Saya orang hutan (私は森の人)

アクセスカウンタ

zoom RSS 益田へ帰る 4月

<<   作成日時 : 2017/04/07 09:37   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

益田へ帰る 4月

4月10日から27日までの予定で益田へ帰る

春の農作業シーズンに入ったので畑での作業が多くなる。 
畑では山林苗圃場の管理、野菜の植付け、播種、などが主たる作業になる。
これから8月までは草と闘うのが私の仕事になる。


今月の帰省の予定は次の通り

1.帰る途中に四国の松山(正確には伊予市)に病気の友達を見舞いに行く
(4月10日) 
 高速バスで松山道を走るが、住友林業が管理する別子、石鎚山系の
 ヒノキ山を見る事は楽しみである


2.松山から広島に渡り(船か今治からしまなみ海道を通るかまだ決めていない)
  広島→江津(島根県)に入り、同期会の行事に参加する 
  詳細は別に書く 「三江線に乗る会」 参照
  (4月11〜13日)

3.山林苗管理 
 これから夏にかけての重点作業である
 3月に実施した挿し木床への水遣りが、乾燥期である4、5月の最も重要な仕事になる
 一部残っている苗木の床替え、草取り、施肥も実施する

4.植林済みの高速道路代替地のイバラ(野バラ)、つる草、植付けた苗木の管理
 3月には早くも芽を出していた野バラをグリホサートを使って1本1本故殺する それが
 手間はかかるが、一番確実な方法と考えるからである

5.野菜の播種・定植などの管理 
 夏野菜の播種、定植、草取りなど  
 野菜は春〜夏にかけて帰省した際の大切な食料であり、それを用意する重要な時期である
 また、春から夏にかけての草取りは百姓にとって辛いけれど重要な仕事である
 野菜ではないがひまわり、ひゃくにちそうなどの播種をする

6.森林に施肥 
 特に生育の悪い山林に施肥をする

7.スズメバチ誘殺装置(ハニートラップ)設置 
 春の女王バチを捕殺してスズメバチの密度抑制を図る
 

今月も多忙である

仕事以外の楽しみは
春の山野草、野菜を収穫して食べることである
それらは
1、タラの芽・・・大きくなってとげが手に刺さるほどのものでもてんぷらにすると問題なく
  旨い。 正に山菜の王様である。
2、コシアブラ・・・タラの芽より10日ほど遅れて収穫できる。 これもタラの芽に劣らず
  旨い。
3、エンドウ豆(スナップエンドウ)・・・昨秋播種したエンドウが2、3月にはもう花が咲いていた。
  毎日、腹一杯食えるほどの量が収穫できるはずである。 ご飯に炊きこんで食べる。
4、タケノコ・・4月下旬になると我々でも、イノシシでなくても、頭をのぞかせたタケノコ(孟宗竹)
  が採れるはずである。 山椒と一緒にみそ味で食べるのが最高である。
5.食べ物ではないが、‘09年10月‘13年10月‘15年10月'16年10月に植え付けた、カタクリの球根に
  花が咲くかどうかの調査。 もう咲くころである。

良い気候で農作業が捗る季節である

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
益田へ帰る 4月 Saya orang hutan (私は森の人)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる