高速道路の工事が進んでいる

高速道路の工事が進んでいる


二艘舟の下刈に行く時には何時も高速道路の工事現場を見て通る


橋台の工事、橋脚の工事が急速に進んでいる事を確認した


先ず橋台の工事である

橋台.JPG

帰った当初に現場に寄ったら担当者が「工事はほぼ終わりました、後は埋め戻すだけです」

と云っていた

上の写真はほぼ終わった状態


橋台1.JPG

それから10日後に見に行くともう埋め戻しも終わり、斜面にコモを被せてあった

恐らく斜面の崩壊を防ぐために斜面に草の種を吹き付けてそれが飛ばないように押さえてあるのだろう


一方、谷の底の橋脚の工事も進んでいた

橋脚.JPG

鉄筋が徐々に組上がってコンクリートミキサーが次々コンクリートを運び込んで

高いクレーンの先から流し込んで行く


橋脚1.JPG

二艘舟東の下刈が終わる頃にはかなりコンクリートの打ち込みが終わり水が流れ込むのを

防ぐためのブルーシートの取り外しが行われていた

工事担当者によると谷向こうの橋台も完成したそうで、この後橋桁をグングン組みコンクリートで固めて
行けば割合早く終わるのではないかと思われる

山の下刈をした

山の下刈をした

二艘舟東の山は昨年まではスギ、ササとセイタカアワダチソウだけの山であったが
今年はドッと竹が生えて来た

竹はスギには最も嫌な植物であるから3月には全力で竹の処理をした


前2.JPG
高い位置から見た竹林  この竹の中にスギが植わっている


前5.JPG

少し角度を変えて見たところ


前3.JPG

中にはこんなまばらな竹林もある


これらの竹を鋸で引き切って竹の切り口にグリホサートを処理した

処理.JPG

鋸で竹を切ったところ


処理1.JPG

切り口にグリホサート液を注入した


処理2.JPG

これも同様


処理3.JPG

これも同じである


後.JPG

全部切り倒してグリhサートを処理した


後1.JPG

これも同様


後2.JPG

このように全部切り、薬剤処理した


除草剤グリホサートは葉や幹から入って根を枯らす薬であるから今春のタケノコのシーズンに
タケノコが生えず、従って来年は竹は生えないはずである

大変な作業であったがやり遂げたのでホットしている

定点観測

定点観測

私は樹木の中ではケヤキが一番好きだ
よって、山に10本余りのケヤキを植えてその成長を楽しみにしている

その中の五郎四郎の山際の1本を毎年3又は4月に観測している
以下に今年の観測結果を示す

ケヤキ1.JPG

これは西側から見たところ

ケヤキ2.JPG

これは東から見たところ

ケヤキ.JPG

これは地上1.2mの幹の状態である 直径は11.6cmである


この樹の直径  平成16年3月 9.7cm

        平成19年3月 11.0cm


であるから 19年3月からの3年間で6% 太った事になる


私としては3年間で6%の太りでは満足ではないので毎月1回液体肥料をやっている

樹と云うものはどんな樹でも日当たり、水分、肥料で大きくなるものであり、


ここはその条件を満たしており、その内根や葉を拡げて急激に大きくなるであろうと期待している

益田から帰って来たー3月

益田から帰って来たー3月


4日から18日までの予定で益田へ帰る


まだまだ寒い日があると思うが、このシーズンにしておかなければならない

仕事が多いので、頑張って片付けたい


予定通り4日~18日まで帰っていた


3月の予定



1、山の下刈、植林 

 二艘舟東

 ここを3月中に処理する、欠株があれば補植をする


予定通り下刈を実施した



 2、苗木育成 

 苗畑の苗木を床蛾えする 
    来シーズン(今年の11月から)山行きとなる苗を床替えする  

 これをすることにより苗の徒長を防ぎ、細根の発生を促す


少しばかり実施した


3、山林に施肥

 土壌の痩せている山林に自家製の液肥を運び施肥する


予定通り実施した


4、野菜畑の準備

 4月には野菜の播種、苗の定植が本格化するので前作の整理をし

 畑を耕起、除草、施肥して準備する 


 サトイモ、バレイショ、トウモロコシの植付け、野菜ではないがヒャクニチソウ、

 ヒマワリ、グラジオラスなどの花の種、球根を植付ける


バレイショの植付けはしたが他は寒さが酷く実施しなかった


5、海から砂を運んで野菜畑の土壌改良をする

 雨や雪の日には、山林作業ができないので海から砂を運んで野菜畑の

 土壌改良に供する


1回だけ運んだ


気温によっては、数年前に植えたカタクリの球根が発芽、開花するのでは

ないかと楽しみにしている また、タラの芽の早い物は収穫しててんぷらにして食べられるかも知れない


寒さは十分な服装と履物で乗り切るので良いが、風と雨が連続して吹き、降らない事を祈りたい


カタクリ、タラの芽ともまだ動いてはいなかった


山の畑に季節の花が咲いていた

ヤナギ.JPG

これはネコヤナギである

柔らかな花はまさしくネコの毛に見える


ミツマタ1.JPG

これはミツマタである 

ミツマタの花は上から見ると何の変哲もない白色であるが下から見ると豪華な黄金色である

早春賦

早春賦

この季節は私の大好きな歌曲「早春賦」にぴったりの事象があったので紹介する


早春賦    作詞 吉丸一昌 作曲 中田 章


春は名のみの風の寒さや谷の鶯歌は思えど

時にあらずと声も立てず

時にあらずと声も立てず


氷解け去り蘆は角ぐむ

さては時ぞと思うあやにく

今日もきのうも雪の空

今日もきのうも雪の空


春と聞かねば知らでありしを

聞けば急かるる胸の思いを

いかにせよとのこの頃か

いかにせとのこの頃か


ウメの花が咲いていた
 画像ー1


家の側のウメ(南高梅)はまだ十分には咲いていない
 画像ー2


キンカンが良く熟れていた
 画像ー3


収穫したキンカンを砂糖で煮付けて保存しておいた
画像ー4


私の好きな黄色スイセンが咲いていた
 画像ー5、-

6

 家の近所には白色のスイセンは沢山あるが黄色品種は少ない


ウメ.JPG





<strong>益田から帰って来たー2月</strong>

益田から帰って来たー2月


2月6日~20日の予定で益田へ帰る


立春が過ぎたとは云え、まだまだ寒い日が続くと思われるので健康に留意して


元気で働くつもりである


今月は前半は天気も安定していて順調であった
中ごろから雨が降り、後半は激しい風、雨で仕事にはならなかった

今月の主要な仕事は次のようなことである



1、二艘舟東の下刈とスギの補植


 ここはこの冬の手入れが一度も出来ていないので2月中に下刈、補植を済ませたい


 下刈の対象が1月に済ませた姉ヶ平下の雑草とササとは異なり、竹(マダケ又はハチク)と


 雑草になりかなり手強い事が予想される


雨が降らない日に連続的に通って竹を伐り切り口に農薬のグリホサートを根まで刈れるように

処理した


2、野菜の手入れと収穫


 ニンニク、タマネギ、ソラマメ、エンドウの草取り、施肥をし、シイタケの収穫をする


 出来る所は馬鈴薯の植付けをし、ヒャクニチソウ、ヒマワリの播種をする


ニンニク、タマネギ、エンドウ、ソラマメは出来たが馬鈴薯、ヒャクニチソウ、ヒマワリは

気温が低すぎるので植付け、播種はしなかった、


3、姉ヶ平のスギの生育が悪い場所に施肥をする


施肥は予定通りした

4、天気ガ悪く、山仕事が出来ない日には海から砂を運んで野菜畑の土壌改良に供する


海から砂を運ぶ事は出来なかった

今年は暖冬で、奥の山(寒作り下)には行けないと思う


理由はクマが冬眠していなくて恐ろしいからである


奥の山には行けなかった

以上の仕事の他に


 集落のOB会の打合せ、中学校同期会の打ち合せを実施する


先月に報告した集落のOBの懇親会は主になるべき地元の人の健康問題で中止になった

中学校の同期会の旅行の打ち合わせ会をしたがコロナウイルスの危険性で今年はしないと云う事になった


日数的に少ないので忙しい帰省になりそうである




益田へ帰るー2月


益田へ帰るー2月



2月6日~20日の予定で益田へ帰る


立春が過ぎたとは云え、まだまだ寒い日が続くと思われるので健康に留意して


元気で働くつもりである



今月の主要な仕事は次のようなことである



1、二艘舟東の下刈とスギの補植


 ここはこの冬の手入れが一度も出来ていないので2月中に下刈、補植を済ませたい


 下刈の対象が1月に済ませた姉ヶ平下の雑草とササとは異なり、竹(マダケ又はハチク)と


 雑草になりかなり手強い事が予想される



2、野菜の手入れと収穫


 ニンニク、タマネギ、ソラマメ、エンドウの草取り、施肥をし、シイタケの収穫をする


 出来る所は馬鈴薯の植付けをし、ヒャクニチソウ、ヒマワリの播種をする



3、姉ヶ平のスギの生育が悪い場所に施肥をする



4、天気ガ悪く、山仕事が出来ない日には海から砂を運んで野菜畑の土壌改良に供する



今年は暖冬で、奥の山(寒作り下)には行けないと思う


理由はクマが冬眠していなくて恐ろしいからである



以上の仕事の他に


 集落のOB会の打合せ、中学校同期会の打ち合せを実施する



日数的に少ないので忙しい帰省になりそうである