テーマ:植林

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます  2019年 元旦  益田市木部町大谷の高台から見た須佐の高山(石見富士)です  皆様、お変わりなく良い新年をお迎えでしょうか?   私(orang hutan)は76歳になりました 少々認知症気味で人の名前、樹の名前、出来事などを  憶えられなく、或いは忘れやすくなりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スギ苗を植えた

スギ苗を植えた 帰ってすぐは天気もまずまずで、仕事にも余裕があったのでウメを見に行った 家の側の ウメの樹である ウメのつぼみ 四国の友達が今年は四国のウメの花がもう(1月初めに)咲いた、と教えてくれたので 我家のウメを見に行った  つぼみは沢山点いているがまだ固くて咲くには相当早い 二艘舟東地区 次のE1,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高速道路代替地E、D(二艘舟東)に植林した

高速道路代替地E、D(二艘舟東)に植林した 今年、夏に森林組合に頼んでおいたスギ苗300本が12月18日にデリバリされた これを二艘舟東に植林した 先ず、代替地E2の川沿いに植えた  一番初めには我家の畑で育てていたクリの木を 川沿いの東と西の端に植えた これはスギばかりの単純林にしたくないからである 川沿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高速道路代替地への植林と問題点

高速道路代替地への植林と問題点 3月には次の図の青枠の斜線部分に植林した 当初、100本植えてこのA.B地区に今(12~3月)シーズン中に300本植える予定であったが、 図面の右側、赤線部分に約200平米(5x40m)邪魔物が堆積されているので、森林組合に 頼んでおいたスギ苗100本を70本に減らしてもらって60本植付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高速道路代替地に植林した

高速道路代替地に植林した 今年の1月は低温警(注意)報、大雪警(注意)報、大雨警(注意)報 強風警(注意)報、 着雪警(注意)報、なだれ警(注意)報などありとあらゆる警報、注意報が発令された。 しかし、私は近年にないほど良く働いた月であったと思っている。 私は既に何回か書いたように代替地(A、B区)に1月にはスギ15…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

益田へ帰る-1月

益田へ帰る-1月  1月13日から1月30日までの予定で益田へ帰る 今月は寒さ、雨、雪、風の4重苦が予想されるが、身支度して 山林作業をするつもりである。  寒さは山林作業には大きな 支障ではなく、むしろ息が上がらないだけ作業は捗るはずである。 益田市での作業予定 1月 1・.高速道路代替地への植林 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

代替で入手した土地に植林した

代替で入手した土地に植林した 高速道路用地の代替地として入手した土地に植林した 今回、入手して初めて新しい土地(雑木、ササ、イバラ、雑草を処理した)を見に行った。 国交省が業者を使って作業したので土地はきれいになっていた。 上記図面のAから川に沿って東を見たところ    Bから堆積物に沿って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

K家(私の家内の実家)の山にヒノキを植えた

K家(私の家内の実家)の山にヒノキを植えた 私の家内の実家の山にヒノキを定植した。 ここは2年前に400本のヒノキを定植した所であるが、どうしたわけかその多くが 枯れてしまった。 そこで、先月(’14.12月)に200本、今月(1月)に150本のヒノキを森林組合から 購入して、定植した。 12月も1月も幸い天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

K家の土地に木を植えた

K家の土地に木を植えた 先月、’12.11月に書いたようにK家(私の家内の実家)の土地に木を植えた。 場所は2ヶ所あり、1ヶ所をA区とし他をB区とする。 それらの登記簿上の面積は A区(土地名 通称 しょうじ)約1000㎡(10a) B区(土地名 通称 瓦屋跡)約2300㎡(23a) である。 10月に森林組合に電話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

K家の畑に植林する

K家の畑に植林する 「益田へ帰る 10月」 に書いた親類(家内の実家、以後K家とする)の山、現況は畑、 笹藪であるが、に木を植える事を皆に提案して、承諾された。 理由は義兄、義姉が高齢であり、且つ二人とも体調が悪く、また、甥が 仕事で忙しくて管理できない事による。 畑は2ヶ所あり、便宜的にA区、B区とした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山林地拵えと植林

山林地拵えと植林 1月の最重点事項は地拵えと植林であった。 以前に書いたように昨年11月に買い替えた刈払い機が馬力が強く、軽量で今月も 笹や潅木を楽々と刈って仕事が面白いように運んだ。 古い機械は笹に歯が立たなくて、笹刈りにはあまり役立たずであったが、新しい機械は 極めて有効であったので山に持ち込んで、夜もブルーシート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地拵えして植林した-3

地拵えして植林した-3 3月には30本の植林をした。 たった30本であったのは、もう自分で育てた苗木がなかったからである。 これで今シーズンの植林は終わった。 昨年10月から今年3月まで、今シーズンに植えつけた苗木は 全部で240本になった。  これは当初、昨年7月頃、予定していた350本より大幅に少ない結果にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地拵えして植林した-2

地拵えして植林した-2 先月もUPしたが今月もササ藪を刈ってスギ苗を植えつけた。 極めてササの密度が高い藪で、刈払い機では刈れないので部分的に 手刈りをして植えつけた。 今回(2月)は5日ぐらい作業して50本植え付けた。                 ササ藪は極めて密度が高い            …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地拵えをして植林をした

地拵えをして植林をした 1月には姉ヶ平下(地名)の山の地拵えをしてスギの植付をした。 ここは’07年10月に買った山で、かなりの斜面である。  斜面の真ん中を東西に里道が通っていて里道より上は雑木林、下は ササ藪である。 今回はこのササ藪を刈ってスギを植えた。 昔、棚田であった所が 25年以上も放置されていたために、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

益田へ帰る 12月

益田へ帰る 12月 12月は9日~29日までの予定で益田へ帰る 寒い季節であるが雨や雪が降らなければ寒さは仕事に関係なく、 むしろ、疲れなくて好都合なぐらいである  但し、この間の2日ほどは親類の法事の予定があり、実質働けるのは 17日間である 益田市での仕事の予定 12月 1・スギ、ヒノキ定植 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪~この木何の木~♪

♪~この木何の木~♪ 10月に茨木市の「里山を守る会」の友達に頼んでおいた苗木が我家に届けられた。 根から先端まで僅か30cm程度の小さな苗木である。 実は「里山を守る会」のメンバー数人が里山を守る活動以外に山中の休耕田、 と言うより耕作放棄田を借りて農業を始めた。 私はそのメンバーではない。 彼らがイノシシ除けの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シーズンイン

シーズンイン 10月15日に今シーズン(’10年10月~’11年3月)最初の植林をした。 植林こそ林業の始まりで山には木を植えて初めて林業が始まる。 そんな訳で植林を開始すると毎年「心ウキウキ」になる 10月15日にスギ苗7本を、16日にヒノキ苗8本を掘り上げ 「姉ヶ平上」の山に植付けた。 どうしてスギとヒノキかと言え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シーズン イン

シーズン イン もちろん、プロ野球が始まるのではない。 今年(’09秋/’10春)のスギ、ヒノキの定植のシーズンになったのです。 10月から定植しようと構えていたが毎日好天で乾燥注意報も出ていたので 植付けを躊躇していた。 ところが台風20号が関東を通り過ぎた時、山陰でも余波の雨が1日降った。 早速、10本あまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杉、新植用地の整備

杉、新植用地の整備  寒作り下 の竹林の竹を伐倒、枯殺処理して新植用地を整備した、 今回は1日半しか出来なかったが竹の伐倒、枯殺はほぼ99%終わりあとは植付を 待つばかりとなった。  今回は天候が悪く最初の日は天気予報を確認して行ったのに大雨に遇い、ずぶ 濡れになって帰ってきた。冬にずぶ濡れで風邪を引くかと怖れたが幸いそれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退職後私が新たに植えた樹木苗

退職後私が新たに植えた樹木苗  私は61歳になった平成15年(2003)7月末で退職した。 以後その年の秋から 現在まで3年余に自分の持ち山を拓いて樹木苗を植えてきた。それを紹介して その為に分かってきた問題点を紹介する。  新植状況  -------------------------ーーーーーー----ーー   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more