テーマ:

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます                 鎌手・魚待岬の灯台                2010年 元旦 今年の私の決意  1.[姉が平下]に植林を続ける  具体的には    山の上部では雑木を片付けてヒノキを植える      ’12年春までに200本ぐらい予定    山の下部には…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’09年分

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’09年分 私は自分の山(林分)毎に標準木を決めて毎年12月に年間の生育記録を取っている。 1年経てば樹木は大きくなることは分かっているが一体どれぐらい 大きくなるものか、また本当に大きくなっているものか確認するためにこの 作業を実施している。 2009年分として12月に今年の生育状況を調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記念樹の設定

記念樹の設定 今年、夏休みになると同時に名古屋の弟夫婦が娘夫婦、孫を連れて 帰省した。 生憎の天候で海水浴、釣りはさっぱりであったが帰省記念に 娘夫婦の家族の記念樹を設定した。 木は今年春に「五郎四郎」の山に植えておいたヒノキで樹高48cmである。 すぐ「K家の木」の看板を立てて、今後は私が管理する。 記念樹は 毎年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木処理 「 姉ヶ平下」

雑木処理 「 姉ヶ平下」 ’07年(平成7年)10月に購入した山林、「姉ヶ平下」は雑木山である。 これを5年ほどかけてヒノキ山に立て変える為に昨年から手をつけている。 その為には雑木を処分しなければならないので、今年も雑木処理をした。 雑木を処理するには1.伐倒する、2.枯殺処理する があるが私はこの2方法を 使い分け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年用苗木 山採り苗

来年用苗木 山採り苗 植林用苗木の育成には1.種を播いて苗を作る 2.挿木で苗を作る 3.山から自然生えの 苗木を採ってくる がある(ヒノキ播種、4月1日参照)。 1と2は既に報告したので3を紹介する。 私の山「五郎四郎」はヒノキを植林して13年になる。 この山の林床には小さなヒノキの 苗木が沢山自生している。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ挿木-2

ヒノキ挿木-2 3月22日、小田の育苗圃にヒノキ180本を挿し木した。 穂木は前日採取し、調整して一晩水を吸わせた。 先ず、土壌をよく踏み締めて、そこにプラスのドライバーで穴を明け、穂木の基部に 発根促進剤、1ナフチルアセトアミドを粉衣したものを挿し込んだ。 昨年の経験から、土壌をよく踏みしめるのは、地中深くから水…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒノキ挿木-1

ヒノキ挿木-1 3月21日、「五郎四郎」の山の木洩れ日が射し、土壌が赤土で粘土の場所にヒノキの挿木をした。 穂木は調整後4時間ほど水を吸わせ、エチクロゼートを穂木の基部に粉衣して プラスのドライバーで土壌に穴を明けて挿し込んだ。 160本挿木した。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒノキ播種

ヒノキ播種 山林に木(スギ、ヒノキ)を植える時には通常苗木を植える。 その苗木を確保する方法として、種から育てる、挿木をして育てるそれに 山採りする方法がある。 私はここ数年この3種の方法で育てているが、必ずしも成功しているとは 云えない。 昨年もあまり思わしくなかった種を播く方法を実施した。 採種:昨年11月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’08年分

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’08年分 私は自分の山(林分)毎に標準木を決めて毎年12月に年間の生育記録を取っている。 2008年分として12月に今年の生育状況を調査した。 以下に最近の成長率を表示する。 調査法:各林分に以前から決めている標準木5本の胸高直径を継続的に測定する。 標準木:各林分の東西南北と中心、また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿木育苗試験・結果

挿木育苗試験・結果 山林苗を育てるには 1..種を採り播いて育てる  2.山に自然に生える苗を採って来て畑で育てる 3.挿木をして育てる  方法がある。 私は主として、2.自然苗を育てる方法 を実施しているが、これでは供給が間に合わない事が 多い。 よって、ここ2年ほど1.種よりの育苗、3.挿木育苗 を試験中である…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひのき採種

ひのき採種 10月中旬~11月中旬はひのきの種を採るに最も良い季節と言われている。 よって、ひのきの枝打ちの際、種を採った。 昨年はひのきの種が豊作であったが今年は少なく裏年と思われた。 採れた種子(球果)は600gであった。 書物によると、ひのきの精選種子は球果の約7.5%と云われているので 600gの球果から…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ひのき、すぎ苗木の定植

ひのき、すぎ苗木の定植 10月は前にも書いたように前半は高温乾燥、後半は適当な降水があったので 後半に苗木の植付けをした。 今年、自分で育てた苗木(山行き、即ち山へ定植できる大きさの苗木)は  スギ : 約140本  ヒノキ: 約80本 合計220本である。  これらを来年3月迄に山に定植し、その後の育苗圃に来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すぎ、ひのきの枝打ち

すぎ、ひのきの枝打ち 10月は前半は晴れて高温乾燥であった。  よって、苗木を植えるには問題ありと判断して枝打ちをした。 主としてスギの枝打ちをした。 若い木(20年余)は4mまで打上げた。 それより古い木は個々に対応したが最高は約10mまで打った。 4mの1本梯子を架けて下の枝に取り付いて、10mまで登り 上か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記念樹を定植した

記念樹を定植した 今年、9月末に私の孫が生まれた。  10月は母の満90歳の誕生日である。 よって、「孫誕生記念」と「母の卆寿記念」の木を植えた。 木はいずれもヒノキで、私が育てた苗木である。 場所はいずれも「姉ヶ平下」である。             孫の誕生記念樹 ヒノキ、樹高66cm       …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿木育苗

挿木育苗 今年3月に挿木したスギ、ヒノキ活着状況を調査した。 挿木後6ヶ月たっており、もう活着するものはし、しないものは枯れているはずで 今後は活着した苗を太陽に当てて、元気な苗を育てるために日覆いを取去る季節でも ある。 結果 1.ヒノキ     発根剤    アルファ アセチル アセトアミド    エチクロゼー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

育苗圃(播種床)調査

育苗圃(播種床)調査 今年3月にヒノキの種を播いた小田の育苗圃の日除けネットを除去し、発芽苗を 調査した。播種で苗を育てるのは今年初めての経験である。 育林の指導書に9月(6ヶ月後)には日除けを除去し、日光に当てて健苗に育てる ようにと書いてあるのでそれに従った。 結果は散々である。 まず雑草、日頃からネット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ、スギ挿木による育苗

ヒノキ、スギ挿木による育苗 今月もヒノキ、スギの挿木育苗を実施した。 目的はもちろん苗木を作る事であるが5月にも書いたように、普通は3月に挿木をするのが 林業の指導書に書かれている方法である。しかし、3月は山へ苗を植えつけるなど忙しくて 出きればやや仕事に余裕のある5月、6月に実施したい。(本によっては1~8月まで可能と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スギ、ヒノキの挿木 5月

スギ、ヒノキの挿木 5月 今月もスギ、ヒノキの挿木をした。 既に報告したように3月にスギ72本、ヒノキ105本を発根剤アルファーナフチルアセトアミドと エチクロゼートを粉衣処理して挿木をしており、今年の予定は済んだと思っていた。 しかし、作業的に3月は忙しく、できることなら挿し木は別の月にしたいと思い、作業に余裕のあ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

苗木の床替え及び山採り苗の採集と植付け

苗木の床替え及び山採り苗の採集と植付け 3月は木の植え付け、移植の最適期なので育苗圃の苗で今年山行きにならなかった 苗木の移植(普通床替えと言う)と稚苗の採集をした。 床替え: スギ苗 :約120本を移植した。 あまり小さい苗、弱っていて移植すると枯れる恐れがあるもの        は移植しなかった。 ヒノキ苗:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿木育苗 ヒノキ・スギ

挿木育苗 ヒノキ・スギ 昨年は全滅であったヒノキの挿木に今年も挑戦した。 発根剤:アルファーナフチルアセトアミド粉衣処理:80本             エチクロゼート粉衣処理:25本     を育苗圃に挿し、日除けとして昨年作ったすだれを手直しして掛けた。              ヒノキの挿し穂        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ 種子の蒔き付け

ヒノキ 種子の蒔き付け 昨年、10月、11月に採取し乾燥、精選しておいたヒノキの種子を播種した。 手順は  1.一晩水に漬けて吸水させる。  2.発芽試験開始。  3..水を切って、砂と1:5程度に混合して、増量し(余りに少ないので均一散布が困難と    考えたから)て播種  4..薄く覆土し網を掛けた。 網は太陽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ種子

ヒノキ種子 昨年、10月と11月に採取し陰干しにしておいた種子(球果)から種子を分離し、精選種子を採った。               昨年11月に採取直後の状態 色が黄色っぽく球果は固く閉まっている。                           1月22日、採取後2ヶ月、陰干し後の状態    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

育苗圃の準備が着々と進んでいる

育苗圃の準備が着々と進んでいる 今年の夏に育苗圃を新しく開拓したことは既に書いた。 開拓した理由は、現在の育苗圃で 育てている苗が少なくて、この冬~春にかけて山に植えられる苗が杉70本、桧60本しかない ことである。  去る10月に新しく山を買ったこともあって、これではとても足りない。 よって、育苗圃を広げてもっと育てようと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキの種を採った

ヒノキの種を採った 10月に引続いて今月もヒノキの種を採った。 ヒノキの採種適期は10月から11月中旬と言われている。 よって、今回の採種は最適期と 云うことができる。 今回は日当たりの良い枝から採ったので効率が良かった。                    今回採取した球果 これを1ヶ月程度陰干しして球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキの枝打ちをし、 同時に採種した

ヒノキの枝打ちをし、 同時に採種した 小田の山のヒノキの枝打ちをした。先月と同様一本梯子、4mを使用し、 最高8mまで枝打ちした。 この作業は毎年実施する事で特に何か難しい事や 特記することは無い。 今年、初めてヒノキの種を採った。 昨年も少し採ったが本格的に採取したのは初めてである。 いかにも泥縄的で恥ずかしいが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿木苗の活着状況 3

挿木苗の活着状況 3 今年3月末に実施したスギ、ヒノキの挿木苗の活着状況を調査した 今回で3回目の調査であるが、今年の挿木はこれ以上枯れるものはないと思われるので 最終調査である。 今回も生存率で表した。(5月の枯死率も表示した)  5月が高温、乾燥であった事、 8月が異常に暑く、乾燥した事、その間一度も水をやっていないな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記念樹及び育成樹の設定

記念樹及び育成樹の設定 9月に私の長男が結婚するので記念樹を植えつけ看板を建てた。 場所:小田 樹種:桧 樹高70cm 育成樹 小田の山の広葉樹を伐倒(除伐)していて楠の若木があるのを発見した。 楠は姉ヶ平の山に7本育成中で定期的にその生育を観察中である。 今回小田の山で 初めて楠を発見したのでこれも育成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山林枝打ちとスズメバチ

山林枝打ちとスズメバチ いよいよシーズンインで杉、桧の枝打ちを開始した。 とは云っても、今回の帰省の 前半は毎日雨、それもかなりの雨、で何も出来ず。後半は高温乾燥で暑かったが 少しづつ枝打ちをした。 今回は小田の山で植林20年余の桧で一部杉が混じっている。  枝打ち前に梯子を立てかけて写真を撮った。 周りの枝打ち済みの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

挿木苗の活着状況 2

挿木苗の活着状況 2 今年3月末に実施したスギ、ヒノキの挿木苗の活着状況を調査した。 今回は生存率で表した。(5月の枯死率も表示した)  5月が高温、乾燥であった事、 その間一度も水をやっていないため枯死した物がグント増えた。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿木苗の活着状況

挿木苗の活着状況  今年3月末に実施したスギ、ヒノキの挿木苗の活着状況を観察した。 まだ今の段階で活着/枯死を言うのは早すぎるが途中経過として記録しておく。    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     場所      樹種   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more