テーマ:育苗

山林樹木育苗

山林樹木育苗 私は何年も前から山林に植える苗木を自分で育てている(勿論足りない時には買っているが) 苗木を育てるには色々な方法があるが、今年は 1.種子から育てる方法 2.挿木により育てる方法 を実施した 1.種子から育てる方法  昨年、11月に山のスギの樹から毬果を採取し、雨の掛からない納屋の中で乾燥・追熟してき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿木育苗-2

挿木育苗-2 4月10日に益田に帰ってすぐ、3月に挿木した育苗圃を見に行った。 3月25日~4月10日まで私が留守にしていたので、その間水を遣っていなくてどうなっているか 心配であったからである。 心配は的中していて、3ヶ所の挿木床の内1ヶ所では僅か16日の間に沢山枯れていた。 1、畑に鹿沼土を敷いて挿木床とした所は問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿し木育苗

挿し木育苗 記事「私の山に高速道路が通るー13」で書いたように私の土地の代替地として 3430平米を入手することになる(まだ確定ではないが多分間違いないであろう) そのため、その土地に植え付けるスギの苗木が必要になるので「泥縄」ではあるが 挿し木をして苗木を作ることにした。 3430平米と云えば標準的栽植密度であれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山林苗木(スギ、ヒノキ)育成

山林苗木(スギ、ヒノキ)育成 1、スギ、ヒノキの播種 スギ、ヒノキとも、昨年は種子を採らなかったので、一昨年採って冷蔵庫で保管していた種子を使った。 旧い種子は若干発芽率が下がると云われているが、冷蔵庫に保管していたし、少しくらい発芽率が 下がっても問題ない、と思って使用した。 種子をポリの容器に入れ、水を入れて日陰で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の山林苗育苗圃の状況

今年の山林苗育苗圃の状況 今年9月現在の山林苗木の育苗圃の状況を報告する。 1.ヒノキ、スギ播種床 (1)今年播種したヒノキは小さい(5cm程度)が確実に発芽、生育している。 雑草に悩まされたが、除草して見ると元気である。 このままもう1年 育苗して、2年苗になったところで床替えをする。 今年播種した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山林苗育苗ー2 挿し木

山林苗育苗ー2 挿し木 山林樹木育苗 その2 は挿し木である。 今年はヒノキ苗はもう要らないと思うのでスギだけにした。 山の若木で姿、形が良くてスッキリと伸びているスギから枝を切ってきて 挿し木用穂木とした。 毎年の事ながら、これをする日は冷たい雨の降る日で、 今年も例外ではなかった。          …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山林苗育苗ー1 播種

山林苗育苗ー1 播種 山林苗木の育苗には「播種」と「挿し木」がある。 (以前には取り木を試した事が2年程あるが、最近は取り木はしていない) ここでは、今年の「播種」について紹介する。 昨年、11月に採っておいたスギとヒノキを毬果のまま日陰で干しておいた。 それが下の写真である。            日陰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スギ、ヒノキの育苗

スギ、ヒノキの育苗 今年のスギ、ヒノキの育苗がほぼ確定したと思うので報告する。 1、スギ挿木育苗 今年、3月に挿木して育苗中であった苗木が、ほぼ活着したと思われるので調査した。 昨年迄、挿木(3月)、日覆い(3月)、覆い取去り(7月)、でやって来たが、7月の 覆い取去りでは、まだ十分に活着していない(根が十分でない)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿木苗活着調査

挿木苗活着調査 今年の春、3月及び4月、に苗木育成のためスギ、ヒノキの挿木をした。 酷暑の夏を過ぎてその活着の調査をした。 挿木処理は4ヶ所で実施したのでそれらを挿木床別に活着状況を 報告する。 4ヶ所の場所とその挿木樹種、本数は次の通り 1、小田林間・・・・ヒノキ  210本 2、小田畑・・・・・ スギ   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキの種を播いた

ヒノキの種を播いた 3月は山林の育苗スタートの時期である。 私は苗木を買うには金がかかりすぎるので、毎年自分で育苗している。 育苗法には(1)播種による方法、 (2)挿木による方法、 (3)取木による方法 があるが(3)取木による方法は昨年、一昨年と実施したがその労力に比べて 成功確率が低く、効率が悪いので今年は(1)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラ、ヒノキ、スギ育苗/今年のまとめ

サクラ、ヒノキ、スギ育苗/今年のまとめ 今年のサクラ、ヒノキ、スギの育苗結果をまとめると 1サクラ(ソメイヨシノ)  取木 処理6本 活きているもの 4本 処理時期 3月  挿木 処理20本 活着 0 処理時期 6月 挿木床(菊鉢) 鹿沼土 遮光ネット あり 総括(サクラ)  資料には6月の挿木は容易、とあったが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿木、取木育苗・スギ、ヒノキ

挿木、取木育苗・スギ、ヒノキ 4月も3月に続いてスギ、ヒノキの挿木、取木処理をした。 1.挿木 ヒノキを4月15日、スギを16日にそれぞれ100本処理した。 発根促進剤、濃度、浸漬時間等は3月に同じ。 但し、挿し付け床は 山の林間で赤土で粘土質の土壌である。 昨年同じ場所でヒノキの活着率 が良かったので今年も期待でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ取り木育苗

ヒノキ取り木育苗 挿木育苗に続いて取木育苗の処理をした。  取木の良いところは もし成功すれば一挙に大苗を得られることである。 昨年、初めて取木育苗処理をしたが結果は散々であった。 その理由は 昨年夏の異常高温と乾燥にあると思っている。 今年は何とか成功させたい と考えて再度挑戦した。 取木育苗の処理法 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ挿木育苗

ヒノキ挿木育苗 今シーズン(’10年10月~11年3月まで)の植林が終わると同時に、 来シーズンの苗木作りを開始した。 私がやる育苗法は 1.播種:スギ、ヒノキの種を採って播き苗を作る 2.挿木育苗:スギ、ヒノキの枝を挿木して苗を作る 3.取木育苗:スギ、ヒノキの枝に傷を付けてそこから発根させ苗を作る 4、山引き苗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取り木育苗 サクラ(ソメイヨシノ)

取り木育苗 サクラ(ソメイヨシノ) ヒノキに続いて 5月末に実施したサクラ(ソメイヨシノ)の取り木の結果を調査した。 サクラの取り木は私にとって初めての経験で今年は試験のつもりで6本(ヶ所)だけ 処理をした。                 5月に処理した状態-1                  5月に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取り木育苗 ヒノキ

取り木育苗 ヒノキ 今年3月に実施したヒノキの取り木育苗についてその結果を報告する。 初めに3月に処理したときの様子。 ヒノキの枝を1cm程度剥皮し、そこへ 水を含ませた水ゴケを巻きつけ、ポリのシートで覆って水が乾かないように して、6ヶ月間KEEPした。                   今年3月に処理した直後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「失望・落胆」の夏-2

「失望・落胆」の夏-2 前報告で根が充分でない稚苗、挿し木苗が高温・乾燥で枯れたことを書いた。 根が充分でないのはそれだけではなく、育苗圃で育てている幼苗もそうであった。 育苗圃では次シーズン(’10年10月~’11年3月)山行きになる苗木だけでなく 次次シーズン(’11年10月~’12年3月)更にその次のシーズンに山行…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「失望・落胆」の夏-1

「失望・落胆」の夏-1 8月9日まで益田にいて、今回益田に帰ったのが29日であるから約3週間益田を留守に したことになる。 この間、今年は全国的に高温、乾燥が続いた夏であった。益田も例外ではなく29日に 帰ってみて育苗中の山林苗がどっと枯れていて激しい失望を感じた。 ムリも無い。3週間も雨が降らず、水を遣る主人もい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

育苗圃が大変だ

育苗圃が大変だ 今回、7月22日に帰省してみると家の周り、野菜畑、育苗圃など雑草が激しく 繁茂していた。 前回7月1日まで益田にいたので3週間ぶりに帰ったらこの有様だ。 その間、7月17日に梅雨が明けたわけであるが、今年は梅雨期間に大雨が何度も あり、益田市の西部では大河の高津川が氾濫の危機に瀕して住民に避難勧告が 出…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒノキ育苗途中経過

ヒノキ育苗途中経過 今年春に実施したヒノキの育苗について途中経過を観察したので報告する。 1.取り木 取り木はいわゆる「空中取木」というやり方で約60本実施した。  私にとって初めての経験で自信はない。 結果は下の写真のように  約20本が枯れていた。 これは水ゴケで巻く部分の形成層を削りすぎた  からかもしれない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

育苗での実験

育苗での実験 佐藤大七郎という元東大の教授だった人が昭和58年に書いた「育林」と 言う本を持っている。 どうしてこの本を持っているのか分からないが過去に1,2度読んだ 記憶がある。 今回、何気なくこの本を手にとって読んでみると、現在私がやっている事と内容がよく 一致し、大変参考になる事を発見した。 読み進んで行く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ取木育苗-2

ヒノキ取木育苗-2 4月の重点目的であったヒノキの取木処理をした。 3月には用意できていなかったので、発根素材にキッチンペーパーを使用したが今月は 水ごけを用意して帰ったのでこれを使用して処理した。 処理は枝に0.5~1cmほど離してグルット切れ目を入れ、この間の皮を剥ぎ取る。  この際形成層まできれいに剥ぎ取るのがコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ取木育苗

ヒノキ取木育苗 山林用苗木の育苗法には 1.種から育てる方法 2.挿し木育苗 3.山採り苗を育てる方法 4.取木により育てる方法 がある。 私はこの内1~3は毎年やっており、珍しい方法ではない。 今年、初めて4.取木による育苗法を試験的にやってみた。 この方法は一挙に多量の苗を育てる方法ではないが、成功すれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ種子

ヒノキ種子 昨年10,11月に採集したヒノキの球果を、室内で追熟させていたものがすっかり 変色し、追熟したと思われるので種子と殻を分離した。                追熟を終えたヒノキの球果 分離した種子は下の写真だけ採れた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のヒノキ挿し木育苗・結果

今年のヒノキ挿し木育苗・結果 今年の3月に五郎四郎の林間と小田の畑にヒノキを挿し木した。(報告は4月 ヒノキ挿し木ー1、-2) 9月になり6ヶ月経過したので日除けを取外して活着状況を調査した。 結果は次の通り   場所   挿し木(3月)  活着(9月)  活着率  五郎四郎  160本     32本   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のスギ、ヒノキの育苗状況

今年のスギ、ヒノキの育苗状況 山林への苗木の植え付けは3月にそのシーズンを終る。 終ると同時に翌年の苗の育苗が始まる。 今年も我家の育苗圃、細切れで6ヶ所に分かれているが、では育苗が始まっている。 苗は①種から育てたもの ②挿し木で育てたもの ③山採りしたもの の3種ありスギ、ヒノキ 合計で1200本ぐらいはあるか…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大変だ! 育苗圃の土が盛り上がってきた

大変だ! 育苗圃の土が盛り上がってきた 今回、5月23日に小田の山の育苗圃を見に行って驚いた。 ヒノキ挿木圃場、 ヒノキ播種床などの床土が盛り上がって一部は割れ目が出来ている。 モグラが下を這い回った坑道のあとである。 まだ根も充分に生えていない挿木、 発芽したばかりの苗木、どれも苗が浮き上がって、枯れる恐れがある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨水貯水装置を修理した

雨水貯水装置を修理した 3月に書いたように、雨水貯水装置が3月の台風並の風で壊れたので修理した。 ここ(小田の育苗圃)は丘の上にあり、日当りは良いが水はない。 よって、雨水を 集めて水遣りに使うために作った装置で、2基ある。 粗末な作りで、廃トタン板と割竹を 組合せて集水しポリタンクに貯水する。 そのポリタンクも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風並の風が吹いて

台風並の風が吹いて 3月17日に益田に帰って見ると、裏の納屋のトタン屋根がめくれて 風が吹くたびにガタガタ鳴っていた。 また、裏庭の竹ざお、棒杭など も激しく散乱していた。 激しい風が吹いた後遺症である。 近所を見ると、駐車場の屋根が壊れている、イノシシ垣のトタン板が散乱している、 山の中の家が壊れて大工が修理中、など…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

来年用苗木 山採り苗

来年用苗木 山採り苗 植林用苗木の育成には1.種を播いて苗を作る 2.挿木で苗を作る 3.山から自然生えの 苗木を採ってくる がある(ヒノキ播種、4月1日参照)。 1と2は既に報告したので3を紹介する。 私の山「五郎四郎」はヒノキを植林して13年になる。 この山の林床には小さなヒノキの 苗木が沢山自生している。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more