ユリ類の採種と播種

ユリ類の採種と播種

前から計画していたように11月にはユリ類の採種と播種を行った。
と云っても今回成功したのはササユリだけであるが、その様子を報告する。

1、ササユリ
6月に咲いたあと、草刈時に刈取らないように残して来た。
それが11月に良い具合に熟れていた。
画像

                 熟れた莢

画像

                莢の中から種子がドッと出て来た

画像

                これも同じ

画像

                この莢も良く熟れている

画像

                予想通り種子も充満している

2、オニユリ
我家の庭に咲くオニユリは9月に木子が沢山出来たので、採取してすぐ播種した。
画像

             これは9月に採取したオニユリの木子

3、タカサゴユリ
国道の法面に今年も沢山のタカサゴユリが咲いたので、その莢を集めて来た。
ところが莢を開いてみると中身は何もない。 もう、風で飛散ってしまっていた。

今年は手遅れであった。
画像

             タカサゴユリの莢を沢山採取してきた

画像

              ところが中身はない

画像

            よく調べて見ても中身は全部空っぽである

そういう訳で11月に成功したのはササユリだけであった。
これを私が勝手に設定した市道沿いの「ササユリ保護区」の法面に植付けた。

9月に採取、播種したオニユリの木子と2種類であるが何とか成功してほしいもの
である。 

せめて私が生きている間に咲いてほしいと願っている。
画像

             オニユリ、ササユリの種子を自分で勝手に作った
              ササユリ保護区の法面に植込んだ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック