ひのき、すぎ苗木の定植

ひのき、すぎ苗木の定植

10月は前にも書いたように前半は高温乾燥、後半は適当な降水があったので
後半に苗木の植付けをした。

今年、自分で育てた苗木(山行き、即ち山へ定植できる大きさの苗木)は
 スギ : 約140本
 ヒノキ: 約80本
合計220本である。 

これらを来年3月迄に山に定植し、その後の育苗圃に来年用の苗木を
植えて次の育苗を始める必要がある。
 
その為には
①今の育苗圃を早く空けて肥料、石灰などを入れて打ち起こし、寒気に曝しておきたい。  
②また、年内に定植した苗と来年3月に定植した苗では年内に定植した方が
 来年の生育が良いことは勿論である。

そんな訳で、少し急いで植えられる物は植付けたい。

今年の育苗では7,8月が高温乾燥で生育が止まってしまった。 よって、7、8月に
肥料を遣って大きくしようとしたのが逆に出て、秋口の雨でその肥料がドッと効いて
苗木の一部、特にスギは徒長してしまった。

10月は主に徒長した苗木を約60本ほど「姉ヶ平下」の山に植付けた。

画像

           大きくなりすぎたスギ苗 地上部が105cmもある
          (画面が暗いが画面上でクリックすると拡大して見ることができる)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック