ハニートラップの調査

ハニートラップの調査

4月末にセットしたスズメバチに対するハニートラップを回収し、調査した

結果は次の通り
画像

1、 二艘舟西:西のヤツデの樹にセットしておいたトラップは地面に落ちて空っぽであった
    実は、このトラップは5月に見た時にも地面に落ちていたので、また誘因液を調整して、同じ
 樹に掛けておいたのであるが、今回も同じ結果であった  
 何か知らない動物がいて取って落とし、中の液を舐めたのかもしれない


2、二艘舟西:東端のコナラに掛けておいたもの  スズメバチ捕獲 0匹

3、二艘舟:奥 地面に落下していた  スズメバチ捕獲 0匹

4、二艘舟入口 スズメバチ捕獲 0匹

画像

5、姉ヶ平下;下 スズメバチ捕獲2.5~3cm 4匹
6、姉ヶ平下:上 スズメバチ捕獲 0

画像

7、姉ヶ平:入口 捕獲スズメバチ 9 匹 (4~4.5cm) 全部大型のハチであった
8、姉ヶ平:奥 捕獲スズメバチ 0 (誘引剤液が蒸発してしまっていた)
9、小田:下  捕獲スズメバチ 0

画像

10、小田:上 捕獲スズメバチ 7匹 (2.5~3cm)、1匹(1.5cm)

画像

11、五郎四郎:東 捕獲スズメバチ 1匹(3cm)
12、五郎四郎:西 捕獲スズメバチ 0.

今年は捕獲数が少なかった また2本は捕獲器が地面に落ちていた、このような事は
今までなかった事で、今年は異常であった 何か正体の知れない、例えばハクビシン、アライグマなどが
いるのかもしれない

全体の捕獲数は少なかったが、これらは全部女王バチと考えられ、その数ほどのコロニーを
全滅させた事になる その効果は十分あるものと考える

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック