益田から帰って来た-12月

益田から帰って来た-12月

12月は10~26日の予定で益田へ帰る

予定通り26日まで益田で仕事をした

寒い季節であるが、雨や雪が降らなければ寒さは仕事に関係なく、むしろ、疲れない、
クマや虫の心配がない、などで好都合なぐらいである 

今月は寒暖差が激しく、雨、雪も降り十分な仕事は出来なかった

益田市での仕事の予定 12月
1・高速道路代替地に植林する
 12月は取敢えず100本のスギを定植する

詳細は別稿で報告するが、スギ苗が予定通り用意できなかったので、
50本だけ植林した


2・樹木生育調査
 毎年実施している年1回の樹木の生育調査を実施する 
 6ヶ所の林分で5本/林分、家族、親類の記念樹、私が好きで植え付けた
 広葉樹など合計 90本程度の生育状況を調査する

予定通り調査した 詳しくは稿を改めて報告する

3・K家の土地に植林する
 K家(私の家内の実家)の土地に植林をする
 昨年はセイタカアワダチソウによるアロレパシーで沢山枯れたが、今年は除草剤(グリホサート)
 処理により枯死苗は100本に止まった  その100本を補植する

昨年のグリホサートが極めて有効で、枯死した苗が少なく、115本のみ補植した
 
4・山林の下刈り、地拵え及び植林、  
 昨年、一昨年植林した我家の山林の下刈り、補植、新植地の地拵えをして
 植林をする   今年の植林目標はスギで50本である

天候不順で予定通りには出来なかった

5・育苗圃、森林に施肥
 これは、生育の悪い場所、樹木に対し米糠、油粕を混合して作った自家製の
 液肥を運んで施肥をする

少しだけ実施した

6・海から砂運び
 山仕事ができない雨、雪の日は、海から砂運びをして野菜畑の土壌改良をする 

1回だけ運んだ

7・果樹の剪定と施肥
 これから3月にかけて果樹の剪定をする いっぺんに全部する必要はなく、
 春までに実施する 同時に寒肥を施用する

少しだけ施肥をした
 
重点は上記の1~3であり、それを果たすためには4~7は一部又は全部犠牲に
する事もあり得る 

気温が低く、寒くてもよいが雨、雪が降らなくて風が吹かない事を切望している
(風があると、奥山に行く時クマ除けの笛、鈴、ラジオや竹ドラムが広く鳴り響かないこと
また、枯死した樹木が倒れかかる恐れがある)

奥の山へ行った際は、クマの痕跡があったが、先月購入したラジオが有効に働いて
心強かった


暖かい服装としっかりした履物を履いて仕事をする事が大切である

12月11日は我家の近所(益田~浜田)で駅伝(しおかぜ駅伝)が実施された
我家の近くは3区から4区への中継点で、選手、大会関係者、応援者など沢山集まった

日頃、人口の少ない地区であるが、驚くほどの人間が集まった
チームは隠岐の島、安来、松江、出雲などオール島根チームが参加して争われた

正月にテレビで見る大学駅伝の箱根登山ほどではないが、我家の辺りも登り、降り、ヘアピンカーブ
が多く選手には辛い駅伝と思われる


画像

中継点 選手、関係者、応援者が集まっている

画像

同じく

画像

益田方面から選手が走って来た

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック