モモを収穫した

モモを収穫した

今年は久しぶりにモモを収穫できて嬉しくて報告する。

最近、2~3年果樹の収穫は極めて不調であった。 

原因は
1、鳥害 2、動物害 3、病害である。

1、鳥害:
  近年、カラス、ヒヨドリ又はムクドリの食害が激しくてナシ、モモ、ブドウ、イチジク
  がほとんど全滅していた。
2、動物害:
  自分で見たわけではないがアライグマではないかと思われる。 ネコの
  ような動物がいもを掘っているのを見たと言う人はかなりいる。 昨年まで近隣で
  もとうもろこし、さつまいもやカキが被害を受けている。木に登って果物を取ると云うの
  はアライグマぐらいしかいないと思う。
3、病害:
  ここ数年、モモは縮葉病、ナシは赤星病の激発で苦しんでいる。
  縮葉病は、予防剤の石灰硫黄合剤を春先に散布しているがこれが一向に
  効かない。 
  赤星病は、今年初めてヘキサコナゾール FL を農協から購入して散布したところ
  これがびっくりするように良く効いた。

そんな訳で近年果物は全滅であったものが、今年はモモが予想以上に収穫できて
大満足である。 プロの農家に見せれば、病害痕、虫害などもあり、笑われるような
品質であろうが、私にすれば上出来である。

私のモモは「黄金桃」という黄肉、粘質で極めて甘い果肉である。 今年の天候の
所為で熟れるのが通常より1週間遅れて、私が大阪へ帰る8月18日には全部は
熟れなくて、約半数の30個ほど収穫した。

果肉が黄色い品種であるから、大阪で皮を剥いてスライスしたモモを見て孫が
「アッ、マンゴーだ」と云ってのが印象的であった。


画像

                   病害、虫害を受けているが30個ほど収穫した
                   残りの約30個は未熟のため近所の人に収穫を任せた

今年の果物
1、ウメ:例年の1/3しか収穫できず。 それも気候の所為で1週間遅れた。
2、スモモ:今年は大豊作であった。 しかし、収穫は1週間遅れたので私自身は1/4しか
  収穫できず、収穫を頼んだ友人は大喜びしていた。
3、ブドウ:今のところ良く出来ている。 9月10日頃が収穫期
4、イチジク:例年並。9~10月が収穫期。
5、リンゴ:今年はダメ。 小さなのが2個ぶら下っている。
6、カキ:久しぶりに良いでき(今のところは)。富有は通常の出来、ツルボソ(渋柿)は鈴なりに
  生っていおる。昨年は9月になってから動物害を受けて全滅したので安心は出来ない。
  収穫は10月末から11月初め
7、柑橘:小夏、温州、夏みかんは順調。 今年初めてデコポンが生っている。
8、キウイフルーツ:例年並み。 100個余りは収穫できそう。
9、ナシ:上に書いたように3年ほど赤星病にやられてすっかり弱り、1個も生らなかった。

今年は理由はわからないが、今のところ鳥害がない、動物害がないのでこのまま行けばよい秋になろう。

上記果樹は、ブドウ(デラウエア)とキウイは苗木を買って植えたが、他は全部自分で台木を育て、
穂木を求めて自分で接いだものである。

素人農家もなかなか面白い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック