テーマ:森林

スズメバチに対するハニートラップの設置

スズメバチに対するハニートラップの設置 例年、年の前半と後半の2回設置しているハニートラップ前期分を今年も設置した。 中に入れた誘引剤は清酒150:食酢50:砂糖60の割合で混合した。 トラップの容器は 500ml~1000mlのPETボトルを使用した。                設置前の容器 設置場所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハニートラップのスズメバチ調査 今年の後期分

ハニートラップのスズメバチ調査 今年の後期分 7月の終わりにセットした後期分のハニートラップを調査した。   山林        設置場所      捕獲スズメバチ・他    小田          下           中型スズメバチ 4匹                                上   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山道の草刈

山道の草刈 今回は2箇所の山道の草刈をした。 二艘舟及び寒作りへの道である。 両所とも今は山へ入る人は いないので(私以外には)私が処理しないことには入ることは 不可能である(私が処理した後はイノシシ猟師が少しは通るようであるが)。 二艘舟の道は平坦な土地で、カヤ、セイタカアワダチソウ主体、ノイバラと サルトリイバラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記念樹の設定

記念樹の設定 今年、夏休みになると同時に名古屋の弟夫婦が娘夫婦、孫を連れて 帰省した。 生憎の天候で海水浴、釣りはさっぱりであったが帰省記念に 娘夫婦の家族の記念樹を設定した。 木は今年春に「五郎四郎」の山に植えておいたヒノキで樹高48cmである。 すぐ「K家の木」の看板を立てて、今後は私が管理する。 記念樹は 毎年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カシナガの被害拡大

カシナガの被害拡大 山陰地方のナラ類を枯損するカシナガ(カシノナガキクイムシ)の被害が拡大している。 私の山、「姉が平下」でも今回高いところから見ると大木が冬でもないのに落葉して 枯死している。 皆コナラの木である。しかも例外なく大木である。 今年は気候のせいか特に多いようである。 自分はナラの木は、椎茸のホダ木に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スズメバチのハニートラップ調査 今年前期

スズメバチのハニートラップ調査 今年前期 今年5月に設置したハニートラップ(前期分)を調査した。 全部で5ヶ所の山林に各2ヶ所づつ設置したので合計10ヶ所の トラップを調査した。 結果:   山林場所        設置位置           捕獲状況   小田          下            スズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草刈人

草刈人 以前、blogの中でひゃくしょうの事を「草取人」あるいは「草刈人」と書いてはどうだろう、と書いたことがある。 今月も将に「草取人」あるいは「草刈人」をやった。 例年は7月と11月に草を刈っていた。 しかし、最近山へ行く道が草ボウボウで へびやハチが出そうで心細かった。  近所の若い衆(*)が草は早め早めに刈…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ケヤキが発芽した

ケヤキが発芽した 今年3月に植えつけたケヤキ苗のその後を見に行った。 出た!出た!新芽がでた。                  新芽を出してきた  写真の中央、植樹杖の右側に丸い幹の切り口があり                  その周りに新芽が出ている    画面上でクリックして拡大して見よう …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スズメバチ誘殺装置(ハニートラップ)を設置した 春季分

スズメバチ誘殺装置(ハニートラップ)を設置した 春季分 今年もスズメバチ誘殺装置(ハニートラップ)春季分を設置した。 誘引剤は例年と同じく次の通りである。 日本酒 150  食酢 50 砂糖 60  の割合。 設置場所は私が年間通じてよく行く次の5つの林分で、場所は各林分の 東西、南北、上下など対称の2ヶ所とした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新緑-2

新緑-2 同じく広葉樹の新葉。 私の最も好きなケヤキとトチ                  ケヤキ                  ケヤキ 若木の全体図                   ケヤキ 別角度から  トチはまだ幼苗で育苗圃での新葉である。         …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑-1

新緑-1 私は林業家の端くれであるから主として針葉樹、スギ、ヒノキを植林している。 しかし、それだけでは面白くないので数種の広葉樹も植林、育林している。 この季節は新葉の美しい季節で、特に広葉樹の新葉が美しい。 数種の広葉樹の新葉を写してきた。                カツラの新葉 ハートのような新葉であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木処理 「 姉ヶ平下」

雑木処理 「 姉ヶ平下」 ’07年(平成7年)10月に購入した山林、「姉ヶ平下」は雑木山である。 これを5年ほどかけてヒノキ山に立て変える為に昨年から手をつけている。 その為には雑木を処分しなければならないので、今年も雑木処理をした。 雑木を処理するには1.伐倒する、2.枯殺処理する があるが私はこの2方法を 使い分け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「寒作り下」、今年の重点地区

「寒作り下」、今年の重点地区 11月から2月までにここにスギを植えた。  中央、右上は倒れた竹をかい潜って、あるいは掻き分けて植えた。 あと50本でここは植林完了であったが、今年の植林はこれで終りである。  理由は今年育てた苗木が尽きてしまったからである。 苗木がなくてはどうしようもない。 来年残りを植えてここは…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

シイの樹洞

シイの樹洞 昨年、「寒作り下」の山で、フクロウが巣を作り、雛を育てていた木の洞を 覗いて見た。 今年はまだ巣を作っているようには見えない。               今年はまだフクロウが巣を作っているようには見えない しかし、穴の底には風で吹き込まれたのか木の葉、竹の葉などが運び込まれたような 感じがあ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

植樹杖

植樹杖 これはスティックである。  しかし、私が年を取ったから使う物ではない。 自分で「植樹杖」(うえきつえ)と名付けて植樹する時に使用する杖である。 材料は篠竹で、長さ50~60cmに切り、上部を白ペンキで塗って、 元は尖らせてある。 これをスギ、ヒノキなど苗木を植える毎に、植えた印に側に1本ずつ 立てていく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年、明けましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます 今年もorang hutanは頑張ります。 4月までは植林に取組みます。 ターゲットは寒作り、寒作り下、姉ヶ平下(いずれも地名)です。 それ以後は雑木の伐倒、笹薮の下刈り。 対象地は姉ヶ平下と します。 また、育苗圃で播種、挿木それに山採り苗の育苗に努め、10月から の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

寒作り下 の現状

寒作り下 の現状 昨年(今年の4月まで)重点地区として取組み、竹の伐倒、スギの植え付けをやった「寒作り下」 に4月以来7ヶ月ぶりに行き、現状を見て、一部は草刈り、スギの植付けをした。   1年のうちに雑草がドッと生えた。竹は伐倒した後グリホサート処理をしたため低いのが 10本程度再生しただけでグリホサートの効果は高い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カシナガの被害が拡大している

カシナガの被害が拡大している カシナガと言うのはカシノナガキクイムシの事で、ナラ、シイ、カシなどの 大木の地際に幼虫が食入し、そこからフロスと言う白い排出物を出しながら、 これらの木を枯殺する害虫である。 今、山陰では被害が拡大しており、松のマツノザイセンチュウさながらの 問題になっている。 私が昨年買った山でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草刈り

草刈り 今迄、何度か百姓と云うものは「草取る人」あるいは「草と闘う人」と 書くべきではないかと云ってきたが今月も草と闘ってきた。 寒作りへの道 ここは里道である。 しかし、最近この奥で山仕事をする人は私しかいなくて、従って この道を通る人は私だけで、その私も4月以後一度も通っていない。 しかも、都合が悪い事にはこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

益田へ帰る 9月

益田へ帰る 9月 9月10日から2週間の予定で益田へ帰る。 前回の帰省(7月17日~8月11日)があまりにも暑くて、その後夏バテが激しく、 (夏バテだけでなく加齢による弱りもあると思う)約1ヶ月もの間茨木にいたが、やっと体力、 気力が回復し、気候もやや涼しくなり、こうしてはいられないとの危機感もあって今回の 帰省を決め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百姓とは・・・

百姓とは・・・ 以前から農家、林家が草との闘いに多大な労力を費やしているのを知っていた。 特に春、それも5、6、7月である。今年も例年通りと草と格闘した。 家の周り、野菜(果樹)畑、山林苗育苗圃、山(山への道)でこの5月~7月の間 草取り、草刈りに追われた。 暑い季節で麦わら帽子を被っていても汗が吹き出て仕事になら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズメバチ誘殺調査 前期

スズメバチ誘殺調査 前期 今年前期のスズメバチモニタリングの調査を実施し、後期調査のために新しく誘殺液をセットした。 調査結果は次の通り    場所  位置          結果            小田    下      スズメバチ大(4.8cm)・2匹  小(3。0cm)・1匹   小田    上      スズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごめんなさい

ごめんなさい その後、観察していないのです。 今年、3、4月に「珍しい鳥がいた」と題してふくろうとその雛のことを何度か書いた。 その事を見ていてくださった方2、3人から”雛は無事巣立ちましたか?”との質問を受けた。 その件で”ごめんなさい”と云わなければならないので若干説明してお詫びする。 実は、その珍しい鳥がいた山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「姉ヶ平下」の山の笹薮処理

「姉ヶ平下」の山の笹薮処理 「姉ヶ平下」の山の里道から下は主に笹薮である。それも極めて高密度の笹薮で、先月、その前の月も 刈払い機で刈取りを試みたが笹があまりにも濃密で不成功に終ったところである。 今回は火をつけて焼く積りで行った。 焼くためには、山の中であるので火事にしないように十分に注意する必要がある。 よって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「姉ヶ平下」の山の雑木処理

「姉ヶ平下」の山の雑木処理 昨年10月に購入した、姉ヶ平下の山の里道より上は現在雑木林である。  これを今年の秋からヒノキ山に作りかえる為に雑木の処理を開始している。 その為に小さな雑木は手鋸で伐倒し、大きな雑木はグリホサートを使用して巻き枯らしをかけた。                          処理する前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笹薮下刈り 姉ヶ平下

笹薮下刈り 姉ヶ平下 今回、5月はほとんど山の下刈りはできなかった。 実は、姉ヶ平下の下刈りをする積りで刈払い機を担いで行った。  しかし、実際にはほとんど仕事をせずに逃げ帰った、と言うのが真実である。 次の写真は4月に刈倒しておいた所の笹が枯れている状況である。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今年の最重点地区 寒作り下の整備

今年の最重点地区 寒作り下の整備 2月、3月にも同じタイトルで書いたが同じ「寒作り下」の向かって右側の手入れをした。 ここは一昨年冬に竹を切り、あるいは枯殺処理をして倒れた竹の間に杉苗を植えた。 ところが、その後枯殺処理しておいた竹が倒れて写真のように何重にも折り重なり、杉苗は埋まってしまった。           …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒作り 雑木、竹の除伐

寒作り 雑木、竹の除伐 ここは1975年頃、杉を植え付けた所であるが、初期の手入以後、この15年ほど何の手入もしていなくて、 3年ほど前から杉の間に侵入した竹を除伐している。  一応、除伐は済んだと思っていたのでこの冬は何もしなかったが、様子見に行ったところ、新たに竹が生えたり、 竹を除伐した結果、雑木が急に大きくなった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姉ヶ平下 の整備を本格的に開始した・・2

姉ヶ平下 の整備を本格的に開始した・・2 姉ヶ平下 の笹刈りを開始した。 ロープを使って下の段に下り、刈払い機を使用して刈った。  しかし、前にも書いたように、ここは10年以上も放置されていた所で、笹竹は太く、長く 且つ、高密度で刈払い機の回転が止まる事や、笹竹が刈っても倒れない事も多く、その都度 機械を止めて押し倒す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姉ヶ平下 の整備を本格的に開始した

姉ヶ平下 の整備を本格的に開始した 昨年秋に購入した山林、「姉が平下」 の整備を本格的に開始した。 ここは昔の棚田を放置した事で笹薮、雑木林になったところで、元の田の段が段々に なっている。 従って、上の段から次の段、又その下へと下りていくのに崖を下りなければ ならない。 しかもここは猛烈な密度の笹薮である。 当初、笹を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more