樹木生育記録-2 記念樹  ’16年

樹木生育記録-2 記念樹  ’16年  私は、私の、あるいは弟妹達の家族の結婚、誕生、益田来訪などを記念し 苗木を定植して記念樹とし、看板を立ててそれらの成長を観察、記録して いる  また、その結果を関係者に報告して喜ばれている まだ、それらの中には小さい物が多く、胸高直径を測れないものもあるが、 年々測れるものが増えてきた ところが、植えた木に責任は無いが、植えた場所が意外に悪いところがあり、 予想に反して生育が悪く、関係者に不快な思いをさせているものもある   そういうものには施肥をして生育促進を図っている、又はより条件の良い 場所に移植しているが、まだ充分な効果が顕れていないものもある それらを年に一度、12月に測定して生育記録を取っている。 その結果を最近数年分を表示する。    1.Okamoto家(妹の嫁ぎ先)の木(来益田記念)  樹 種 ヒノキ  定植 ’93.05 測定 胸高 成長 年月 直径 率%      ’11.12 14.5 5.6 ’12.12 15.2 4.8 ’13.12 15.9 4.4 ’14.12 16.1 1.4 ’15.12 16.5 2.8 ’16.12 16.8 1.7 コメント:定植20年を過ぎた 生育は停滞している      ヒノキである事とやや密植であり日当たりが悪い 2.Kawasaki家(私の弟)の木(来益田記念)  樹 種 スギ  定植 ’93.05  測…

続きを読む

記念樹を植えた

記念樹を植えた 私の二男は桂二と云う。 よって、記念に山にカツラを植えているが今まで 2回植えて2回とも失敗した。 第1回目は2013年2月04日 報告 第2回目は2014年2月01日 報告 よって、今回3回目の苗木を購入して前回と同じ場所に定植した。                今回購入した苗木、樹高93cm 価格は2000円弱であった            ヒョロヒョロの心細いような苗であるが今回は切詰めずにそのまま植え付けた                   別角度から                  標識を作製した                  標識を立てて植付け完了 前2回が枯れた理由がはっきりしないので、同じ場所に植え付けるのに若干の心配があったが、 場所は南東向きの日当たりの良い棚で、活着すれば生育は良いと、考えられる。 もう一つ、この場所に拘ったのは、この棚は昔の棚畑の最上段で、私が2007年にこの土地を 購入した時にはここに大きな、胸高直径80cmもありそうな、コナラの木が3本生えていた。 ところがそれらがカシノナガキクイムシの食害を受けてあっという間に枯死し、しかも根元から 倒れたり、地上2mで折れたりししてなくなってしまった。 そうなると最上段の棚は剥き出しで 大雨が降れば、土砂崩れを起こしそうで、急に心細くなった。 そこで慌てて、スギ3本、ケヤキ1本、カツラ1本…

続きを読む

記念樹 2題

記念樹 2題 私の二男のために植えた記念樹(カツラ)と孫のために植えたドングリの発芽 状況を調査した 記念樹 その1 カツラ 私の二男の名前にカツラと云う字が付くので2004年12月にカツラの苗を定植した (2004年12月報告済) この木は順調に生育していたが、植栽地が高速道路に取られる事が分かったので 2013年2月に移植するために掘り上げ、安全な場所に移植した(20013年2月報告済) しかし、移植した木があっけなく枯れたので、2014年2月に新たに苗を手配して再度定植した それが2代目のカツラの苗である ところが、今回この苗を見に行ってその2代目が枯れている事を発見した 枯死していた2代目のカツラ 周りの太いのは支持棒                 同上 別方向から このカツラは困ったことになった 今年秋にはまた種苗店に注文して植え付けることにしたい 記念樹 2 コナラ 昨年、私の孫が万博記念公園に行って、ドングリを10個ほど拾って来た。 そして、私にこれを山に植えてほしいと云う。 そこで私の山の「姉ヶ平」と云う所に 植えた そのドングリが芽を出すかと思って4月に注意して見たが、結局出さなかった。 それが、5月に帰ってみるとあるある、出ているではないか。 嬉しくなってそれを写真に撮り、孫に送ってやった。 それが以下にU…

続きを読む

樹木生育記録-4 クス 他 ’14年

樹木生育記録-4 クス 他 ’14年   私が今意識して育てている広葉樹はケヤキ、クスノキ、カツラ、トチそれに クヌギである。 その他広葉樹はクリ、ヤマザクラ、タラ、ヤマモモ、コナラなど自然にどんどん生えて 来るので除伐の際、残せる物は残しているが、育てていると云う意識は低い。 ケヤキは別に報告したので、クスノキ、カツラ、トチ、クヌギについて報告する。 クスノキは11本育てているが、ケヤキと同様に日当りが良い物と悪い物、 土壌が良いもの、悪いものがあり、生育はバラついている。   最大のNo.2は直幹部8mが確保できた。No.3,No.4も生育は良好である。 以下に最近数年間の胸高直径を表示する。 1.クスノキ 全部自然生えである No.1 生育場所 姉ヶ平     測定 胸高 成長 年月 直径 率% ’09.12 3.2cm ’10.12 3.4  5.9 ’11.12 3.8 12.1 ’12.12 4.3 11.7 ’13.12 4.6  9.0 ’14.12 5.1  9.6  コメント:スギと激しく成長を競っている     No.2  姉ヶ平  測定 胸高 成長 年月 直径 率%    ’09.12 32.4  ’10.12 33.2 2.5 ’11.12 34.6 4.0 ’12.12 36.0 4.1 ’13.12 37.1 3.2 ’14.12 38.7 4.2   コメント:我…

続きを読む

記念樹を植えた

記念樹を植えた 昨年「大切な木を移植した」を(’23年02月4日)書いた この時はホオの木とカツラの木を移植した事を書いた ところがこの時に移植した2本とも枯れてしまった ホオの木はともかくカツラは私の二男の名前に由来する木で 大切に育てていた木なので非常に残念であった よって、もう一度植えようとして、9年前に購入した苗木屋に 注文して再度入手してもらった 約120cmのひょろひょろした苗木が届いた 料金は1500円、送料が1680円であった その苗木を1月に益田へ持って帰って、定植した                     購入したカツラの苗木                    樹高約120cm                     見えにくい写真であるがひょろひょろの苗木              益田へ持って帰るために主幹を切詰めた              記念樹の標識板               定植して標識板を立てた                楕円の中がカツラの苗木             定植時の苗木の状況 樹高 44cm 前の木は’04年12月に定植し、移植した時(’13年2月)には胸高直径5.7cm であったのでこの木も10年後にはそれぐらいに育ってほしいものである

続きを読む

大切な木を移植した

大切な木を移植した 昨年(2012年)11月と12月に書いたように、私の山に高速道路が通るらしい。 らしいと云うのは道路公団?、あるいは公的機関からなんら公式な連絡は なく、下請けの測量会社から連絡があり、私の山を案内し、境界を説明した からである。 その後、測量会社は2又は4人で山に入り、測量用の杭を打っている。 従って、間違いなく高速道路は通るものと考えられる。 そうなると、道路の範囲に何本かの大切な木がある。 それらは1、ホオの木 1本、、2、カツラ 1本、3、ケヤキ 6本、 4、記念樹のヒノキ 2本などである。 これらのうちで、ケヤキは既に大きくて移植は無理、ヒノキの記念樹は ヒノキの他の木に置換する事ができる。 そんな訳で、1、ホオの木 と2、カツラ を移植することにした。 1、ホオの木 この木は、茨木市の山の中に生えているホオの大木の下に生えていた苗を 友達に頼んで堀取ってもらったものである。 元の木は正確に測ったわけでは ないが、胸高直径が約70cm、樹高が約30m、枝下高が約15mと云う実に 堂々たる巨木である。 その子苗を2011年11月に私の山に植付けた。 その時の樹高が18cmであったが昨年12月に測定したら51cmまで 育っていた。             堀上げたホオの木 楕円の中               ホオの木を植付けた            植付けた木に目印の杖を立てた …

続きを読む

樹木生育記録-4 クス・カツラ・ホオノキ ’11年  携帯用

樹木生育記録-4 クス・カツラ・ホオノキ ’11年  携帯用 この文章は携帯でも読めるようにdataを簡素化してあります。 私が今意識して育てている広葉樹はケヤキ、クスノキ、カツラそれに 昨年11月に植えた1本のホオノキである。 その他コナラ、クリ、ヤマザクラ、タラ、ヤマモモなどは自然にどんどん生えて 来るので除伐の際、残せる物は残しているが、育てていると云う意識は低い。 ケヤキは別に報告したので、クスノキ、カツラ、ホオノキについて報告する。 クスノキは11本育てているが、ケヤキと同様に日当りが良い物と悪い物、 土壌が良いもの、悪いものがあり、生育はバラついている。   最大のNo.2は直幹部7mが確保できた。No.3,No.4も生育は良好である。 以下に最近5年間の成長率を表示する。 1.クスノキ 全部自然生えである No.1  生育場所 姉ヶ平     測定年月 胸高直径cm             ’07.12   2.9      ’08.12   3.0           ’09.12   3.2      ’10.12   3.4      ’11.12   3.8      コメント:日当たりを阻害しているコナラを枯殺したので成長率が向上した。     No.2  姉ヶ平     ’07.12  30.0      ’08.12  31.1      ’09.12  32.4      ’10.…

続きを読む

樹木生育記録-4 クス・カツラ・ホオノキ ’11年

樹木生育記録-4 クス・カツラ・ホオノキ ’11年 この記事は表が大きくて携帯では見難いと思います。 携帯でご覧の方は 携帯版 http://yosaku.at.webry.info/201201/article_5.html をご覧下さい。 私が今意識して育てている広葉樹はケヤキ、クスノキ、カツラそれに 昨年11月に植えた1本のホオノキである。 その他コナラ、クリ、ヤマザクラ、タラ、ヤマモモなどは自然にどんどん生えて 来るので除伐の際、残せる物は残しているが、育てていると云う意識は低い。 ケヤキは別に報告したので、クスノキ、カツラ、ホオノキについて報告する。 クスノキは11本育てているが、ケヤキと同様に日当りが良い物と悪い物、 土壌が良いもの、悪いものがあり、生育はバラついている。   最大のNo.2は直幹部7mが確保できた。No.3,No.4も生育は良好である。 以下に最近5年間の成長率を表示する。 1.クスノキ 全部自然生えである      生育場所  測定年月  胸高直径cm 成長率%   No.1   姉ヶ平                    ’07.12      2.9     3.6                ’08.12      3.0     3.3                     ’09.12      3.2     8.6                ’10.12      3.4 …

続きを読む

樹木生育記録-4 クス・カツラ・ホオノキ ’10年分 

樹木生育記録-4 クス・カツラ・ホオノキ ’10年 私が今意識して育てている広葉樹はケヤキ、クスノキ、カツラそれに 昨年11月に植えた1本のホオノキである。 その他コナラ、クリ、ヤマザクラ、タラ、ヤマモモなどは自然にどんどん生えて 来るので除伐の際、残せる物は残しているが、育てていると云う意識は低い。 ケヤキは別に報告したので、クスノキ、カツラ、ホオノキについて報告する。 クスノキは11本育てているが、ケヤキと同様に日当りが良い物と悪い物、 土壌が良いもの、悪いものがあり、生育はバラついている。   最大のNo.2は直幹部7mが確保できた。No.3,No.4も生育は良好である。 以下に最近5年間の成長率を表示する。 1.クスノキ 全部自然生えである      生育場所  測定年月  胸高直径cm 成長率%   No.1   姉ヶ平                    ’06.12      2.8     7.7                     ’07.12      2.9     3.6                ’08.12      3.0     3.3                     ’09.12      3.2     8.6                ’10.12      3.4     5.9 コメント:日当り悪く、生育も悪い。日当たりを阻害しているコナラを故殺した。     No…

続きを読む

樹木生育記録-4 クスノキ・カツラ ’09年

樹木生育記録-4 クスノキ・カツラ ’09年 私が今意識して育てている広葉樹はケヤキ、クスノキ、カツラである。 その他コナラ、クリ、ヤマザクラ、タラ、ヤマモモなどは自然にどんどん生えて 来るので除伐の際、残せる物は残しているが、育てていると云う意識は低い。 ケヤキは別に報告したので、クスノキ、カツラについて報告する。 クスノキは11本育てているが、日当りが良い物と悪い物、土壌が 良いもの、悪いものがあり、生育はバラついている。   最大のNo.2は直幹部7mが確保できた。No.3,No.4も生育は良好である。 クスノキ    全部自然生えである      生育場所  測定年月  胸高直径cm 成長率%   No.1   姉ヶ平                    ’06.03      2.6                ’06.12      2.8     7.7                     ’07.12      2.9     3.6                ’08.12      3.0     3.3                     ’09.12      3.2     8.6 コメント:日当り悪く、生育も悪い 下部の写真参照    No.2   姉ヶ平                    ’06.03     27.9                ’06.12     28.4   …

続きを読む