テーマ:山林

四国、松山へ行った

四国、松山へ行った 4月10日に四国の松山(正確には伊予市)に行った 理由は私の友達が11月末から病気で寝ているから見舞に行ったわけである この稿は友達の病気の事を書くつもりではない 四国の山の樹木について書くつもりである 交通は、大阪から高速バスに乗り舞子(神戸)から淡路島に渡り、吉野川に出て、川を遡り 阿波池田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点観察 姉ヶ平下

定点観察 姉ヶ平下 今まで、「私の山に高速道路が通る」で沢山記事を書いたが一応その件は終わったので 今後は私の従来持っている山について定点観察で書く。 ある意味で云えば、毎年12月に調査して書いている「樹木生育記録」がそれに相当する かと思う。                            略図 A、Bが高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の山に高速道路が通る-11

私の山に高速道路が通る-11 この2、3年「私の山に高速道路が通る」のタイトルで記事を書いた それももう11回になり、 いよいよ結論に近づいた 今回は、2月15日に国交省の人が二人家に来て「調書」の説明があり、それに基づいて 意見交換をした 調書の概要は 1、私の山は母名義の1筆と私名義の2筆が高速道路のルートに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山にドラム(太鼓)とトンネルを設定した

山にドラム(太鼓)とトンネルを設定した 前回書いた記事、「道刈り」の寒作り、寒作り下 の山へ行く500mほどの 里道にドラム(太鼓)とトンネルを設置した。 1、ドラム ドラムを設置したのは、クマは人間とバッタリ顔合わせすると、驚いて人間を襲う、 と云われている。 従って、遠くから人間が近づいてくる事を知らせるために …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道刈り

道刈り 毎年11月になると、その冬の仕事の前行程にあたる、道の草刈をする。 それは、いずれも私が今年の3月に行ってから、夏の間はクマ、ヘビ、八チ、 マダニなどを恐れて、だれも立ち入らない地区である。 11月になると、気温の低下と共にその危険性がグッと減るので、夏の間に伸びた 道の草刈りをして、冬の5ヶ月間その山に立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もカタクリの球根を植えた

今年もカタクリの球根を植えた 私は自分の山にカタクリを咲かせたいと思って今まで2回 2009年10月、2013年10月にカタクリの球根を植えた。 しかし、両年とも上手くいかず、今まで花が咲いた事はない。 よって、今年も球根を購入して植付けた。 球根は有名種苗会社に注文して、入手した。            送…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スギが大きくなった

スギが大きくなった この冬に私の奥の山「寒作り下」に3回ほど行き、下刈と補植をした。 この山は里道を歩いて約1時間~1時間15分かかり、その 里道が笹に覆われて、しかもクマが出ることは前に経験している (クマが柿の実を取って食べた跡、糞をした跡などを見た)ので 夏には行かないところである。 11月に里道の草刈りをして …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山林に施肥をした

山林に施肥をした 私は毎月書いているように、山に施肥をしている。 それと云うのは私の山、姉ヶ平は山の高い所で、1985年位までは 松林であった。 その頃山陰にも松枯れ(マツノザイセンチュウ/マツノマダラカミキリ) が急激に入り、どんどん枯れるので慌てて安値で売り払った。 その後に、スギを植えた。 前にマツが生えていたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の山に高速道路が通る-5

私の山に高速道路が通る-5 今迄に何度か近所を通る高速道路について報告した。 今回もそのプロジェクトの進行があったので、報告する。 11月6日に隣の集落の集会所で、地権者に対する説明会があった。 今回は地権者を対象であったのでかなり具体的なものであった。 約30人ほどが集まっていた。 つぎの図面を基本に、大型…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記念樹を植えた

記念樹を植えた 10月の20日に茨木の我が家で父の50回忌を実施し、その後 場所を移して、母の白寿の祝いをした。 実際には父の47年、母は95歳であったが母が元気で眼、耳、頭が 良い時に実施したいと思い、企画し実行した。 参集者は、私たち兄弟姉妹4人とその配偶者、私の息子と配偶者、 及び孫一人であった。(50回忌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カタクリの球根を植付けた

カタクリの球根を植付けた 私は2009/10/31のBlogに書いたがカタクリの球根を植付けた。 以後、毎年3~4月にかけて今年こそは花が咲くかと思って観察し、 その結果を書いてきた。 しかし、今年も咲かなかったので4年間咲かなかった事になる。 どうしてもカタクリを咲かせたいと思って、今年も球根を買った。 有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スギ、ヒノキの育苗

スギ、ヒノキの育苗 今年のスギ、ヒノキの育苗がほぼ確定したと思うので報告する。 1、スギ挿木育苗 今年、3月に挿木して育苗中であった苗木が、ほぼ活着したと思われるので調査した。 昨年迄、挿木(3月)、日覆い(3月)、覆い取去り(7月)、でやって来たが、7月の 覆い取去りでは、まだ十分に活着していない(根が十分でない)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の山に高速道路が通る-4

私の山に高速道路が通る-4 今月も帰って山に行ったついでに木の間を透かして見ると、林間道路に車が停まって いた。 あっ、やっているな、と思って行って見ると、今回は私の山ではなく隣の山で 真っ暗な木立の中で2人の男が測量をしていた。                林道に工事会社の車が停まっていた そこは、今まで高速…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の山に高速道路が通る-3

私の山に高速道路が通る-3 7月17日に益田へ帰ったら、すぐ18日に、高速道路の地質調査を 請負っているいる会社から電話があって、私の山に入って、地質調査を したい、と連絡してきた。 私は、植えて間がないヒノキが伐られたり、踏み荒らされては堪らないので すぐOKして、19日に現場に案内して、場所を確認した。 同時にその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’12年分 携帯用

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’12年分 携帯用 この記事は、データを簡素化し、表を小さくして携帯で読めるようにしたものである。 樹木は、1年経てば大きくなることは分かっているが、 本当に大きくなっているものか、また、一体どれぐらい大きくなるものか? 確認するために自分の山(林分)毎に標準木を決めて、その胸高直径…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’12年分

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’12年分 (この記事は、表が大きくて携帯の画面では見難いと思います、悪しからず。 携帯用には別に書きますのでそちらをご覧下さい) 樹木は、1年経てば大きくなることは分かっているが、 本当に大きくなっているものか、また、一体どれぐらい大きくなるものか? 確認するために自分の山(林分)毎に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

K家の土地に木を植えた

K家の土地に木を植えた 先月、’12.11月に書いたようにK家(私の家内の実家)の土地に木を植えた。 場所は2ヶ所あり、1ヶ所をA区とし他をB区とする。 それらの登記簿上の面積は A区(土地名 通称 しょうじ)約1000㎡(10a) B区(土地名 通称 瓦屋跡)約2300㎡(23a) である。 10月に森林組合に電話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の山に高速道路が通る-2

私の山に高速道路が通る-2 11月に「私の山に高速道路が通る」という稿を書いた。 今回、帰っていたら高速道路の下請け会社の測量会社と称するところから TELがあり、私の山に立ち入り、基準杭を打ちたいという。 私はOKして日程、時間を合せて落ち合った。 そして彼らの図面を見せてもらい 私の山を案内した。 私としては30~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

K家の畑に植林する

K家の畑に植林する 「益田へ帰る 10月」 に書いた親類(家内の実家、以後K家とする)の山、現況は畑、 笹藪であるが、に木を植える事を皆に提案して、承諾された。 理由は義兄、義姉が高齢であり、且つ二人とも体調が悪く、また、甥が 仕事で忙しくて管理できない事による。 畑は2ヶ所あり、便宜的にA区、B区とした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の山に高速道路が通る

私の山に高速道路が通る 10月11日に益田の我が家に帰ったら、郵便受けに色々なダイレクトメール、 益田市広報、水道、電気料金の通知等に混じって「三隅・益田道路の 測量作業に伴う民地への立入等についてのお願い」と云う手紙が入っていた。 開けてみると測量作業を請け負った業者から、我家の山に高速道路を通すので、 基準杭を打っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

益田へ帰る 2月

益田へ帰る 2月 2月13日から29日までの予定で益田へ帰る 年間で最も寒い季節ではあるが山林作業、特に植林には 重要な季節である 益田市での業務 2月 1・山林の地拵えとスギ、ヒノキの定植 今シーズンの予定ではあと100本余を2月、3月に定植する 2・山林の下刈りと補植 昨年、一昨年に植林…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山林地拵えと植林

山林地拵えと植林 1月の最重点事項は地拵えと植林であった。 以前に書いたように昨年11月に買い替えた刈払い機が馬力が強く、軽量で今月も 笹や潅木を楽々と刈って仕事が面白いように運んだ。 古い機械は笹に歯が立たなくて、笹刈りにはあまり役立たずであったが、新しい機械は 極めて有効であったので山に持ち込んで、夜もブルーシート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症?

認知症? 次の写真は何? わかりきったことだが鎌である、それも長柄の。 写真ではわからないが硬い草用の、鎌である。 どうしてこう云う事をのっけから書くかと言うと、ちょっと長くなるがそれは こういう訳である。                 新しく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地拵えして植林した-3

地拵えして植林した-3 3月には30本の植林をした。 たった30本であったのは、もう自分で育てた苗木がなかったからである。 これで今シーズンの植林は終わった。 昨年10月から今年3月まで、今シーズンに植えつけた苗木は 全部で240本になった。  これは当初、昨年7月頃、予定していた350本より大幅に少ない結果にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山に落葉を運んで積上げた

山に落葉を運んで積上げた 私の「姉ヶ平」の山の上部は25年前まではマツ山であった。 25年前頃にこの土地に松枯れが入り、どんどんマツが枯れるので 慌てて、捨て値で業者に売り、その後にスギを植えた。 ところが、ここにスギを植えたことは私の最大の失敗であった。 というのは マツが生えているということは日当たりは良いが、土地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地拵えして植林した-2

地拵えして植林した-2 先月もUPしたが今月もササ藪を刈ってスギ苗を植えつけた。 極めてササの密度が高い藪で、刈払い機では刈れないので部分的に 手刈りをして植えつけた。 今回(2月)は5日ぐらい作業して50本植え付けた。                 ササ藪は極めて密度が高い            …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暴風雪 その3:倒れた木と竹

暴風雪 その3:倒れた木と竹 2月10日から一週間ほど続いた低温、強風、雨(雪)の後に山へ行ってみると 方々で木や竹が倒れていた。 太い木や竹が倒れると言うことは我々には 大変危険なことであるが、幸い夜間に倒れ人的な被害はなかった。 また、倒れた木や竹で育てているスギやヒノキの幼木に悪い影響、例えば 下敷きになって折れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

益田へ帰る 2月

益田へ帰る 2月 2月9日から24日までの予定で益田へ帰る 年間で最も寒い季節ではあるが山林作業、特に植林には 重要な季節である 益田市での業務 2月 1・山林の地拵えとスギ、ヒノキの定植 今シーズンの予定ではあと100本余を2月、3月に定植する 2・果樹剪定、寒肥施用と棚の補修 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

益田から帰ってきた 1月

益田から帰ってきた 1月 1月13日から1月27日までの間、主として地拵え、植林をした。 今月は例年になく寒く厳しい2週間であった。 特に益田は いつもは風が吹いて寒いのに、今月は低温で寒かった。 幸い低温の割には積雪は少なかったので、山仕事をする上では 大きな問題にはならなかった。 地元の人もこの低温であまり外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

益田へ帰る 1月

益田へ帰る 1月 1月13日から1月27日までの予定で益田へ帰る。 寒い時ではあるが雨、大雪でない限り寒さは山林作業には大きな 問題にはならない。むしろ息が上がらないだけ作業は捗る。 益田市での作業予定 1月 1・山林地拵えとスギ、ヒノキ定植 今期先月までに110本植付けたが残り170本を定植するため 笹、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more