を測れないものもあるが、 年々測れるものが増えてきた ところが、植えた木に責任は無いが、植えた場所が意外に悪いところがあり、 予想に反して生育が悪く、関係者に不快な思いをさせているものもある   そういうものには施肥をして生育促進を図っている、又はより条件の良い 場所に移植しているが、まだ充分な効果が顕れていないものもある それらを年に一度、12月に測定して生育記録を取っている。 その結果を最近数年分を表示する。    1.Okamoto家(妹の嫁ぎ先)の木(来益田記念)  樹 種 ヒノキ  定植 ’93.05 測定 胸高 成長 年月 直径 率%  ’09.12 13.0      ’10.12 13.7 5.4 ’11.12 14.5 5.6 ’12.12 15.2 4.8 ’13.12 15.9 4.4 ’14.12 16.1 1.4 コメント:定植20年を過ぎた 生育は順調である 2.Kawasaki家(私の弟)の木(来益田記念)  樹 種 スギ  定植 ’93.05  測定 胸高 成長  年月 直径 率% ’09.12 11.2    …

続きを読む

記念樹を植えた

記念樹を植えた 昨年「大切な木を移植した」を(’23年02月4日)書いた この時はホオの木とカツラの木を移植した事を書いた ところがこの時に移植した2本とも枯れてしまった ホオの木はともかくカツラは私の二男の名前に由来する木で 大切に育てていた木なので非常に残念であった よって、もう一度植えようとして、9年前に購入した苗木屋に 注文して再度入手してもらった 約120cmのひょろひょろした苗木が届いた 料金は1500円、送料が1680円であった その苗木を1月に益田へ持って帰って、定植した                     購入したカツラの苗木                    樹高約120cm                     見えにくい写真であるがひょろひょろの苗木              益田へ持って帰るために主幹を切詰めた              記念樹の標識板               定植して標識板を立てた                楕円の中がカツラの苗木             定植時の苗木の状況 樹高 44cm 前の木は’04年12月に定植し、移植した時(’13年2月)には胸高直径5.7cm であったのでこの木も10年後にはそれぐらいに育ってほしいものである

続きを読む

樹木生育記録-2 記念樹  ’13年 

樹木生育記録-2 記念樹  ’13年  私は、私の、あるいは弟妹達の家族の結婚、誕生、益田来訪などを記念して 苗木を定植して記念樹とし、看板を立ててそれらの成長を観察、記録して いる また、その結果を関係者に報告して喜ばれている まだ、それらの中には小さい物が多く、胸高直径を測れないものもあるが、 年々測れるものが増えてきた ところが、植えた木に責任は無いが、植えた場所が意外に悪いところがあり、 予想に反して生育が悪く、関係者に不快な思いをさせているものもある  そういうものには施肥をして生育促進を図っている、又はより条件の良い 場所に移植しているが、まだ充分な効果が顕れていないものがある それらを年に一度、12月に測定して生育記録を取っている。 その結果を最近数年を表示する。    1.Okamoto家(妹の嫁ぎ先)の木(来益田記念)  樹 種 ヒノキ  定植 ’93.05  測定年月 胸高直径  ’08.12   12.1cm    ’09.12   13.0    ’10.12   13.7    ’11.12   14.5 ’12.12   15.2 ’13.12   15.9 コメント:生育は順調である 2.Kawasaki家(私の弟)の木(来益田記念)  樹 種 スギ  定植 ’93.05  測定年月 胸高直径cm    ’07.12    9.4       ’08.12   10.5       …

続きを読む

記念樹を植えた

記念樹を植えた 10月の20日に茨木の我が家で父の50回忌を実施し、その後 場所を移して、母の白寿の祝いをした。 実際には父の47年、母は95歳であったが母が元気で眼、耳、頭が 良い時に実施したいと思い、企画し実行した。 参集者は、私たち兄弟姉妹4人とその配偶者、私の息子と配偶者、 及び孫一人であった。(50回忌には私たちの従弟一家3人も参加した) 20日の夜から「阪急エキスポパークホテル」に場所を移して、久しぶりに 楽しい兄弟姉妹の集いをした。 この記念すべき年を記憶に残すために、山にスギ苗を記念樹として植えた。             記念樹の看板を作った            植付けたスギの側に看板を立てた 植付けたスギの苗木は樹高51.0cmである。 今後、この木を毎年観察し、報告することになるが、何年モニター出来るか、 モニターした結果を母に報告できるかわからないが、出来るだけ長く観察、 報告することが出来るよう皆の健康長寿を祈りたい。

続きを読む

大切な木を移植した

大切な木を移植した 昨年(2012年)11月と12月に書いたように、私の山に高速道路が通るらしい。 らしいと云うのは道路公団?、あるいは公的機関からなんら公式な連絡は なく、下請けの測量会社から連絡があり、私の山を案内し、境界を説明した からである。 その後、測量会社は2又は4人で山に入り、測量用の杭を打っている。 従って、間違いなく高速道路は通るものと考えられる。 そうなると、道路の範囲に何本かの大切な木がある。 それらは1、ホオの木 1本、、2、カツラ 1本、3、ケヤキ 6本、 4、記念樹のヒノキ 2本などである。 これらのうちで、ケヤキは既に大きくて移植は無理、ヒノキの記念樹は ヒノキの他の木に置換する事ができる。 そんな訳で、1、ホオの木 と2、カツラ を移植することにした。 1、ホオの木 この木は、茨木市の山の中に生えているホオの大木の下に生えていた苗を 友達に頼んで堀取ってもらったものである。 元の木は正確に測ったわけでは ないが、胸高直径が約70cm、樹高が約30m、枝下高が約15mと云う実に 堂々たる巨木である。 その子苗を2011年11月に私の山に植付けた。 その時の樹高が18cmであったが昨年12月に測定したら51cmまで 育っていた。             堀上げたホオの木 楕円の中               ホオの木を植付けた            植付けた木に目印の杖を立てた …

続きを読む

樹木生育記録-2 記念樹  ’12年 携帯用

樹木生育記録-2 記念樹  ’12年 携帯用 この記事は携帯で見るために表を小さくしてあります。詳しく見たい人はパソコン版をご覧ください 私は、私の、あるいは弟妹達の家族の結婚、誕生、益田来訪などを記念して 苗木を定植して記念樹とし、看板を立ててそれらの成長を観察、記録して いる。また、その結果を関係者に報告して喜ばれている。 まだ、それらの中には小さい物もあり、胸高直径を測れないものもあるが、年々測れるものが増えてきた。 ところが、植えた木に責任は無いが、植えた場所が意外に悪いところがあり、 予想に反して生育が悪く、関係者に不快な思いをさせているものもある。  そういうものには施肥をして生育促進を図っている、又はより条件の良い場所に移植しているが、まだ充分な効果が顕れていないものがある。 それらを年に一度、12月に測定して生育記録を取っている。 その結果を最近5年分を表示する。    1.O家(妹の嫁ぎ先)の木(来益田記念)  樹 種 ヒノキ  定植 ’93.05  測定年月 胸高直径  ’08.12   12.1cm    ’09.12   13.0    ’10.12   13.7    ’11.12   14.5 ’12.12   15.2   コメント:生育は順調である 2.K家(私の弟)の木(来益田記念)  樹 種 スギ  定植 ’93.05  測定年月 胸高直径cm    ’07.12    9.4   …

続きを読む

樹木生育記録-2 記念樹  ’12年

樹木生育記録-2 記念樹  ’12年 この記事は携帯で見るには表が大きすぎて見難いと思われる。 携帯用は別途報告する。 私は、私の、あるいは弟妹達の家族の結婚、誕生、益田来訪などを記念して 苗木を定植して記念樹とし、看板を立ててそれらの成長を観察、記録して いる。また、その結果を関係者に報告して喜ばれている。 まだ、それらの中には小さい物もあり、胸高直径を測れないものもあるが、年々測れるものが増えてきた。 ところが、植えた木に責任は無いが、植えた場所が意外に悪いところがあり、 予想に反して生育が悪く、関係者に不快な思いをさせているものもある。  そういうものには施肥をして生育促進を図っている、又はより条件の良い場所に移植しているが、まだ充分な効果が顕れていないものがある。 それらを年に一度、12月に測定して生育記録を取っている。 その結果を最近5年分を表示する。    1. O家(私の妹の嫁ぎ先)の木(来益田記念)    樹 種 ヒノキ 定植 ’93.05         測定年月   胸高直径cm   成長率%         ’08.12      12.1        7.3         ’09.12      13.0        6.8         ’10.12      13.7        5.9         ’11.12      14.5        5.6         ’12.12      …

続きを読む

残念! ノウサギ害だ

残念! ノウサギ害だ 7月8日に益田へ帰って、10日に山を見に行った。 ところが、 今年、2月に定植し、3月に標識を立てた私の孫の記念樹、クヌギの 木の2本の内の1本がなくなっていた。 私はすぐやられた!と思った。 その事を心配して苗木のまわりに 篠竹の矢来を建てておいたのに。 6月に見た時は順調に生育しており、定植時10cmであった樹高が 40cmになっていた。 今まで、ヒノキ、スギ、トチ、ケヤキなどノウサギに食害されたものは 数多く、いつも鋭い歯で茎や枝を噛み切ってあった。 従って今回も 噛切られることはあっても、全体は無くならないであろうと、若干 甘く見ていた嫌いがある。 噛切られた茎や根は残っていないか、周囲を念入りに調べたが、何もない。 敵(ノウサギ)は矢来の外から茎を引っ張ったと思われるが、苗木が 若くて、まだ十分に根が張っていなくて、根からすっぽりと抜けてしまった のではないかと思われる。 大変残念な結果であったが、今になっては致し方ない。                   空っぽになった竹矢来の中                上から見たところ                No.2の方は無事に育っている こうなった以上は残った1本を大切に育てよう。

続きを読む

記念樹に標識を建てた

記念樹に標識を建てた 1月に植え付けた私の孫の記念樹(クヌギ)に2月に標識を建てた。 塩ビの白色板を切ってそこに「○○○(孫の名前)の木 No.1 2012 1月」、「○○○の木 No.2 2012 1月」の2枚の標識を黒ペンキで書いて杭に打ち付けて記念樹の側に建てた。                 記念樹 No.1                 記念樹 No.2 また、この山は野ウサギ、イノシシが多く食害、穴掘り害が多いので周りに篠竹の垣を立てて防除垣とした。2年程度防げれば苗木が大きくなり以後は問題ないものと思う。                  動物害防除に篠竹で垣を立てた                 同じくNo.2の樹 さし当たり今年の年末に生育調査でどれぐらい生育しているか楽しみである。

続きを読む

記念の木を植えた

記念の木を植えた (初めに、2月2日に確定申告の書類を作ろうとしたらパソコンが動かない。慌ててメーカーに電話したところ、私の機種はもうサポート期間が3年前に終わっていて部品がなく修理不能と。従って当面携帯から記事を書くので容量不足とデジカメの写真を貼り付けできないので簡単な記事になる。ご了承下さい) 3月に新しいパソコンに繋ぎ直したので、写真の添付が可能になったので 改めて写真をUPすることにした。 私には一人の孫がいる。今、3歳4ヶ月であるが大変可愛くて将に目に入れても痛くないと思うほどである。 その孫が一昨年11月に、2歳2ヶ月の時、万博記念公園に遊びに行って、「じいじ、お土産!」と言ってドングリ(クヌギの実)を3個持って帰ってくれた。 私は大喜びで孫と一緒にそれを植木鉢に植えた。 それが昨年春、2本だけ発芽して苗ができた。 今年1月にその苗を孫と一緒に写真を撮り、益田に持って帰って山の空地に3メートルほどの間隔を空けて植えた。                  鉢に生えたクヌギ                  孫とクヌギ                 益田へ持って帰るために抜き取ったクヌギ                 定植したクヌギ No.1                 定植したクヌギ No.2 測定したところ、1本は10cmもう1本は27cmであった。 今回は標識板が用意出来なかったが…

続きを読む

樹木生育記録-2 記念樹  ’11年 携帯用

樹木生育記録-2 記念樹  ’11年 携帯用 この記事は携帯で見るために表を小さくしてあります。 私は、私の、あるいは弟妹達の家族の結婚、誕生、益田来訪などを記念して 苗木を定植して記念樹とし、看板を立ててそれらの成長を観察、記録して いる。また、その結果を関係者に報告して喜ばれている。 まだ、それらの中には小さい物もあり、胸高直径を測れないものもあるが、年々測れるものが増えてきた。 ところが、植えた木に責任は無いが、植えた場所が意外に悪いところがあり、 予想に反して生育が悪く、関係者に不快な思いをさせているものもある。  そういうものには施肥をして生育促進を図っている、又はより条件の良い場所に移植しているが 、まだ充分な効果が顕れていないものがある。 それらを年に一度、12月に測定して生育記録を取っている。 その結果を最近5年分を表示する。    1.O家の木(来益田記念)  樹 種 ヒノキ  定植 ’93.05  測定年月 胸高直径  ’07.12   11.3cm  ’08.12   12.1    ’09.12   13.0    ’10.12   13.7    ’11.12   14.5    コメント:生育は順調である 2.K家の木(来益田記念)  樹 種 スギ  定植 ’93.05  測定年月 胸高直径cm    ’07.12    9.4       ’08.12   10.5       ’0…

続きを読む

記念の木

記念の木 前報で「樹木生育記録-2 記念樹  ’11年」をupした。 その際、遊びで「記念樹」をインターネットで引いたところ、何件か引っかかった内に心に残る 一編があったので紹介する。 (「尋常小学国語読本巻六」所収)       記念の木     村の学校のげんくわんの    向つて右の落葉松(からまつ)は、    わたしの子どもが植ゑたので、    其の子はとうに戦死した。     あの学校がたつた時、     うちの畠にあつたのを     死んだあの子が掘取つて、     かついで行つて植ゑたのだ。    あの子は十二、落葉松は    あの子のせいより低かつた。    それが今では学校の    二階のまどにとゞいてる。     あの子がいくさに行く時に、     学校の前でふりかへり、    「わたしの植ゑた落葉松が     あんなに高くなりました。」    昨日学校で校長に、    あの木の事を話したら、    はじめて聞いた記念の木、    大事にするとおつしやつた。 (注) 1.『尋常小学国語読本 巻六』文部省(昭和7年3月19日修正発行、昭和7年4月  11日翻刻発行)[『複…

続きを読む

樹木生育記録-2 記念樹  ’11年

樹木生育記録-2 記念樹  ’11年 この記事は携帯で見るには表が大きすぎて見難いと思われる。 悪しからず。 私は、私の、あるいは弟妹達の家族の結婚、誕生、益田来訪などを記念して 苗木を定植して記念樹とし、看板を立ててそれらの成長を観察、記録して いる。また、その結果を関係者に報告して喜ばれている。 まだ、それらの中には小さい物もあり、胸高直径を測れないものもあるが、年々測れるものが増えてきた。 ところが、植えた木に責任は無いが、植えた場所が意外に悪いところがあり、 予想に反して生育が悪く、関係者に不快な思いをさせているものもある。  そういうものには施肥をして生育促進を図っている、又はより条件の良い場所に移植しているが 、まだ充分な効果が顕れていないものがある。 それらを年に一度、12月に測定して生育記録を取っている。 その結果を最近5年分を表示する。    1. O家の木(来益田記念)    樹 種 ヒノキ 定植 ’93.05         測定年月   胸高直径cm   成長率%         ’07.12      11.3        8.2         ’08.12      12.1        7.3         ’09.12      13.0        6.8         ’10.12      13.7        5.9         ’11.12      14.5        …

続きを読む

樹木生育記録-2 記念樹 ’10年分

樹木生育記録-2 記念樹  ’10年 この記事は携帯で見るには表が大きすぎて見難いと思われる。 悪しからず。 私は、私の、あるいは弟妹達の家族の結婚、誕生、益田来訪などを記念して 苗木を定植して記念樹とし、看板を立ててそれらの成長を観察、記録して いる。 まだ、それらは小さい物が多いが、徐々に胸高直径を測れるようになってきた。 ところが、植えた木に責任は無いが、植えた場所が意外に悪いところがあり、 予想に反して生育が悪いものがある。  そういうものには施肥をして生育促進を図っているが、まだ充分な効果が 顕れていない。 それらを年に一度、12月に測定して生育記録を取っている。 その結果を最近5年分を表示する。    1. O家の木(来益田記念)    樹 種 ヒノキ 定植 ’93.05         測定年月   胸高直径cm   成長率%         ’06.12      10.4        9.3         ’07.12      11.3        8.2         ’08.12      12.1        7.3         ’09.12      13.0        6.8         ’10.12      13.7        5.9 コメント:生育順調 2. K家の木(来益田記念)    樹 種 スギ 定植 ’93.05         測定年月   胸高直径cm   …

続きを読む

樹木生育記録-2 記念樹  ’09年

樹木生育記録-2 記念樹  ’09年 私は、私の、あるいは弟妹達の家族の結婚、誕生、益田来訪などを記念して 苗木を定植して記念樹とし、看板を立ててそれらの成長を観察、記録して いる。 まだ、それらは小さい物が多いが、徐々に樹高1.2mに達し、胸高直径を 測れるようになってきた。 ところが、植えた木に責任は無いが、植えた場所が意外に悪いところがあり、 予想に反して生育が悪いものがある。   そういうものには施肥をして生育促進を図っているが、まだ充分な効果が 出ていない。 それらを年に一度、12月に測定して生育記録を取っている。    1.O家の木(来益田記念)    樹 種 ヒノキ 設定又は定植 ’93.05         測定年月   胸高直径cm   成長率%         ’05.12       9.6         -         ’06.12      10.4        9.3         ’07.12      11.3        8.2         ’08.12      12.1        7.3         ’09.12      13.0        6.8 コメント:生育順調 2.K家の木(来益田記念)    樹 種 スギ 設定又は定植 ’93.05         測定年月   胸高直径cm   成長率%         ’05.12       8.4       …

続きを読む

記念樹の設定

記念樹の設定 今年、夏休みになると同時に名古屋の弟夫婦が娘夫婦、孫を連れて 帰省した。 生憎の天候で海水浴、釣りはさっぱりであったが帰省記念に 娘夫婦の家族の記念樹を設定した。 木は今年春に「五郎四郎」の山に植えておいたヒノキで樹高48cmである。 すぐ「K家の木」の看板を立てて、今後は私が管理する。 記念樹は 毎年12月に大きさを測定し、前年からの生育率を計算して各自に報告する システムになっている。 「五郎四郎」の山の主木はヒノキで定植13年生であり、今回の記念樹との 年齢差が大きいが、今回の定植場所は南の道路沿いであり、日当りも良く 生育には適した場所と思う。 今後、3年は下刈り、施肥をして少しでも主木 に追い付けるよう管理したい。                 記念樹として設定したヒノキ                        「K家の木」の看板を立てた

続きを読む

樹木生育記録-2 記念樹  ’08年分

樹木生育記録-2 記念樹  ’08年分 私は、私の、あるいは弟妹達の家族の結婚、誕生、益田来訪などを記念して 樹木を設定、定植して記念樹とし、看板を立ててそれらの成長を観察、記録している。 まだ、それらは小さい物が多いが、徐々に樹高1.2mに達する物が出て胸高直径を 測れるようになってきた。 ところが、植えた木に責任は無いが、植えた場所が意外に悪いところがあり、 主に日当りだけに注意して植えてきたが、予想に反して生育が悪い物がある。  そう云う所に記念樹を植えられた弟妹の孫達から生育不良の不満が出ている物もある。 注意して見ると、以前松が植わっていた土地は日当りは良いが、土壌に有機質が含まれず、 赤土の粘土のところがある。 そのため生育が悪いわけで、私は責任を感じてそう云う木に 施肥を行ったり、落ち葉を運んで根元に積んだりしているが、それも今のところ顕著な 効果を発揮していない。 以下のうちNo.3、5、6、10などがそれであるが特にNo.10が悪い。              樹 種          設定又は定植   測定年月   胸高直径cm   成長率% 1.O家の木(来益田記念) ヒノキ           ’93.05        ’05.12       9.6         -                       ’06.12      10.4        9.3                       ’0…

続きを読む

記念樹を定植した

記念樹を定植した 今年、9月末に私の孫が生まれた。  10月は母の満90歳の誕生日である。 よって、「孫誕生記念」と「母の卆寿記念」の木を植えた。 木はいずれもヒノキで、私が育てた苗木である。 場所はいずれも「姉ヶ平下」である。             孫の誕生記念樹 ヒノキ、樹高66cm             孫の健やかな成長を祈っている             母の卆寿記念樹 ヒノキ、樹高64cm             母には次の記念、白寿まで頑張って欲しい 写真を見るといずれも荒地に植えてある感じであるが、笹、雑木、蔓類はいずれも 根を切ってあり問題ない。 強いて云えばやや徒長苗である。 孫の両親、即ち私の長男夫婦には「この孫が60歳になる頃この木が 切れるだろう」と云ってある。 果して誰がいつこの木を切るのであろう。 壮大なロマンである。

続きを読む

樹木生育記録-2 記念樹

樹木生育記録-2 記念樹 私は、私の、あるいは弟妹達の家族の結婚、誕生、益田来訪などを記念して樹木を設定、定植して 記念樹を設定し、看板を立ててそれらの成長を観察、記録している。 まだ、それらは小さい物が多いが、徐々に樹高1.2mに達する物が出て胸高直径を測れるようになってきた。 ところが、植えた木に責任は無いが、植えた場所が意外に悪いところがあり、主に日当りだけに注意して 植えてきたが、予想に反して生育が悪い物がある。 注意して見ると、以前松が植わっていた土地は日当りは良いが、土壌に有機質が含まれず、赤土の粘土のところがある。 そう云うところは極端に生育が悪く、記念樹を植えられた弟妹の孫達から不満が出ている物もある。 私は責任を感じてそう云う木に施肥を行ったり、 落ち葉を運んで根元に積んだりしているが、それも今のところ顕著な効果を発揮していない。 以下のうちNo.3、5、6、10などがそれであるが特にNo.10が悪い。              樹 種          設定又は定植   測定年月   胸高直径cm   成長率% 1.O家の木   ヒノキ           ’93.05       ’05.12       9.6         -                       ’06.12      10.4        9.3                       ’07.12      11.3        8.2   …

続きを読む

記念樹及び育成樹の設定

記念樹及び育成樹の設定 9月に私の長男が結婚するので記念樹を植えつけ看板を建てた。 場所:小田 樹種:桧 樹高70cm 育成樹 小田の山の広葉樹を伐倒(除伐)していて楠の若木があるのを発見した。 楠は姉ヶ平の山に7本育成中で定期的にその生育を観察中である。 今回小田の山で 初めて楠を発見したのでこれも育成木として観察する事にした。 楠:樹高 約3m 雑木に被圧されて幹がかなり曲がっている。 ロープで出きるだけ   真っ直ぐなるよう引張りをした。   胸高直径:3.8cm 新聞やTVによると安芸の宮島の海中に建つ大鳥居は楠で出来ているらしい。 400年の 大木を使うらしいが、楠は一般に枝下が短く、真っ直ぐい大木を探す事は至難の業らしい。 私は適正な枝打ちをして真っ直ぐで太い楠の育成に努めたい。 この山の松を伐倒してから22年であるからこの楠も22年の樹であろう。 あと378年で この木は宮島の鳥居になることが出きるかも。             青い矢印を押して再生して下さい

続きを読む

記念樹の設定

記念樹の設定  私の母は11人の曾孫を持っている。その内の何人かは益田へ行った事があり 記念の木を山に植えている。 今年、1月の初めに曾孫が一人生まれたので記念して 木を植えることになったが、過去に生まれた時に記念樹を植えなかった曾孫達にも 植えてやりたいと考えて、今回3本ほど過去に遡って記念樹の設定を行った。  樹種はいずれも桧である。  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   曾孫の名前            設定場所  誕生年・月  胸高直径  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   T.N、                                        3人は同年・   A.Y, G.Y(双子) の木     姉ヶ平    ’00.02     1.3cm  同月生まれ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   R.O、W.O(双子) の木     姉ヶ平    ’02.10     *(114cm)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   N.Kの木               姉ヶ平    ’0…

続きを読む