テーマ:ヒノキ

定点観察

定点観察 昨年、初めて山のスギ、ヒノキにクマ剥ぎの被害が出た、と報告した。 今年は新たに被害を被った木は無かったが、昨年の被害木が少し治癒したように見えたので 今後数年かけて定点観察し、その傷跡はどうなるのか記録に残すことにした。 最初はスギである               スギ 今年の状況  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セイタカアワダチソウとアロレパシーについて-2

セイタカアワダチソウとアロレパシーについて-2 先月、掲題の件でグリホサートを処理した、と報告した。 1月15日に、処理1ヶ月になるので土地を管理してもらっているHKさんに電話して、効果を見てもらった。 HKさんによると効果はバッチリで良く枯れていると。 私は農薬メーカーに問い合わせて、50倍希釈なら良く効くと聞いてはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セイタカアワダチソウとアロレパシーについて

セイタカアワダチソウとアロレパシーについて 2012年12月30日にK家(私の家内の実家)の山に植樹した、と報告した。 K家の山は2ヶ所あり、1ヶ所をA区、他方をB区とした。 今回はB区で問題が起きているのでその問題について、技術的に詳しく説明する。 ここの作業は私が請け負って草刈りなどの作業はこの山のすぐ側に住んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ林の枝打ちをした

ヒノキ林の枝打ちをした 10月12日から、五郎四郎(山の名前)の植林19年のヒノキの枝打ちをした。 作業は気温が低い方がやり易いので一日の気温が低い日に実施した。 枝打ちは梯子を昇り降りする作業のため、平面を移動しながら作業する草刈りと違い、 ずい分草臥れる作業で、結局、気温が低い間の5日間、午前中だけ実施した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明るい兆し 少し

明るい兆し 少し 2月の新聞「山陰中央新報」によると、2012年度の浜田港と韓国・釜山港を結ぶ 定期コンテナ船による、貨物取扱量が総量で4.1%減少し2199本(20フィート コンテナ換算)になった。 これは円安で輸入が減少した結果である。   但し輸出は33.2%増加し1067本に達し、2年連続で過去最高を更新した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

K家(私の家内の実家)の山にヒノキを植えた

K家(私の家内の実家)の山にヒノキを植えた 私の家内の実家の山にヒノキを定植した。 ここは2年前に400本のヒノキを定植した所であるが、どうしたわけかその多くが 枯れてしまった。 そこで、先月(’14.12月)に200本、今月(1月)に150本のヒノキを森林組合から 購入して、定植した。 12月も1月も幸い天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’14年分

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’14年分  樹木は、1年経てば大きくなることは分かっているが、 本当に大きくなっているものか、また、一体どれぐらい大きくなるものか? ’14年も12月に生長を確認するための作業を実施した。 方法は山(林分)毎に5本の標準木を決めて、毎年12月にその胸高直径を 測定して、年間の生育…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキの枝打ちをした

ヒノキの枝打ちをした 1、枝打ち 10月9、10日とヒノキ林の枝打ちをした。  枝打ちは、地面を左右に移動しながら刈る草刈りと違って、地面から垂直に 梯子に登って行くので、疲れが激しく、加えて11日から台風19号が来たので 結局、1.5日しか作業をしなかった。 しかし、これで3年連続で作業したので、かなり下枝を打ち上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹木生育記録-5 K家の山 ’13年

樹木生育記録-5 K家の山 ’13年 ’12年12月に植えたK家(家内の実家)の山の木を、今後継続して生育調査する 積りで、2年目の測定をした。 1.A区(しょうじ) 植林 樹種 スギ 位置 測定年月     ’12.12 ’13.12 No.1樹高51.0 55.0 No.2   57.0 67.0 No.3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’13年分

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’13年分  樹木は、1年経てば大きくなることは分かっているが、 本当に大きくなっているものか、また、一体どれぐらい大きくなるものか? 確認するために自分の山(林分)毎に標準木を決めて、その胸高直径を 毎年12月に測定して、年間の生育記録を取っている。 ’13年も12月にこの作業を実施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スギ、ヒノキの種を採った

スギ、ヒノキの種を採った 10月から11月にかけてはスギ、ヒノキ採種の適期であるので 種を採った。 スギは間伐した木から採種した。 生重で800g採った。 ヒノキは枝打ちした木から採った。 こちらは生重で600g採った。 この毬果を日陰で3か月ほど乾燥すると、毬が割れて中から 種子が飛び出して来る。 その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ枝打ちと間伐

ヒノキ枝打ちと間伐 10月は天候が良かったので、午前中は草刈を主とし、午後はヒノキの 枝打ちをした。 今回処理した林は17年前に植えたヒノキ林である。 数年前に3mまで 枝打ちをしているので、今回は2mの1本梯子を使って、その天板に立って 4mまで枝打ちした。 主として下部の枯れ枝と4mまでの生枝を打った。 4mの板…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スギ、ヒノキの挿木育苗 

スギ、ヒノキの挿木育苗 ヒノキ播種に続いてスギ、ヒノキの挿木育苗を実施した。 スギ、ヒノキとも挿木用穂木は自分の山の若木で、生育、姿形の良い木から 採穂した。 穂木を調整し、発根促進剤(インドール酪酸 40倍液)に18時間浸漬し、 翌日挿し木した。 1、スギの場合 スギは発根が容易なので普通の育苗圃に挿した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキの種を播いた

ヒノキの種を播いた 3月は山林の育苗スタートの時期である。 私は苗木を買うには金がかかりすぎるので、毎年自分で育苗している。 育苗法には(1)播種による方法、 (2)挿木による方法、 (3)取木による方法 があるが(3)取木による方法は昨年、一昨年と実施したがその労力に比べて 成功確率が低く、効率が悪いので今年は(1)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’11年分 携帯用

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’11年分 携帯用 この記事は、データを簡素化し、表を小さくして携帯で読めるようにしたものである。 樹木は、1年経てば大きくなることは分かっているが、 本当に大きくなっているものか、また、一体どれぐらい大きくなるものか? 確認するために自分の山(林分)毎に標準木を決めて、その胸高直径を 毎年12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’11年分

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’11年分 (この記事は、表が大きくて携帯の画面では見難いと思います、悪しからず。 携帯用には別に書きますのでそちらをご覧下さい) 樹木は、1年経てば大きくなることは分かっているが、 本当に大きくなっているものか、また、一体どれぐらい大きくなるものか? 確認するために自分の山(林分)毎に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキの種を採った

ヒノキの種を採った 11月はヒノキの種採りの好適期である。 この2,3年ヒノキの挿木、取木に熱中しているが、やっぱり一度に大量に育苗しようと すれば、種を採って播くことが一番である。 昨年は気候の所為かヒノキの種子がほとんど出来なかった。 今年は夏頃から種子の 付き具合を観ていたが、沢山出来ていた。 所謂、生り年である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ枝打ち

ヒノキ枝打ち 五郎四郎の山のヒノキの枝打ちをした。 この山はヒノキ300本、16年生である。 4年ほど前に3mまで枝打ちしてあるが、最近枯枝が目に付くようになったので、 それと最も手近にある山で作業が楽であったので、ここをターゲットにした。 半日作業で5回作業した。 結果的に約90本に対し4m余まで枝打ちをした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラ、ヒノキ、スギ育苗/今年のまとめ

サクラ、ヒノキ、スギ育苗/今年のまとめ 今年のサクラ、ヒノキ、スギの育苗結果をまとめると 1サクラ(ソメイヨシノ)  取木 処理6本 活きているもの 4本 処理時期 3月  挿木 処理20本 活着 0 処理時期 6月 挿木床(菊鉢) 鹿沼土 遮光ネット あり 総括(サクラ)  資料には6月の挿木は容易、とあったが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ/挿木育苗 結果-3

ヒノキ/挿木育苗 結果-3 ヒノキ/挿木育苗結果-1、2は従来からやってきた方法で特に新しいものではない。 次に紹介する-3は今年初めてTRYしたやり方である。 その初めてのやり方とは 1、植木鉢を使用した 2、用土として鹿沼土を深鉢に一杯入れた 3、6月に挿木した 初めてのやり方であったが9月の時点では極…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ/挿木育苗 結果-2

ヒノキ/挿木育苗 結果-2 さらにヒノキの挿木育苗の結果を報告する。 挿木圃場とその条件 1、場所:小田 挿木時期:3月 挿木床:粘土質赤土    100本                       処理後遮光ネット処理                 小田の山の育苗圃 遮光ネットが張ってある       …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ/挿木育苗 結果-1 

ヒノキ/挿木育苗 結果-1  3月に発根処理をして挿木をしたヒノキの結果を調査した。 場  所 :家の側の野菜畑の一部 挿木床 :鹿沼土(厚さ5cmになるぐらい鹿沼土を敷いた) 処理本数:300本 ここは家のすぐ隣なので私がいる限り朝散水して湿度を保つようにした。 また、雑草が どんどん生えて来るので遮光ネットの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ/取木育苗 結果

ヒノキ/取木育苗 結果 今年3月と4月に実施した取木の結果を調査した。 取木処理は3月に50本、4月に20本した。 今回調査のために回収したところ67本回収できた。 その内生きていた枝が35本、枯れていたものが32本であった。 約50%が生きていたことになる。 ポリのフィルムを取り、水ゴケを開いて発根の有無を調査し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿木育苗 ヒノキ、サクラ

挿木育苗 ヒノキ、サクラ 3月、4月に続いて育苗のために挿木をした。 本やインターネットによると 6月も挿木の好適期となっており、特にサクラはこの季節が良いとの事なので 我家のソメイヨシノから穂木をとって初めてトライした。 3、4月と違うのは今回は植木鉢に鹿沼土を入れて、挿木をしたことである。 以前、母が菊の栽培に使っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ取り木育苗

ヒノキ取り木育苗 挿木育苗に続いて取木育苗の処理をした。  取木の良いところは もし成功すれば一挙に大苗を得られることである。 昨年、初めて取木育苗処理をしたが結果は散々であった。 その理由は 昨年夏の異常高温と乾燥にあると思っている。 今年は何とか成功させたい と考えて再度挑戦した。 取木育苗の処理法 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ挿木育苗

ヒノキ挿木育苗 今シーズン(’10年10月~11年3月まで)の植林が終わると同時に、 来シーズンの苗木作りを開始した。 私がやる育苗法は 1.播種:スギ、ヒノキの種を採って播き苗を作る 2.挿木育苗:スギ、ヒノキの枝を挿木して苗を作る 3.取木育苗:スギ、ヒノキの枝に傷を付けてそこから発根させ苗を作る 4、山引き苗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹木生育記録-1 スギ・ヒノキ ’10年分

樹木生育記録-1 スギ、ヒノキ ’10年分 (この記事は、表が大きくて携帯の画面では見難いと思います、悪しからず。) 樹木は、1年経てば大きくなることは分かっているが、 本当に大きくなっているものか、また、一体どれぐらい大きくなるものか? 確認するために自分の山(林分)毎に標準木を決めて、その胸高直径を 毎年12月に測定し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シーズンイン

シーズンイン 10月15日に今シーズン(’10年10月~’11年3月)最初の植林をした。 植林こそ林業の始まりで山には木を植えて初めて林業が始まる。 そんな訳で植林を開始すると毎年「心ウキウキ」になる 10月15日にスギ苗7本を、16日にヒノキ苗8本を掘り上げ 「姉ヶ平上」の山に植付けた。 どうしてスギとヒノキかと言え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取り木育苗 ヒノキ

取り木育苗 ヒノキ 今年3月に実施したヒノキの取り木育苗についてその結果を報告する。 初めに3月に処理したときの様子。 ヒノキの枝を1cm程度剥皮し、そこへ 水を含ませた水ゴケを巻きつけ、ポリのシートで覆って水が乾かないように して、6ヶ月間KEEPした。                   今年3月に処理した直後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「失望・落胆」の夏-2

「失望・落胆」の夏-2 前報告で根が充分でない稚苗、挿し木苗が高温・乾燥で枯れたことを書いた。 根が充分でないのはそれだけではなく、育苗圃で育てている幼苗もそうであった。 育苗圃では次シーズン(’10年10月~’11年3月)山行きになる苗木だけでなく 次次シーズン(’11年10月~’12年3月)更にその次のシーズンに山行…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more