高速道路の建設が進んでいる-9

高速道路の建設が進んでいる-9 2月も高速道路の工事の進捗を見た と云ってもわざわざ見に行った訳ではない 私が仕事をする2艘舟東、西は同じ谷の中にあり、仕事をしに行けば自然と見える訳である この谷に建設されている橋桁3本の内既に2本は完成しており残りの1本が建設されている 上記は建設中の桁の下部である   日曜日には休日で作業員が誰もいないので傍まで行って、観察した 既に地下10m位はコンクリートを打ち込んで仕事はすんでいる 今は地上部10m位にコンクリート が打ち込まれている 地上30m位までも鉄筋が組まれて、コンクリートの打ち込みが始まろうとしている 上の桁の上部である  コンクリートの打ち込み待ちの状態であった これは上記桁の遥か南側の山の上である  益田側に抜けるために山を崩している ある日私が山仕事をしているとサイレンがウー、ウーと鳴るので何事かと思ったらドドーンと鳴ったので 発破だと分かった 次に同じく日曜日に工事が休みで誰もいないので北側(浜田側)のトンネル300m余を抜けて北側を覗いてみた ここにはトンネルを抜けたところに木造の仮橋が架けられていてその先は北[鎌手のインターチェンジ)の方に伸びていた その橋から大浜港を見たところだである  遥か下に港が見えて絶景である 今は高速道路は我家の土地を通ってはいないので私には関係はないが大型機械を使って「地図に残るような仕事」をする 土木工…

続きを読む

スギ山の下刈をした

スギ山の下刈をした 二艘舟西の下刈をした ここはスギを植えてから4年目である 下草としてはトゲの多いノバラとササやぶである 二艘舟西の南側は乾燥地でスギの生育は悪い 写真の中をよく見ると黄色がかったスギの苗が見える スギは約80cm程度である ここも上の写真と同様である ここにはスギは見えない ササとノバラが繁茂して衣服に絡まって困難を極めた さらに西へ行くとそこは水路に近くスギの成長は極めて良好である 樹高約5m程度はある 上の写真のスギの上部 もうこうなればササに負ける事はないので安心である ここにはその他に10本のスギ苗を植えた ここ二艘舟西には竹はないがノバラがおおいのが気になる 全体の10パーセント程度しか下刈出来なかったので3月にもやる積りである

続きを読む

益田から帰って来た-2月

益田から帰って来た-2月 2月は9日~24日まで帰っていた その前半は寒く、中頃から暖かく、後半はまた寒いと云うように寒暖の変化の 激しい月であった 2月の仕事の計画と実施状況 1.スギ植林地の下刈  2月は二艘舟西を刈った  刈払い機を持ち込んでササ、ノイバラなどを刈り一部スギを補植した 刈払いは広い面積の  極一部ではあったが満足いく結果であった  本件は写真を撮ったので別に報告する 2.野菜畑の管理  ニンニク、タマネギ、タカナ、ハクサイ、エンドウ、ソラマメなどへ施肥し、  一部は収穫して食べた  春の雑草がドッと出て来たが除草はしていない 3.果樹の剪定  出来なかった 4.スギ山の生育が悪い部分に施肥  出来た 5.海から砂を運んで野菜畑の土壌改良  1回だけ運んだ  雨、雪、風(波が高い)などのため多くは出来なかった 近年では珍しいほど雪が降ったので写真に撮った家の前から益田方面を見たところ 家の前から浜田方面を見たところ 国道9号の東から大谷方面を見たところ 時には100m先が見えないほど激しく降った事もあった

続きを読む

益田へ帰る-2月

益田へ帰る-2月 2月9日~24日までの予定で帰る 気候が暖かくなり日も長くなったので仕事は捗ると思う 2月の仕事の予定 1.二艘舟西のスギの下刈  二艘舟東はほぼ終了したので西に移る  ここは東と違って竹はないのでササ、イバラを処理する スギもかなり大きくなっているので  刈払い機を持ち込んで作業する 2.野菜畑の管理  タマネギ、ニンニク、エンドウ、ソラマメの除草、施肥をする 3.果樹の剪定  ウメ、スモモの剪定をする カキは昨年の収穫時にかなり切っておいたので  必要はないと思われる 3.姉ヶ平のスギ植林地に施肥をする  ここは土壌が赤土で乾燥地なので生育が悪い  ここに自家製の肥料を持って行って施肥をする 4.海から砂運びをして野菜畑の土壌改良をする  山仕事が出来ない日には海から砂運びをする 私も老年で体力は落ちて来たので根をつめて働く事は出来ない    よって2日働いては 1日は休むことにして無理のない仕事をする

続きを読む

益田から)帰って来たー1月

益田から帰って来たー1月 予定通り18日~28日まで帰っていた 気温は低く、前半は天気は良かった、しかし後半は雨だった 寒さは衣服で調節が可能であったが雨の日は何も仕事は出来なかった 益田での仕事の予定とその結果 1.山林(二艘舟東)の下刈と補植  下刈は出来たが補植は出来なかった     下刈は主として竹を伐りその切り口に除草剤(グリホサート)を注入した  また竹に交じって生えて来た潅木も同様に処理した  竹や潅木を1本毎に伐ってそこにグリホサートを処理する事は手まで非能率と  思われるが私の経験では確実に根まで枯れるBESTな方法である 2.山林に施肥  生育の悪い山林に施肥をした 赤土でスギの生育が悪い土地に液体肥料を施用した 3.野菜畑の管理  タマネギ、ニンニク、エンドウ、ソラマメなどに施肥をした 4.果樹の剪定、施肥  今月は出来なかった その他 天気の良くない日には海から砂を運んで野菜畑の土壌改良に供した 以上の通り、ほぼ予定通り仕事は出来たので満足している 今月はカメラの具合が悪く高速道路の工事や山林の下刈の模様などを 写真で報告できない事は残念である また、毎年1度は作業道の草刈りに行く奥の山(寒作り下)に今年はクマの出没が予想されるので行けなかったのは残念である

続きを読む

益田へ帰る-1月

益田へ帰る-1月 1月18日から28日まで帰る 今月は寒さ、雨、雪、風の4重苦が予想されるが、身支度して 山林作業をする  寒さは山林作業には大きな 支障ではなく、充分に身支度すればむしろ息が上がらないだけ 作業は捗るはずである。 益田市での作業予定 1月 1・.山林の下刈と補植 12月に引続いて二艘舟東を主体にする スギの補植も実施する 2・山林に施肥  山林の生育不良地に自前の液肥を施用する 3・野菜畑の管理   タマネギ、ニンニク、ソラマメ、スナップエンドウなどの草取り施肥をする 4・果樹剪定・施肥  出来るものから果樹の剪定、及び寒肥を施用する 5・海から畑に砂運びをして畑の土壌改良をする  山仕事に適さない雨、雪、風の日には、浜から砂を運んで畑の土壌改良に供する 最重要作業は 二艘舟東の下刈りと補植であり、その遂行のためには他の作業は止めることもあり得る 寒さ、雪が厳しい時期であり服装、履物などに充分な注意をする 雨、雪、強風がないことを祈りたい 特に雨と風は山林仕事の大敵である。

続きを読む

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます 2021年 元旦 益田市木部町大谷から望む須佐の高山(こうやま) その美しいフォルムから石見富士と云われている 私(orang  hutan)は今年79歳になります よる年齢のため 体力、気力の衰えを感じています 今後、何年益田へ帰省して山林の 世話ができるものか疑問に思っています しかし、倒れるまでは頑張りますので 今後も、ご支援、ご声援をお願いいたします

続きを読む