テーマ:スギ、ヒノキ

樹木生育記録-2 記念樹  ’16年

樹木生育記録-2 記念樹  ’16年  私は、私の、あるいは弟妹達の家族の結婚、誕生、益田来訪などを記念し 苗木を定植して記念樹とし、看板を立ててそれらの成長を観察、記録して いる  また、その結果を関係者に報告して喜ばれている まだ、それらの中には小さい物が多く、胸高直径を測れないものもあるが、 年々測れるものが増え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’16年分

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’16年分   樹木は、1年経てば大きくなることは分かっているが、 本当に大きくなっているものか、また、一体どれぐらい大きくなるものか? 林業家は誰でも知りたい事である。 ’16年も12月に生長を確認するための計測を実施した。 方法は山(林分)毎に5本の標準木を決めて、毎年12月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’15年分 

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’15年分   樹木は、1年経てば大きくなることは分かっているが、 本当に大きくなっているものか、また、一体どれぐらい大きくなるものか? 林業家は誰でも知りたい事である。 ’15年も12月に生長を確認するための作業を実施した。 方法は山(林分)毎に5本の標準木を決めて、毎年12月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

期待、 まだ小さいが

期待、 まだ小さいが 今回の帰省中(7月16日~8月4日)に新聞(山陰中央新報)に木材輸出に関する 記事が2回載った。 その2回とも鳥取県の八頭町の森林組合が韓国にスギ、ヒノキの丸太 を試験輸出すると云うものであった                  上が7月18日、下が8月1日の新聞記事 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひゃくしょうとは「草取る人」

ひゃくしょうとは「草取る人」 私は以前から「草取る人」と書いて、ひゃくしょう と読むべきだと思っていて、このBLOGの記事にも 何度か書いた事がある。 特に、5、6、7月にはそうである。 と云うのはその間は猛烈な勢いで 雑草が生え、その草取りが管理者、ひゃくしょうの仕事になる。 7月にも私は「草取る人」になった。 草取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山林苗木(スギ、ヒノキ)育成

山林苗木(スギ、ヒノキ)育成 1、スギ、ヒノキの播種 スギ、ヒノキとも、昨年は種子を採らなかったので、一昨年採って冷蔵庫で保管していた種子を使った。 旧い種子は若干発芽率が下がると云われているが、冷蔵庫に保管していたし、少しくらい発芽率が 下がっても問題ない、と思って使用した。 種子をポリの容器に入れ、水を入れて日陰で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心配していたことが・・・

心配していたことが・・・ 今シーズン(’14年11月以後)クマのスギ、ヒノキに対する剥皮被害について何度か記事を書いた。 特に、先月(1月、記事は2月初め)には剥皮によって樹木が枯れることはない、と書いた。 しかし、2月に山の下刈に行ってスギの若木が真っ黒になって枯れているのを発見した。 寒作り下の山の約1.5mほどのス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スギ、ヒノキのクマによる皮剥ぎ被害の将来

スギ、ヒノキのクマによる皮剥ぎ被害の将来 昨年、11月に初めてクマによるスギの皮剥ぎ被害を報告した。 その事がずっと気になっていたので、被害を受けた木はその後どうなるのか 先例を観察して、今後を予想した。 最初に観察したのは数年前、恐らくは4年以前、に被害を受けたヒノキの現状を 良く観察した。 観察の結果、剥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹木生育記録-5 K家の山 ’14年

樹木生育記録-5 K家の山 ’14年 ’12年12月に植えたK家(家内の実家)の山の木を、今後継続して生育調査する 事にしており、3年目の測定をした。 1.A区(しょうじ) 植林樹種 スギ 指標木5本の平均値 測定  年月 直径又は樹高 ’12.12 樹高50.0cm ’13.12 樹高61.0 ’14…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の山林苗育苗圃の状況

今年の山林苗育苗圃の状況 今年9月現在の山林苗木の育苗圃の状況を報告する。 1.ヒノキ、スギ播種床 (1)今年播種したヒノキは小さい(5cm程度)が確実に発芽、生育している。 雑草に悩まされたが、除草して見ると元気である。 このままもう1年 育苗して、2年苗になったところで床替えをする。 今年播種した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の山林苗木生育の状況

今年の山林苗木生育の状況 3月の彼岸に播種、挿し木したスギ、ヒノキのその後を報告する。 先ず、播種である。 スギ、ヒノキとも期待通り発芽し、生育中である。 但し、雑草も多く発生して、苗が見えないほどであったので除草して、 液体肥料を薄めて施用し、遮光ネットをかけておいた。                  こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山林苗育苗ー1 播種

山林苗育苗ー1 播種 山林苗木の育苗には「播種」と「挿し木」がある。 (以前には取り木を試した事が2年程あるが、最近は取り木はしていない) ここでは、今年の「播種」について紹介する。 昨年、11月に採っておいたスギとヒノキを毬果のまま日陰で干しておいた。 それが下の写真である。            日陰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スギ、ヒノキの育苗

スギ、ヒノキの育苗 今年のスギ、ヒノキの育苗がほぼ確定したと思うので報告する。 1、スギ挿木育苗 今年、3月に挿木して育苗中であった苗木が、ほぼ活着したと思われるので調査した。 昨年迄、挿木(3月)、日覆い(3月)、覆い取去り(7月)、でやって来たが、7月の 覆い取去りでは、まだ十分に活着していない(根が十分でない)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おっ 来た!来た!

おっ 来た!来た! 今年の3月、彼岸、に播種、挿木したスギ、ヒノキの育苗圃の状況を 調査した。 1、ヒノキ播種床 ここの日覆いをはね上げて覗いて見て思わず「おっ 来た!来た!」と 叫んでしまった。 沢山のヒノキが発芽しているではないか。 播種したので発芽するのは 当たり前であるが、実はこの種は昨年秋に収穫したも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

K家の畑に植林する

K家の畑に植林する 「益田へ帰る 10月」 に書いた親類(家内の実家、以後K家とする)の山、現況は畑、 笹藪であるが、に木を植える事を皆に提案して、承諾された。 理由は義兄、義姉が高齢であり、且つ二人とも体調が悪く、また、甥が 仕事で忙しくて管理できない事による。 畑は2ヶ所あり、便宜的にA区、B区とした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿木苗活着調査

挿木苗活着調査 今年の春、3月及び4月、に苗木育成のためスギ、ヒノキの挿木をした。 酷暑の夏を過ぎてその活着の調査をした。 挿木処理は4ヶ所で実施したのでそれらを挿木床別に活着状況を 報告する。 4ヶ所の場所とその挿木樹種、本数は次の通り 1、小田林間・・・・ヒノキ  210本 2、小田畑・・・・・ スギ   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more