今年の山林苗木生育の状況

今年の山林苗木生育の状況

3月の彼岸に播種、挿し木したスギ、ヒノキのその後を報告する。

先ず、播種である。

スギ、ヒノキとも期待通り発芽し、生育中である。
但し、雑草も多く発生して、苗が見えないほどであったので除草して、
液体肥料を薄めて施用し、遮光ネットをかけておいた。
画像

                 これはヒノキの苗である

画像

                 同じくヒノキの苗である

画像

                 これはスギの苗

画像
                 
                  同じくスギの苗

播種の方はスギ、ヒノキとも、今のところ成功である。
梅雨の雨を待って、遮光ネットを取り去るかどうか決めたい。

挿し木の方はスギだけである

1、大型菊鉢への挿し木・・・・・・・100本
2、地面に鹿沼土を敷いて挿し木・・140本
の2ヶ所である。

画像
             
                 大型菊鉢への挿し木

雑草も大したことはなくて、3本ほど枯れているが、先ず成功である。

画像

                地面に鹿沼土を敷いて挿し木

こちらはかなり枯れていた。 約40%程度であろう。 遮光ネットはかけているが
最も乾燥する5月初めに、私がいなくて水遣りをしていないので無理もない。

また、雑草が大繁茂していたが、恐れをなして強害草のヤブカラシのみを除草して
遮光ネットをかけておいた。 秋に床替えをする時全部掘り起こして草と選別すれば
良い、と判断した。






















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック