テーマ:果樹

果樹の現状

果樹の現状 我家の果樹の冬の状態を紹介する 冬の間は落葉果樹の様子が良く判るのでそれについて主体に紹介する イチジク  イチジクは我家には成木が2本あった   1本は昨年11月にばっさり伐ってしまった 秋口に収穫が良く出来た樹であったが  主幹部にテッポウムシ(カミキリムシの幼虫)が沢山食入してほとんど  枯れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐文旦を収穫した

土佐文旦を収穫した 1月の中旬に益田の畑の土佐文旦を収穫した。 この木は昨年初めて3個(内1個は小さかったが)を収穫し、今年は 6個生っているのを夏から確認していた。 山の畑であるのでイノシシに齧られないかと心配していたが、特に害も 受けずに無事収穫できた。 この木の由来 今から9又は10年前に、高知で仕事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モモを収穫した

モモを収穫した 今年は久しぶりにモモを収穫できて嬉しくて報告する。 最近、2~3年果樹の収穫は極めて不調であった。  原因は 1、鳥害 2、動物害 3、病害である。 1、鳥害:   近年、カラス、ヒヨドリ又はムクドリの食害が激しくてナシ、モモ、ブドウ、イチジク   がほとんど全滅していた。 2、動物害: …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

果樹防寒

果樹防寒 果樹、特に寒さに弱い柑橘の、それもまだ若い樹の防寒をした。 土佐文旦 私のもっとも好みの柑橘。 高知のK氏にもらった穂木をカラタチ台に 接木したもの。  年間何度も施肥をしているがまだまだ結実には 数年かかるだろう。 ポリ袋の底を抜いて、4本の篠竹を柱にして 行灯に被せた。              …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モモ収穫 これも異常気象のせい?

モモ収穫 これも異常気象のせい? ナシがカラスの食害にあって、ほとんど収穫無しになった事を書いた。 一方、ナシの隣にあるモモも別な意味で大変な年であった。 7月16日に益田へ帰って、18日にモモの袋を取り外した。同時にトリ害防止の為 樹上にテグスを張った。果実は若干カラスの食害にあっているものもあったが、 ほとんどは大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

果樹袋かけ

果樹袋かけ 今年も果樹の袋かけをした。 今年はリンゴ25枚、モモ(黄金桃)160枚、モモ(実生、白鳳系?)20枚をかけた。 いずれも仕上げ摘果のあと殺虫殺菌剤を混合散布し、その後袋かけをした。 ナシ(二十世紀)にもかける積りであったがあまり沢山生っていないので今年は 止めた。 袋は新聞に入ってくるチラシの裏が白い物を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スモモがアラツーハン

スモモがアラツーハン 何のこっちゃ! まあ読んで頂けば解かります。 6月はウメとスモモの収穫の月である。  今年も期待通り、いえ期待以上にスモモが採れた。 我家には2本のスモモの木があるが 今年はその2本とも大豊作で近年にない収穫であった。 このスモモは昔ハランキョウあるいはハタンキョウと言っていたスモモと同じもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウメを収穫した

ウメを収穫した 毎年、6月15日頃収穫する事にしているウメを今年も16日に収穫した。 今年はいつも採れる木の他に新しい木も結実期に入ってたくさん実がついていたので 楽しみに帰ったところ、新しい木は早生種なのか全部熟れて、腐って落ちた後だった。 従って、今年も従来の1本の木から収穫した。 今年は14Kgと昨年より沢山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キウイフルーツの花が咲いている

キウイフルーツの花が咲いている 5月25日の状況である。 キウイフルーツの花が沢山咲いていた。   私は平成2年(1990年)に植えた雄木、雌木各1本を持っている。 これらの木でこの数年の収穫は次の通りであった。 2003年:480個 2004年:10個 2005年:15個 2006年:40個 2007年:4個 2008…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初収穫ー2

初収穫ー2 4月に初収穫ー1を報告した。 今月はその第2弾、ビワの収穫です。 写真のように少し早い(青い)が、6月1日に茨木へ帰るので、次回益田に帰る時には もう過熟で腐っている事と思い、やむなく収穫した。 今年初めて我家の木にビワがなったのです。それもたった6個。  そのうちやや熟れた3個がこれなのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

果樹病害虫防除

果樹病害虫防除 先月の防除に続いて、今月も摘果で傷害果、近接果や過密部分の摘果をした後、 病害虫防除を実施した。 病気は赤星病がナシに出ている。 但し、昨年の激発に 較べたら今年は遥かに少ない。  それでも一部にはかなりの多発部分もある(下の写真参照、果実に出ている所もあった)。 虫はアブラムシが少し出ている程度で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

果樹に寒害が発生した

果樹に寒害が発生した 今年の4月は日中は天候がよく、温度も高かったが夜間に気温が下がった。4月末頃カキ、ナシ、 リンゴなどの葉が黒くなり、チリチリに縮れているのに気が付いた。 当初病気になったのかな?と 思ったが自分の所だけでなく他所の家のものも縮れていた。 よくよく見ると道路の法面に生えている 天然のイヌビワやヤマウルシも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

果樹剪定

果樹剪定 果樹の剪定は大半は一月に済ませていたが、残っていた4本を 今回済ませて今年の終了とした。 今回の4本は  カキ   3本 (品種ハチマキ1本、富有2本)  スモモ 1本 である。 剪定の基本は  ①樹の中心に良く日が当たる様にする  ②私がもう若くないので樹高を低くする である。 15年ぐらい前…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今月の果物 もも

今月の果物 もも 今年のももは散々であった。 私のももは品種、黄金桃であるが、今年は春先から縮葉病が激発し、その後袋かけしたにも かかわらず、虫害、病害がかなり多く、果実も小さくて散々であった。 菊を栽培する人(老人)は、なかなか百点満点の菊が出来なくて、来年こそ、来年こそと 挑戦するので、長生きできると云う話があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

益田へ帰る 7月

益田へ帰る 7月 17日から3週間の予定で益田へ帰る。 今回の益田での仕事の計画は次の通り 1.集落の共同作業に出る : 例年盆前には集落の全員で道掃除をする。                     墓への道、皆が通る道などの草刈り、掃除、をする。 2.草刈り、草取り:我家の墓、畑、育苗圃、山への道の草刈りと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の収穫果実 すもも

今月の収穫果実 すもも 今年は山陰の気温がやや低く、すももの熟期が昨年より1週間ほど遅れた。 6月24日から収穫が始まって29日まで収穫した。 29日には生っている果実の半分程度しか 熟れなくて、残りは収穫できなかったが、大阪へ帰る予定日が30日であったので、近所の人に 収穫するようにと言って残して帰った。 結果的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の収穫果実 うめ

今月の収穫果実 うめ 今月、6月に収穫した果実はびっくりぐみ、うめ、あんず、すももである。 主たる物はうめ、すももであったのでこれらについて紹介する。 先ず、うめである。 昨年は5.1Kg収穫したが今年は12.5Kg収穫した。 1本の木から収穫したにしては上出来である。 品質も良く、私の妹や家内の兄妹に分けてあげた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

益田へ帰る 6月

益田へ帰る 6月 6月4日から3週間の予定で益田へ帰る。 今回の計画は 1.草取り、施肥: 野菜畑、育苗圃、果樹の下などの草取りと施肥。特に育苗圃には施肥をして  苗木の生育を促進する。 2.果樹袋掛け: もも、りんご、なし(二十世紀)に袋掛けをする。 3.挿木育苗:すぎ、ひのきの6月(梅雨期)の挿木試験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その他果樹

その他果樹 病害激発で苦しんでいる果樹以外の情報です。 柑橘:ダイダイ:順調に開花中    :夏みかん:今年初めて少しではあるが花が着いた。   この木の由来:     寒作り、寒作り下の山の下の一軒家に以前老女が一人で住んでいた。     平成10年頃の5月の連休に、私が帰省して母と寒作りの下草刈りに行った…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

果樹に病害激発

果樹に病害激発 5月17日に帰省して驚いた。 何と今年は病害が激発していた。 それらは 1.ナシに赤星病        2.モモに縮葉病        3.スモモにフクロミ病 それも激発である。 毎年5月の連休に病害虫剤を混合して散布しているが、今年は連休に帰れなかったので 散布が遅れてしまった。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

果物を収穫した 4月

果物を収穫した 4月 私は益田で毎月果物を収穫できるように植え付けている。 これら果物は、ほとんどが私自身で穂木を入手して 接木して育てた物である。 今月は14個の「小夏」を収穫した。 昨年は8個であったので木が成長した分収量は順調に増えた。 小夏は九州では日向夏、愛媛ではニューサマーオレンジと言われ、小夏と言うのは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

果樹植え付け

果樹植え付け 今回、キンカン、スダチ、スモモ(品種大石早生)を定植した。 これらは昨年の春、茨木市の我家の庭で接木して、活着したものである。 キンカン:近所のY家のキンカンは味が良いので有名である。 団地の4m道路を 挟んでY家とO家のほぼ同じサイズのキンカンの木があり、毎年同じように 実がなる。 これを収穫時期である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月(3月)の果物収穫

今月(3月)の果物収穫 私は益田で毎月果物を収穫できるように植えている。 難しいのは3、4、5月に何を収穫するかであるがその3月の果物を収穫した。 それはキンカンである。 今年の収穫量は600gであった。 良く熟れていて味は良いが、 昨年は1.1kg収穫したので今年は半減である。 原因はわからない。木はもう大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

果樹接木

果樹接木 春の彼岸は接木の最適期であるので次のような接木を実施した。 柑橘:  穂木・・デコポン、宮内伊予柑、清見オレンジ         デコポン、宮内伊予柑は愛媛県伊予市のS氏より穂木を入手。  台木・・実生柑橘、清見オレンジはダイダイに高接ぎした。 もも:  穂木・・黄金桃、白桃、カリカリもも  台木・・実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリの木に見たこともない害虫が

クリの木に見たこともない害虫が 小田の山の我家の墓の側のクリの木の幹が半分ほど真っ黒になっていた。 近づいて良く見ると黒い虫がビッシリとついている。 持っていた鎌でこすってみたが 容易には取れない。  しかし、虫、それもアブラムシであるとの感覚を持った。 冬に、しかも木の幹にアブラムシ が付くのは異常であるが、このまま放置…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ぶどう棚の作製

ぶどう棚の作製 古くなったぶどう(デラウェア)の棚を作りなおした。 従来の棚は主として作業する母の身長に 合わせて低い物であったが、今後は私が主体に作業する事になるので1.8mの高さに設定した。                杉の間伐材:ねこ車(一輪車)に乗せている                 杉の間伐材…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

果樹の剪定をした

果樹の剪定をした 先月の剪定時に残った果樹の剪定をした。 昨年   すもも:1本のみ生り、10日間程度で300個ほど採れた。 20個ずつ袋に入れて   近所に配り喜ばれた。   今年はもう2本もそれなりに生るのではないかと期待している。   かき:我家は裏、表年なく生ると言って近所で評判であったが昨年は不作であっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

果樹剪定

果樹剪定 この季節は果樹の剪定の時期である。  毎年のことで何も新味は無いが記録しておく。 剪定したもの  いちじく      4本  りんご       1本  あんず       1本  かき(太秋)    1本  びっくりぐみ    1本  うめ         4本  すもも        1本  な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

果樹(柑橘)の防寒をした

果樹(柑橘)の防寒をした 毎年の事であるが今年も寒さに弱い柑橘の防寒処理をした。          小夏の果実に袋かけをした。 袋は新聞折りこみに入ってくるパチンコ屋の広告を貼り合せて          自分で作った。   昨年は8個収穫したが今年は今のところ14個残っている。          収穫時期は来年5月で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

果物を収穫した

果物を収穫した 今回の帰省では次の果物を収穫した。 1.いちじく:帰省した初め頃はまだいちじくも沢山熟れ、15個或いは20個/日   くらい穫れ自分だけでは食べきれなくて、近所の人に収穫してもらった。 2.りんご:先月、未熟で残しておいた1個のりんごが熟れていたので収穫した。   無袋のふじ、いわゆる「サンふじ」である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more